モツの下処理!モツの臭みを取る方法とは?保存方法とは?下処理で更にカロリーオフに!

近くの食堂のモツ煮込みがとても美味しくて
何度か通っているうちに、

自分でも、モツ煮込みを作ってみたくて
スーパーで白モツを購入して作ってみたところ…

部屋中、モツの独特の臭いにやられ、
あえなく撃沈してしまいました。

でも、そんな失敗も乗り越え、
食堂の店主から、
家庭でも簡単にできる
モツの下処理の方法を聞いたのでまとめてみました。

スポンサードリンク

そもそも白モツとは!?

「もつ」とは、臓物(ぞうもつ)の略です。

白モツとは豚の大腸や小腸のことで、
スーパーで売っているのはそれを茹でたものです。

牛の腸も「白モツ」と呼ばれたりしますが、
基本的に「白モツ」というと豚の腸のことをいいます。

白モツの下処理方法

スーパーに売っている白モツは、
安いお値段で売っていているので魅力的ですが、
モツ料理は臭いがダメ!という理由で
調理を諦めている方も多いかもしれません。

スーパーで売っている白モツは、
下処理をきちんとすれば、
独特の嫌な臭いを消して美味しく調理することができます。

白モツは、使いこなせば、
美味しくて安くて栄養も豊富、
節約の強い味方なのです。

茹でこぼし

白モツの一番の難題は、
やはり調理の際の臭いです。

レシピ本などでも、
白モツの臭みを取る基本的なことが載っています。

長ネギの青い部分、お酒、生姜で30分ほど煮たら、
ザルに中身をあけてその煮汁を全て捨てましょう。
これを何回か繰り返します。

このように、茹でこぼしの行程が基本となります。

茹でこぼしをしている間、
キッチンや家の中は、
モツの独特の臭いで充満します。

この臭いで、モツ料理を諦める方もいますから
臭いに敏感な方は辛い作業かもしれません。

食堂のモツの下処理も、
この作業は丁寧にするようです。

鍋にたっぷりの水を入れ、
火にかけて沸騰したらモツを入れます。

15分ほど茹でたらお湯を捨てて、モツを水洗します。

もう一度水から茹でます。

二度目ゆで時間は、
40分~1時間くらい茹でます。

このくらい下茹でに時間をかけると、
柔らかくて味が染みこみ易い堅さになります。

最初は強火で、沸騰したら弱火にして、
吹きこぼれないようにして茹でます。

この時、差し水はしないようにします。

それでも臭みが気になる人は

面倒な作業ですが、
茹でこぼした白モツを1つずつ洗います

このとき、ヒダの内側に白いものが付いていますが
これは脂肪です。

脂肪は臭いの原因の一つですから、
丁寧に取れれば臭みがなくなります。

このとき、小麦粉を付けて洗うと効果アップです。

ボールに水を入れ、
その中でモツのヒダの内側を洗います。

脂肪は、水に付けると固まりますので
水につけたほうが、作業がしやしです。

スポンサードリンク

下処理で更にカロリーオフに!

モツの下処理の際に、
モツに付いた脂肪分を丁寧に落とせば
モツのカロリーを落とすことができます。

白モツのカロリー100gあたり177kcalです。

豚のロースの赤みの部分が150kcal、
脂身付きの部分が263kcalですから、
豚の中ではヘルシーな部位ということになります

下処理の段階で、脂肪を落とせば、
更にヘルシーなモツ料理を作ることができます。

モツの保存方法

モツの下処理は、
茹でこぼしてから水洗いで
丁寧に脂肪分を取り除けばよいことがわかりましたが、
いくらモツ料理が好きでも、
毎回下処理をするのは大変です。

そんな時は、
下処理をしたモツを冷凍保存しておきます。

下処理をしたモツをキッチンペーパーで水分をとり、
フリーザーパックに入れて保存します。

スーパーで買ったままで冷凍保存すると、
臭みが取れにくくなるので、
下処理をしてから冷凍保存します。

冷凍保存で1カ月以内くらいを目安に使えば大丈夫です。

まとめ

ここでは、
スーパーで売られている
白モツの下処理方法についてまとめましたが、
しっかりと下処理をしたモツは、
旨味と食感が楽しめますので、
是非、試してみてください。

スポンサードリンク