Tシャツの臭いを簡単にとる消臭方法!黄ばみも解消シーズンオフのTシャツのしまい方とは?

オールシーズン、活躍の多いTシャツ!
お気に入りのTシャツなのに
洗濯を繰り返し着ているうちに
嫌な臭いがすることはありませんか?

きちんと洗濯をしているのに…
どうして嫌な臭いがとれないんでしょう?

特に、夏は、お洒落な白いTシャツを着て
さわやかに過ごしたいですから、
臭いのするTシャツは絶対イヤですよね。

今回は、
Tシャツの臭いを簡単にとる方法と
夏の定番、白いTシャツを出来るだけ長い期間
キレイに白く保つ洗い方、
しまい方など、お手入れの仕方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

Tシャツの臭いを簡単にとる消臭方法

何度洗濯しても、Tシャツからいやなニオイが取れない原因は、
「細菌」です。

一度付いてしまった細菌は、
通常の洗濯ではなかなか落とすことができません。

細菌は少しでも残っていると、
また繁殖をするので、
きちんと洗濯をしていても
細菌が付着したままのTシャツは
嫌な臭いがしてしまうのです。

しかし、この細菌も熱湯の温度には弱く、
熱によって細菌が取り除かれ、
臭いを取ることができるのです。

準備するもの

・Tシャツ

・熱湯

・洗面器

・あれば、重曹、漂白剤

臭いの取り方

① 洗面器にお湯を入れる(きれいな洗面器に沸かしたお湯を入れます)

② 洗濯したTシャツを、熱湯の入った洗面器にひたします

③ 30分ほど漬けこんでから洗濯機で洗う(漬け込むときに重曹を2、3杯入れたり、漂白剤を入れると消臭効果もアップ)

T

熱で細菌が死滅するので、
きれいに臭いがとれます。

臭いを取る際の注意点

・Tシャツを1枚洗う場合は洗面器を使用するが、枚数が多い場合は、バケツやタライなどTシャツが十分に浸かるくらいの大きさの容器が必要です

・50℃くらいのお湯ではなく、熱湯を使う方がすっきり消臭できる

色物のTシャツは、色が落ちる可能性あるので注意が必要です

・色落ちを考えて、1枚ずつするほうが無難です

臭いがどうしてもとれない、
あきらめて捨てようか迷っているTシャツがあれば、
ぜひ試してみてください!

スポンサードリンク

黄ばみも解消シーズンオフのTシャツのしまい方とは?

お洒落な白いTシャツは、
さわやかで清潔そうに見える反面、
汚れやすかったり、汗染みができたり、
キレイさを保つのがなかなか難しいです。

Tシャツは、着た後早めに洗濯するのがコツです。
そして、正しい洗濯が必要です。

Tシャツのお手入れの仕方

内から分泌されて老廃物がTシャツに吸着し、
洗濯のときに残った汚れが
時間とともに経過して酸化させ黄ばみを発生させます

ですから、脱いだら、早目にお洗濯をすることをオススメします。

① 洗濯はお湯を使ってする

② すすぎをしっかりする(洗剤が残っていると、アルカリ焼けで黄ばむことがある)

③ 酸素系の漂白剤を使う

④ すすぎのときに酢を入れる(漂白剤を中和し洗剤分を除去するのに効果的)

⑤ 干すときは、直射日光を避けて、日陰で干す

⑥ ハンガーにきちんとかけて、型崩れを防ぎます

⑦ シーズンオフでしまう際は、洗濯後もう1度水だけで洗濯をしなおす(汚れや洗剤分をしっかり洗い流すことで黄ばみの原因をつくらない)

⑧ シーズンオフの最後の洗濯は、柔軟剤を使わない

汗をかいたTシャツの臭いを防ぐには

汗でびっしょりになったTシャツを洗濯する際に
臭いが取れるか心配になることはありませんか?

汗で汚れたTシャツは、
そのまましておいたり、
長時間、ビニール袋に入れておいてはいけません

菌が原因でイヤな臭いが発生します。

臭いを抑えるためには、
菌の増殖に必要な水分、
つまり汗の水分を出来るだけ減らすことがポイントです。

Tシャツの臭いを防ぐためには
帰宅後、できるだけ早く洗濯するか、
すぐに洗濯できない場合は、
汗で濡れたTシャツを干すか、
軽く水洗いした後に乾かすと
Tシャツの嫌な臭いを防ぐ事が出来ます

最後に

Tシャツの消臭方法

・Tシャツは熱湯につけてから洗濯(色落ちに注意)

・すすぎは念入りに

Tシャツの臭いを防ぐには

・できるだけ早く洗濯すること

・汗をかいたら乾かす

Tシャツをしまう時

・洗濯後、もう一度水洗いをする

・柔軟剤は使わない

スポンサードリンク