お中元を手渡しする場合のマナーは?どんな言葉を添えて渡すの?訪問時のマナーは?

お中元

お中元と言えば、
直接、先方に伺って手渡しするのが当たり前とされていました。

近年はお中元を宅配便で贈るというケースも増えています。

しかしながら、特にお世話になっている方には
配達してもらうより、
直接、手渡しする方が日頃の感謝の気持ちが伝わることでしょう。

お中元は、
本来は持参してご挨拶とともに手渡しするというのが正式な作法です

では、手渡しをしたい場合にはどのようにすればよいのでしょうか。

今回は、お中元を手渡しする際のマナーについてまとめています。

スポンサードリンク

お中元を手渡しする場合のマナーは?

お中元を渡す際の基本マナー

まず訪問してお中元を手渡しするには、
室内に通された後、
挨拶を済ませてからお渡しするのが基本です。

贈り物は風呂敷に包んで持参するのが正式なマナーです。

デパートでお中元の品を購入した際の
綺麗な紙袋で代用してもかまいません。

先方にお渡しする際は、
必ず風呂敷であれば風呂敷を外し、
紙袋に入っていれば紙袋から取り出して
品物だけお渡しするのが作法です。

お中元の品を、包んだまま渡してはいけません。

風呂敷、または紙袋から出した贈り物は、
一度自分に向け、確認した上で、
包みをたたんでから品物の正面を先方に向けた形で渡します。

お中元の品物の包み方

お中元を風呂敷で包む方法ですが、
風呂敷には贈る品物の形状やシーンによって、
それぞれに適した包み方の種類があります。

お中元を持参する場合におすすめなのが「平包み」という包み方です。

これは風呂敷を結ばずに包む方法で、
シンプルかつ手間がかかりません。

お中元を渡す際も、
スムーズに風呂敷から取り出せます。

平包みは最も格式高い包み方であり、
あらたまった席にも適しています。

風呂敷も紙袋もお中元の品を包装するものではなく、
汚れから中身を保護して持ち運ぶものです。

さしあげてくるものではありません。

スポンサードリンク

渡す際にどんな言葉を添えるの?

お中元を渡す際は、
お世話になっている旨と
感謝の気持ちを素直に伝えるのがいちばんです。

・「日頃、いろいろとお世話になっています。心ばかりのものですがお届けに上がりました」

・「いろいろとお世話になっています。お好みに合うと思いこちらを選びました」

・「形ばかりですが、お礼の気持ちです。」

などの、言葉を添えるといいでしょう。

日持ちのしないものの場合は、
「お早めにお召し上がりください」
つけ加えるのも忘れないようにしてください。

訪問時のマナーは?

まず大切なのは、
直接いきなり先方宅に行かない事です。

事前に連絡をして訪問の目的を告げたうえで、
約束を取り付けておくのが良識的です。

食事時などを避けることは当たり前ですが、
先方に失礼がないように
あらかじめお伺いする日を
遅くとも一週間前までに
先方と電話などで打ち合わせたうえで、
当日もう一度確認をして伺うというのが良いでしょう。

訪問の時間も、
あくまでも訪問先の希望を優先させます。

特別な時間の指定がない時は、
最低限のマナーとして

朝食、昼食などの食事時は避けるようにし、
午前であれば朝食を終える10時~11時、
午後であれば14~16時を選ぶのが良いでしょう

時間を約束している場合、
時間に遅れないように到着することは当然ですが、
訪問を伝えている場合、
先方も、迎えるための準備をしてくれているでしょうから、
早すぎる到着は避けるようにしたいものです。

約束の時間から、5分以内程で、
呼び鈴を押すくらいの心遣いが良いでしょう。

時間より、あまり遅れるようであれば、
必ず、遅れる旨の連絡を入れるのがマナーです。

先方の玄関先についたら、
身だしなみを整えましょう。

もしも先方に連絡がつかないまま、
急な訪問になってしまった場合は、

玄関先でお中元を渡し、
すみやかに失礼するのが良いでしょう。

最後に

お中元は、品物をデパートから送ることが多くなってきましたが、

昔からのしきたりで、手渡しでお中元を渡すというのは
贈られる方にも、一層、気持ちが伝わるのではないでしょうか。

お中元に関するマナーはいろいろありますが、
マナーを守って気持ちよく感謝の気持ちを伝えたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする