お中元の内のし・外のしの違いは?のし紙の名称と意味は?喪中の時は?

お中元は、いつもお世話になっています。
これからもよろしくお願いします。

そんな、お礼の意味を込めて贈るものです。

でも、いざお中元を贈る時になると
わからないことも多いのではないでしょうか?

ここでは、

お中元を贈る時に使う熨斗(のし)のし紙について
まとめてあります。

内のし、外のしの違いとは

お中元を贈る時にも使う「のし紙」

お中元を贈る際は

「内のし」と「外のし」のどちらかでのしをかけることになります。

うちのし

では、「内のし」と「外のし」の違いはというと、

※ 内のし … 品物→のし→包装紙の順番です。

品物に直接のし紙をかけ、その上から包装紙で包むので、のし紙は直接見えません。

※ 外のし … 品物→包装紙→のしの順番です。

品物を包装紙で包んだ後、のし紙をかけます。

品物にのしをかけた後に包装紙で包む「内のし」で、
包装紙で包んだ後にのし紙をかける「外のし」になります。

「内のし」と「外のし」の使い分け

お中元は、以前は、風呂敷に包んで
直接お世話になった方に持参して贈るのが一般的でした。

持参する時に包んでいった風呂敷が包装紙に変わったと考えれば
内のしが従来の贈り方に近いといえます。

最近は、お中元を控えめに贈りたい場合や
お中元を配送して贈る場合に「内のし」にする場合が多いです。

「外のし」は、お中元を直接、持参して渡す場合や、
お中元の品物を強調したい場合に使います。

配送で贈る場合は内のしで、
持参する時は外のしで贈る
と覚えておくとよいでしょう。

「内のし」と「外のし」は、
お住まいの地域や習慣によっても、
好みや違いがあるといわれています。

例えば、

内祝いは内のし、それ以外のお祝い事は外のし。

関東は外のし、関西は内のしを好む。

と言われることがあります。

お中元を購入する際は、
店員さん一度確認してみてください。

内のしと外のしは、
用途や場面に応じて使い分けるのが大切です。

のし紙の名称と意味は?

お中元を贈る際に、
必ず必要な物に熨斗(のし)があります。

親族や身内への身近な方から、
会社の上司や取引先など、
どこへ、どの方へ贈るにも熨斗(のし)は必要です。

熨斗(のし)の書き方や種類、
のし紙の名称や意味を知っておくとよいでしょう。

のし紙の名称

お中元のし

① 掛け紙

贈答品の上面や全面に掛けられる紙。

お中元は、贈り物に白い奉書紙を掛け、
水引を結び、熨斗を付けるのが基本です。

水引、のしを一枚の紙に印刷したものを「のし紙」と言います。

② 熨斗(のし)

慶事一般の贈り物に付けます。

熨斗の起源は慶事に贈る酒の肴で、アワビを細く伸ばしたものが使われていました。

※ 熨斗(のし)起源は慶事に贈る酒の肴ということなので、新巻鮭や魚卵(いくら、明太子)、かつお節などの魚介類が贈答品の場合は熨斗を付けませんでした。しかし、最近は、熨斗(のし)を付けている場合が多いようです。

※ 喪中の時のお中元には付けません。

③ 水引

贈答品に付けられる飾り紐のことです。

形や色によって使い分けますが、お中元やお歳暮に使う水引は、紅白の花結び(蝶結び)が一般的です。

花結びは簡単に結んだり解いたりが可能なので「何度あっても良い」という意味で、お礼、挨拶、記念行事などに良く使われます。

お中元は「来年も贈れますように」という意味が込められています。

※ 喪中の時は熨斗(のし)と同じく省略して付けません。

④ 表書き

「御中元」と、贈る目的を記します。

のし紙に書く表書きや名入れは、
贈り物が何の目的で、贈り主が誰かを書き入れます。

水引を境にして、上段に表書きを書きます。

文字が水引や熨斗(のし)にかからないように気を付けましょう。

⑤ 名入れ

贈り主の名前を書きます。

水引を境にして、下段に名前を、表書きより少し小さめの文字で書きます。

贈り主の名前の表記は、苗字だけよりもフルネームで書いた方が、贈り主が誰なのか分かりやすいです。

連名の場合は右から地位や年齢順、地位や年齢が関係ない場合は右から五十音順で記入します。

名入れの書き方まとめ

◎ 個人名で贈る場合

・フルネームで書くのが一般的
・目下へ贈る場合は、姓だけでも良い
・親に贈る場合は、フルネームで書くと誰からのお中元かわかりやすい

◎ 連名で贈る場合

・右側が目上
・左側が目下
・連名は3名まで

◎ 代表者名のみ書く場合

・代表者名を中央に書き「他一同」を左下に並べて書く
・代表者以外の名前は中包みに載せる

◎ 会社名・住所を入れる場合

・名前の右側に小さく書き添える

◎ 名刺を貼る場合

・名入れの部分に剥がれないように貼る
・左下にずらして貼っても大丈夫

◎ 贈る人の名前を入れる場合

・上段左に表書きよりも小さめに名前を書き入れる

喪中の時は熨斗(のし)はどうするの?

喪中の時のお中元は、
お世話になった気持ちを贈り物に込めて贈るものですから
贈っても問題はありません。

お中元を贈る際は、
紅白の蝶結びの水引のついた熨斗(のし)をつけます。

しかし、自分が喪中の時または喪中の相手に贈る場合は、
慶事を表す紅白の水引や熨斗(のし)は使いません。

喪中の方にお中元を贈る場合には、
短冊状ののし紙(白短冊)や、
無地の奉書紙の表書きに「御中元」と書いたものを使います

四十九日(忌中)の関係で贈る時期から外れた時は、
お中元ならば「暑中御見舞」として表書きを替えるのが望ましいです。

最後に

内のしや外のしの使い分けや、
のし紙の書き方など、
使っているけど、
いざ書くことになると迷ってしまうことも多い
熨斗(のし)に関するマナーを守って相手に失礼のないようにしたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする