お中元の時期はいつ?地域によって違うの?お中元の意味とマナー

お中元は、日頃お世話になっている方に
感謝の気持ちを込めて贈る贈り物です。

お中元は、夏に贈る物だとわかっていても、
お中元は、何月?
いつからいつまで?

と聞かれると、
正確な答えが出てこない方も多いのではないでしょうか。

今回は、
お中元の時期はいつなの?
地域によって違いはあるの?
お中元のマナーについてまとめています。

お中元の時期はいつ?

お中元の時期は、
東日本では7月初旬から7月15日まで
西日本では8月初めから15日までとされていますが、

最近の傾向は、全国的に、
7月の15日ころまでに贈るのが一般的になりつつあります。

近年、デパートのお中元戦線などで、
お中元の早割などの企画が多くなていますので、
早目に商品を決めて早目に贈り始めるようになってきています。

地域によって異なるお中元の時期

関東と関西では以前からお中元の時期が異なります。

大きく分けると東日本と西日本に分かれますが、
北海道のお中元の時期は、西寄りの時期になっています。

※ 北海道地方: 7月15日~8月15日

※ 東北地方 : 7月1日~7月15日

※ 関東地方 : 7月1日~7月15日

※ 東海地方 : 7月15日~8月15日
 
※ 北陸地方 : 7月15日頃に届くように贈るのが一般的。
 

(金沢など都市部では7月1日~7月15日ですが、能登などでは、7月15日~8月15日の地区もあります。そのため、両方の時期に合うよう、7月15日頃に届ける傾向になっています。)

※ 関西、近畿地方: 7月15日~8月15日

※ 中国地方 : 7月15日~8月15日

※ 四国地方 : 7月15日~8月15日

※ 九州地方 : 8月初旬~8月15日

お中元の意味

お中元は、元々、中国から日本に伝わった
仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と一体化して仏を供養する儀式でした。

この中元とは、三元(上元=じょうげん。陰暦正月15日、中元=ちゅうげん。陰暦7月15日、下元=かげん。陰暦10月15日)のうちのひとつで、三元とは道教における節日(せちにち)のことです。

今現在は、お中元は、
お世話になった人や上司、
取引先などにお礼の品や挨拶の品を贈る習わしを「中元」としています。

お中元のマナー

お中元にも基本的なマナーがあります。

お中元を贈る場合、
お中元を貰った場合のマナーを知って
気持ちの良いやり取りをしましょう。

※ お中元を頂いた場合

お中元を頂いたら、お礼状を出します。

お中元を頂いた場合、
必ずお返しをしなければいけないということではないので、
お互いにお世話になっています。
という意味での、お中元のやり取りではない場合は、
お礼状を出しましょう。

品物でお返しする場合は、
お中元の時期をずらして、
「暑中御見舞」といった形をとるのも良いでしょう。

※ 喪中の場合のお中元はどうすればいいの?

お中元は、お世話になった人や上司、
取引先などに挨拶の品やお礼の品を贈るものです。

そのようなことから、
喪中の人が贈るのも、
喪中の相手あてに贈るのも問題はないと言えます。

※ お中元とお歳暮の両方を贈らなくてはいけない?

お中元・お歳暮を両方贈らなくても大丈夫です。

どちらか一方を省略するとしたら
お中元を省略することができます。

企業や会社によっては、
経費の削減でお歳暮だけを贈るところも増えています。

※ お中元の時期を過ぎてしまったら

◎ 北海道  8月15日を過ぎてしまう場合には、8月末くらいまで「残暑御見舞」として贈ります。  

◎ 東北・関東・北陸  7月15日を過ぎてしまう場合には、8月7日頃の立秋までは「暑中御見舞」「暑中御伺」とし、更にそれを過ぎたら8月末くらいまで「残暑御見舞」となります。

◎ 東海・関西・近畿・中国・四国・九州   先方に届くのが8月15日を過ぎてしまう場合には、8月末くらいまで「残暑御見舞」として贈ります。

最後に

お中元は、
日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝える大切な習慣です。

お中元のマナーを知って贈ってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする