シックハウス症候群の原因と症状!生活環境や食事での改善策

シックハウス症候群とは、住宅の環境悪化が原因で起こる心身の病です。

最初にわかったのが、アメリカでシックビル症候群と呼ばれていました。事務所で働いていた人が、内装工事のあと

体調を崩したのが病気の由来とされています。

ここでは、シックハウス症候群について詳しく教えます。

シックハウス症候群の原因

シックハウス症候群の原因は、住宅が気密にになり、汚染された空気の逃げ場がなくなり、空気の汚染の要因となっている、内装材、ペンキ、接着剤、合板などが発する揮発性有機化合物、防虫剤、抗菌剤、ハウスダスト、カビ、ダニなどが複雑に絡み合って、シックハウス症候群を引き起こしています。

シックハウス症候群の症状

シックハウス症候群は、身体だけではなく、心の病気も引き起こします。

頭痛、頭重感、めまい、眼症状、動悸、息切れ、微熱、咽頭痛、筋肉痛、関節痛、鼻血、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症、全身の倦怠感、慢性疲労症候群など。

また、キレやすい子供やうつも発症します。

スポンサードリンク

シックハウス症候群の改善策

生活環境改善

●タンスやクローゼットの収納部分は、ベニヤの接着剤などにより有害揮発性ガスが充満している場合が多いです。

湿って温かい環境の場所にホルムアルデヒドは吸着します。それが、鼻、口、皮膚などから吸収されます。

対策としては、有害成分を吸収するのに有効とされている備長炭を置くといいです。

食生活改善

●抗酸化食品を多く取り入れる工夫をします。

特に、ビタミンやミネラルを含んだ食品は有効です。その食品の代表と言われるのが「黒い食べ物」です。

具体的には、黒豆・黒ごまなどです。抗酸化ビタミンたっぷりの自然食品です。

抗酸化ビタミンとは、ビタミンA(β-カロテン)、C、Eとカテキンです。

黒ごま黒豆きな粉は、お子様や、受験生、高齢者の認知予防にもおススメです。

まとめ

シックハウス症候群を改善するには、家族など周りの人達が協力して生活を変えていかなければ良い方向には
向かいません。

生活環境と食事環境を改善して、症状と上手に付き合うことです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする