白石川堤一目千本桜の開花状況!見どころは?アクセスは?混雑状況は?

白石川堤一目千本桜(しろいしがわづつみひとめせんぼんざくら)は、
宮城県南を流れる白石川、大河原町~柴田町の堤防に、
約1200本ものソメイヨシノが8.5kmも続く桜の名所があり、
その規模の大きさから「一目千本桜」と言われています。

その立派な桜並木は、
近隣の船岡城址公園とセットで「さくら名所100選」に認定され
「新日本街路樹百景」や「遊歩百選」にも選ばれています。

白石川堤一目千本桜(しろいしがわづつみひとめせんぼんざくら)の
開花状況や、見ごろ時期、アクセス、混雑状況を説明しています。

おおがわら桜まつり

期 間 平成28年4月7日(木)~4月21日(木)

    ※桜の開花状況により変更の場合あり

会 場 白石川右岸河川敷公園

宮城県柴田郡大河原町大谷白石川右岸河川敷公園
TEL:0224-53-2141

夜桜期間 おおがわら桜まつり期間中

夜桜時間 18:00~22:00

桜の種類 ソメイヨシノ、シロヤマザクラ、ヤエザクラ、センダイヨシノなど

桜の本数 約1200本

見ごろ 4月中旬

交通 電車 東北本線大河原駅から徒歩で約3分  

交通 車 東北自動車道白石ICから15分

駐車場 普通車 1台:1,000円(河川敷臨時駐車場)

問い合わせ 0224-53-2141(大河原町観光物産協会)

0224-53-2659(大河原町産業振興課)

大河原町観光物産協会ホームページ

白石川堤一目千本桜の開花情報

白石川堤一目千本桜 桜まつりの桜の見どころや楽しみ方

◎桜まつり写真コンクール

約8kmに渡って続く桜並木が有名な白石川堤ですが、
その中でも、韮神堰(にらがみせき)から見る桜は絶景と言われ、
全国から多くのアマチュアカメラマンがやって来て、
三脚を片手にカメラを構える撮影スポットです。

毎年、「大河原町の桜」をテーマに、
今年、大河原町内で撮影された写真のコンクールを開催しています。

未発表なら、どなたでも応募出来ますので、
写真の腕に自信がある方は、
白石川に逆さに映り込む蔵王と桜を始め
様々な絶景を映し出した写真を応募してみてはいかがですか?

◎お花見屋形船

桜まつり開催中、お花見屋形船の運行があります。

お花見屋形船の運航 10:00~16:00
 ※多客期 9:00~17:30

桜まつり会場から下流の韮神堰手前までの
往復約2.3kmを20分かけて運航

料金 1,500円(大人)、800円(小学生)

※ お花見屋形船の予約はできません。
※ 強風雨天時は運休の場合があります。

◎ 夜桜のライトアップ

桜まつり開催中

時間 18:00~22:00

幻想的な美しさを醸し出し、一味違う桜並木を楽しめます。

白石川堤一目千本桜のアクセス方法や駐車場について

電車の場合

JR『大河原駅』下車後、徒歩約3分。

車の場合

東北自動車道『白石IC』下車後、約15分。東北自動車道『村田IC』下車後、約20分。

駐車場について

河川敷臨時駐車場あり。桜まつり協賛金として1台1000円が必要となります。

白石川堤一目千本桜の地図

たびノート

まとめ

清流をたたえる白石川と残雪の蔵王連峰を遥かに望み、
毎春私たちの目を楽しませてくれる白石川堤の「一目千本桜」。

春のうららかな日をあびて一斉に咲き誇る並木道は壮観です。

雪と桜が同時に眺められる場所は、なかなかないと思います。

東北の桜を楽しみたい方は、
白石川堤一目千本桜に出かけてみてはいかがでしょう。

この時期、東北は朝晩の寒さが残っていますので
夜桜に出かける際は、防寒対策をしてくださいね。