子どもの日の由来や意味は?端午の節句、5月5日、世界の子どもの日

5月5日は子供の日です。

子どもの日は端午の節句と言われ
男の子の健やかな成長を祈願する行事として知られています。

一般的に、

「子どもの日」と言われている5月5日を
端午の節句、
男の子のお祭りと言われるのはどうしてなのでしょう

鯉のぼりをあげたり、
菖蒲湯に入るということもいわれていますね。

今回は、
子どもの日の由来や意味
について説明していきます。

スポンサードリンク

子どもの日の由来や意味

5月5日の端午の節句は、
中国発祥の厄祓い行事と、
田植えをする女性のための
日本古来の神事が結びついた季節の行事でしたが、
江戸幕府によって五節句のひとつに定められ、
男の子の行事として定着しました。

そして、子供の日は、
1948年(昭和23年)5月5日に
国民の祝日として制定されました。

『子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する日』

と定められています。

子どもの日は、
子どもの健やかな成長を願う日だ思っていましたが、
母に感謝する日でもあったんですね。

子どもの日が端午の節句と言われる訳は?

5月5日は、「端午の節句」として、
男の子の健やかな成長を祈願する行事の日でした。

かつては、
「5月5日は男の子の節句」で国民の祝日、
「3月3日は女の子の節句」で祝日ではない
ことについて、
男尊女卑の意味合いを含めて批判があったとされています。

現在でも、
5月5日の子供の日は、
端午の節句、男の子の節句と、
捉えられているために、
鯉のぼりや五月人形を飾っていることが多いのです。

とは言うものの、
保育園や幼稚園では、男の子や女の子の区別なく
「兜」や「鯉のぼり」を作ったりしています。

これは、「こどもの日」が
日本の文化にしっかりと定着しているからなんですね。

端午の節句の内容の変化

端午の節句は、

「菖蒲(しょうぶ)の節句」と言われています。

もともとは古代中国発祥の厄祓い行事でした。

「端」は初めのという意味で、
端午」は月の初めの午(うま)の日をさし、
五月に限ったことではありませんでした

やがて、五月が十二支でいう午の月にあたり、
「午(ご)の日」が五の日に通じること、
五月五日は奇数が重なっておめでたい
「重五(ちょうご)」の日でもあるため、
五月五日が病気や災厄を祓う日となりました。

後に、武士の力が強くなると、
「菖蒲」が武を尊ぶ「尚武」や「勝負」に通じ、
葉の形が剣に似ていることから、
兜(かぶと)に菖蒲を 飾ったり、
流鏑馬(やぶさめ)をするようになり、
江戸時代には鯉のぼりが飾られるようになりました

五月人形の鎧や兜などを飾る風習は、
戦いに出て争うものではなく、
男子の身を守って健康に成長するように願ったものなのです

また、時代ははっきりしませんが、
「早乙女」と呼ばれた若い女性たちが、
田植えの前に身を清めた由来もあります。

田植えの前に穢れを祓うために、
菖蒲と蓬で屋根を覆った小屋で
「物忌みのため」にこもったそうです。

現在では、
五月人形を飾り、鯉のぼりをあげ
柏餅や粽(ちまき)を食べたり
菖蒲湯に入ったりしてこどもの日をお祝いします。

スポンサードリンク

子どもの日は日本だけなの?

実は、世界各国に「こどもの日」はあるんです。

国際連合の「世界こどもの日」をはじめ、
多くの国や地域で祝日とされています。

例えば、

1925年ジュネーブの子供の福祉世界会議で、
6月1日が「国際子供の日」として制定。

1954年11月20日、
国際連合総会による「世界こどもの日」が制定。

など、子供の日を制定している国があるんです。

その中には、6月1日を祝日としている国も多いんです。

5月5日が子供の日と定めているのは、
日本独自のようですね。

最後に

子供の日は、端午の節句と言われ
男の子の節句として親しまれてきましたが、
歴史をたどっていくと
男の子だけの日ではなかったようですね。

今でも、端午の節句の名残で
男の子に関するいわれやしきたりが多いですが、
子供の幸せを願う日として
みんなでお祝いをしてあげたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする