端午の節句、五月人形・鯉のぼりの飾る期間は?何歳まで飾る?

5月5日は端午の節句です。

男の子のお子さんがいらっしゃるご家庭では
五月人形鯉のぼりを飾るのではないでしょうか。

端午の節句は、
お花見やゴールデンウイークなど
イベントが多い時期なので

慌てて、
鯉のぼりや五月人形を出してしまいがちなのですが、
そもそも、お雛様のように
早くしまわないと、
「お嫁に行きそびれてしまうよ」
みたいな説はないのでしょうか。

五月人形や鯉のぼりを飾る期間はあるのでしょうか?

今回は、端午の節句、
五月人形や鯉のぼりを飾る期間について
お伝えしていきます。

五月人形や鯉のぼりはいつから飾るの?

端午の節句といえば、

「鯉のぼり」

「五月人形」

を飾ります。

地域によって、また、ご家庭によっては

「鯉のぼり」または、「五月人形」だけ
という場合もあるかもしれません。

端午の節句の飾りを飾る時期には
特別ばきまりはないようですが、

大まかに、分けることができます。

☆ 端午の節句の飾りは早いほうが良い
地域によってですが、なるべく早く出した方がよいという説があります。
武将に関連付けて先手必勝からきているとされています。

☆ 春分の日が終わったら飾る
一般的には、この時期に飾る方が一番多いです。
端午の節句も節目ですから、春分の日が終わったら飾るのが一番良いとされています。

4月になって、ご自分の都合のよい日に出すのがいいでしょう。

鯉のぼりは4月上旬の天気の良い日から、
大きな鯉のぼりが上がっているのを見ることがあります。

庭に、鯉のぼりが泳いでいる家庭には
元気な男の子がいるんだなぁ~と思って見てしまいます。

鯉のぼりも五月人形も
遅くとも、4月の下旬までには
飾りましょう。

五月人形や鯉のぼりはいつまで飾っておくの?

端午の節句の飾りは、
5月5日の子どもの日が終わったら
片づけてもかまいません。

でも、ひな人形のように
慌てて片づけることもないので
天気の良い日に、
湿気やホコリを取り除いてからしまいましょう。

5月の中旬くらいまでしまえばよいでしょう。

地域によっては、
大安を選んで飾ったり、しまったりするご家庭もありますし
鯉のぼりは、5月いっぱいまで飾っておく地域もありますので、
あまり、形式にはまった考えでなくてもいいでしょう。

端午の節句の飾りは何歳まで飾るの?

端午の節句の飾りは、
男の子の無事に成長するのを願って飾るものですから
何歳まで飾る、という決まりはありません。

五月人形が、男のお子さんを守ってくれるという意味からすると
何歳までも飾っていてあげたいものです。

五月人形も、ひな人形同様、
飾りは、お子さん一人に一つが基本です。

お守りとして、
末永く飾ってあげるのもいいでしょう。

ちなみに、次男や三男にも
それぞれの五月人形を準備するのが基本とされています。

五月人形は、子ども一人一人のお守りとされているので
兼用はできないのです。

とはいえ、住宅事情もありますので、
男のお子さんが、3人、4人となれば
五月人形を置くスペースも問題になってきます。

一般に、次男、三男は、
すこし小さい五月人形や兜の飾りを飾ったりするようです。

最後に

端午の節句の飾りは、
初節句のときには早めに飾り、
翌年からは、
4月の初旬頃に飾ったらいいと思います。

しかし、お子さんのお守りという意味であれば、
飾っておく期間は、
あまり気にしなくてもいいといえます。

知り合いのご家庭では、
一年中五月人形を飾っています。

理由を聞いたところ、
やはり、子供のお守りだからという回答でした。

いずれにせよ、端午の節句の飾りは
お子さんのお守りとして
大切に飾ってあげたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする