赤ちゃんに湯たんぽを使うコツ!低温やけどの防ぎ方、湯たんぽの種類

お布団が冷たいと、
赤ちゃんはぐっすり眠れません。

布団を温めるアイテムは電気毛布などいろいろありますが、
乾燥しがちな赤ちゃんの肌には
電気毛布は不向きです。

そこで、
湯たんぽの登場となるわけです。

赤ちゃんの肌が乾燥しないで
自然な保温が長続きする湯たんぽは、

赤ちゃんに刺激を与えることなく、
ぐっすり眠れる
赤ちゃんにも環境にも優しいアイテムなんです。

そこで今回は、

赤ちゃんが湯たんぽを使うコツや
低温やけどを防ぐ方法をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんの湯たんぽの使い方

赤ちゃんに湯たんぽを使う時は、
大人より代謝が良く、
汗をかきやすいことを考え、
大人が湯たんぽに使うお湯の温度より
低い温度のお湯を使います。

お湯の温度は、60℃以下が良いでしょう。

湯たんぽを、専用のカバーがあればカバーで、
なければ毛布などでしっかり包みます。

お湯の温度が熱かった場合は、
カバーの上から毛布やブランケットなどで包んで
熱さがやんわりと伝わるようにします。

湯たんぽを置く場所

赤ちゃんの足元から30センチ以上離して
湯たんぽを入れておきます。

赤ちゃんは、活発に動くので
寝ている間も体が良く動きますから、

赤ちゃんに直接触れないように、
寝る前に、湯たんぽをお布団から出すか、
赤ちゃんのお布団の足元に移動させます。

赤ちゃんの低温やけどの防ぎ方

赤ちゃんに湯たんぽを使う時に、
一番のリスクが、
湯たんぽによる低温やけどです。

低温やけどは、60℃位の暖房器具でも
長時間、肌に触れていることでやけどをおうことで、

電気毛布やホットカーペット
使い捨てのカイロの使用で
低温やけどが起こることがあります。

赤ちゃんの肌は、
大人より敏感ですから
低温やけどに気をつけて使用します。

低温やけどを防ぐ使い方

・お湯の温度は、60℃以下

・専用カバーか毛布でしっかり包む

・赤ちゃんのが寝る前に布団から湯たんぽを出す

(部屋が寒い場合は、湯たんぽをお布団の足元へ置いておく)


スポンサードリンク

赤ちゃん用の湯たんぽの種類

湯たんぽは、電子レンジ用湯たんぽ・金属製湯たんぽ
ポリエチレン・ゴムなど様々な素材や形・大きさがあります。

その中で、赤ちゃんに向いている湯たんぽは
‏ポリエチレンタイプか、
繰り返し使える蓄熱式のエコ湯たんぽです。

では、それぞれの湯たんぽんの
利点や欠点を見ていきましょう。

ポリエチレンタイプ

≪利点≫

・お湯を使うので電気代の節約

・湯たんぽ自体の価格が安価

・湯たんぽの中のお湯を再利用できる

≪欠点≫

・お湯を沸かさなければいけない

・お湯の入れ替えが面倒

蓄熱式のエコ湯たんぽ

≪利点≫

・コードレスれ持ち運びに便利

・お湯を沸かさなくてもいい

・お湯の入れ替えをする必要がない

・20分程の充電で、8時間温かい

≪欠点≫

・充電忘れ

最後に

赤ちゃんに湯たんぽを使用するには、
低温やけどに注意して正しく使いましょう。

湯たんぽは、お湯だけを使いますから、
電気代がかかってしまうエアコンや電気ストーブ、
そして灯油代がかかる石油ストーブに比べてとても経済的です。

そして、赤ちゃんにも優しい温かさが
長時間続きますから
赤ちゃんは、朝までぐっすり眠れます。

省エネ、経済的、安全の三拍子が揃っている
湯たんぽですから、
正しい使い方で積極的に使ってくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする