コーヒーは子供に何歳から飲ませていいの?影響は?中毒って?

コーヒー好きのパパやママのお子さんは
小さい時から、ママたちが
おいしそうにコーヒーを飲んでいるのを見ています。

その影響で、自分も一緒に
コーヒーを飲みたがるものです。

コーヒー好きのママ友から
何歳からコーヒーを飲ませた?

と、質問され、
中学生?小学生?
気が付いたら飲んでいた…??

と、言うことがあって
コーヒーは子どもに何歳から飲ませてもいいの?

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

コーヒーは子どもに何歳から飲ませてもいいの?

大人と同じ、普通のコーヒーを飲めるのは
12歳から15歳以上で
体重が大人並みに50キロを超えたら
大丈夫です。

それより年齢が下の子ども、
6歳~10歳位の子供には
基本的にミルク(牛乳)を1/3~1/4程度
入れたらコーヒー
がよいでしょう。

子供にはミルクを多めに入れたものをお薦めいたします。

個人差があるとはいえ
コーヒーの中のカフェインは
薬理作用がありますので
上記を目途に考えたらよいでしょう。
コーヒー牛乳や
ミルクがかなり多めのカフェオレなら
子どもでも大丈夫というところでしょう。

子どもにコーヒーがダメなのはどうして?

コーヒーを子供に飲ませてはいけない理由は、
コーヒーに
「カフェイン」
が入っているからです。

カフェインはどんな作用があるの?

カフェインには

☆ 中枢神経を刺激する
☆ 睡眠を妨げる
☆ 利尿効果

などの働きがあります。
子供の小さい体にカフェインを与えすぎると

☆眠れなくなったり
☆ハイテンションになったり
☆おトイレが近くなったり
☆ 心拍数が速くなる

するという影響があるので控えたほうが良いのです。

大人はカフェインに慣れているので、
強い症状は出ませんが
子どもは、体も小さいので
カフェインの影響を受けやすい・
影響が出やすい
と覚えておいてください。

カフェインを摂ったらどのくらいの時間影響があるの?

これも、体の大きさや感受性もあって
個人差があるのですが、

子どもの場合、
カフェインを摂取して

15~120分後に効果が最大に表れ
その後、6~8時間は
効果が持続します。

持続時間を考えると
夕方からのカフェインの摂取は
控えたほうがいいでしょう。

カフェインの子どもへの影響とは?

この眠れなくなるという作用から、
子供の成長にも関与してくる可能性があります。

夜寝る前などにカフェインを飲むことで、
交感神経が刺激されて
眠れなくなり、夜更かしが常態化したり、
深い眠りができず、浅い眠りが続けば、
成長ホルモンの分泌が阻害されて
発育が阻害されたり、遅れる可能性はあります。

また、カフェインは
カルシウムの排出を促す作用があるので、
成長期の子どもの成長を阻害する可能性もあります。
これは、たまにコーヒーを飲むくらいでは
影響することはありません。

毎日、コーヒーを何十杯も飲まなければ心配はいりません。
カフェインの大量摂取は危険!

スポンサードリンク

子どもとは限りませんが、
大人でも、カフェインの大量摂取は
中毒を起こす場合があるので、
注意しましょう。

中毒の症状
・吐き気
・おう吐
・頭痛
・不安感
・落ち着きがなくなる
・緊張
・焦燥感、
・取り乱す
・胃痛
・胸痛、などの症状が
現れることがあります。
このような症状が現れる量としては、
成人の場合だと、
1時間以内にカフェインを6.5mg/体重1kg以上で
およそ半数の人に中毒症状が出る。

3時間以内に17mg/1kg以上でほとんどの人に
急性中毒症状が出るといわれています。

インスタントコーヒーだと、
体重10kgの場合だと、およそ3杯。

体重20kgの場合だとおよそ6杯
飲むと危険ということになります。

これは成人の場合に当てはめていますので
子どもはこれより少ない摂取量でも
中毒の危険が大きいと言えます。

いずれにしても、カフェインは
多量に摂取すべきではないということです。

コーヒー中毒の症状

・特に理由がないのに、イライラして攻撃的になる
・お腹に不快感を感じる
・排尿時に痛みを感じる
・心拍数の増加
・呼吸過多

コーヒーのカフェインの働きは?

コーヒーは体に悪い影響を与えるだけではありません。

コーヒーが、多くの人に愛されてきたのには
体にいろいろな働きがあるからなんです。

・さわやかな朝の目覚めを助ける
・仕事や勉強の能率をアップ
・疲労回復に役立つ
・消化を助ける
・スポーツのウォーミングアップに
(血行を良くし身体を暖め、酸素をたくさん吸収する)
・二日酔いに効く
・口臭を防ぐ

こんな良い影響もありますから
飲む量や飲むことのできる年齢を守って
美味しくコーヒーを飲んでください。

子どもに、カフェインレスコーヒーはどうなの?

子どもにカフェインの影響が心配されますが、
カフェインレスコーヒーなら
子どもでも、安心して飲めます。

カフェインレスコーヒーは、どうやってカフェインを取り除くの?

コーヒー生豆を水に浸して
水溶性のカフェインを取り出しやすくした後、
最終的にカフェインだけを取り除いていきます。

その方法として近年多くの方法が開発されましたが、
一例として水溶液から特殊な樹脂層や活性炭を用いてカフェインを吸着させる方法
炭酸ガスを用いてカフェインを除去する方法など、
溶剤等を一切使用せずカフェインを除去する方法が確立しています。

まとめ

コーヒーが大好きなパパとママは
子どもと一緒にコーヒーを楽しみたいですよね。
でも、年齢が若いお子さんは少しの間、
我慢してくださいね。

大人と同じ、普通のコーヒーを飲めるのは
12歳から15歳以上で
体重が大人並みに50キロを超えてから。

それより年齢が下の子ども、
6歳~10歳位の子供には
基本的にミルク(牛乳)を1/3~1/4程度
入れたらコーヒーからです。

小学生のになったら
カフェインレスコーヒーや
ミルクたっぷりのカフェオレから初めてみましょう。
よく、コーヒーを飲むと肌が黒くなる!?
と言われますが、全くの迷信です。

以上、コーヒーは何歳から飲ませてもいいの?
についてでした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする