一人暮らしのガス代節約術!プロパンガスと都市ガスの違いは?

一人暮らしを始めて、
ガス代が高い!と感じたことはありませんか?

一人暮らしなのに、
ガス代だけこんなに高いの~?

と、思った人は
一人暮らしのガス代を安く抑える
節約術をまとめてみましたので参考にしてください。

ここでは、
・一人暮らしのガス代の平均は?

・都市ガスとプロパンガスの違い

・ガス代節約術

についてまとめてあります。

スポンサードリンク

一人暮らしのガス代の平均は?

一人暮らしのアパートでの、
一カ月のガス代の平均金額はどのくらいなのでしょう。

アパートの契約ガスが、
都市ガスかプロパンガスかによって
また、季節によっても違ってきます。

都市ガスの一カ月の平均料金

☆ 夏…2,000円~3,000円
☆ 冬…3,000円~5,000円

プロパンガスの一カ月の平均料金

☆ 夏…3,000円~5,000円
☆ 冬…7,000円~12,000円

寒冷地以外の料金の平均はこのくらいです。

これを見てわかるように、
プロパンガスと都市ガスでは
毎月2,000円以上の差があるようです。

寒冷地の冬のガス代は、
この二倍くらいになる場合もあります。

冬場にガス代が高くなる理由

冬場にガスを利用する
暖房器具を使った場合も
ガス代が高くなる要因ですが、

他に、ガス給湯器の利用があります。

ガスの消費量は
給湯器の使用量と
言ってもいいくらいなのです。

冬場は、
シャワーやお風呂に使う量が増えます。

冷たい水をお湯にするのと
夏場のぬるい水をお湯にするには
使用する熱量も違ってきますよね。

ガスコンロの使用量も、
思ったよりもガス代がかかっていないのですが、

自炊をしている人は、
冬場は、煮物のメニューが増えると
ガス代が増えることになります。

冬場にガス代が高くなるのは
冷たい水を温める熱量が
ガスの使用量を増やしていることからなのです。

都市ガスとプロパンガスの違い

ガスの種類には、
都市ガスとプロパンガスがあります。

では、この二つのガスの違いをみていきます。

都市ガスの特徴

・アパートなどの集合住宅の戸外にガスボンベがない

・ガスは、道路の下のガス管を通じて、メーターを経て供給されている

・都市ガスは公共料金。
その地域で供給している都市ガス会社や自治体のガス局と供給契約のため公共料金になる。

プロパンガスの特徴

・アパートなどの集合住宅の戸外にガスボンベがある

・LPガスの入ったボンベを業者が自宅まで運び、使用を開始する。

・プロパンガスは自由料金。
ガス会社が自由に料金設定が出来るので、ガス会社によって基本料金に違いがある。
利用料金にも大きく影響がある。

・1㎥あたりのエネルギー量がは都市ガスの2.2倍
火力が強いため料理店ではプロパンガスの使用が多い。

スポンサードリンク

・業者によって価格が違う

・都市ガスの1.5倍の単価 (400~500円くらい)

一般的には、都市ガスの方がプロパンガスより安いです。

しかし、ガス管を通して供給している
都市ガスが普及しているのは
整備が進んでいる地域になります。

都市ガスとプロパンガスの使用世帯は
半々くらいですが、
整備が進んでいない地域では
プロパンガスを使用する事になります。

ガス代節約術

1.一人暮らしは、シャワーの時間を17分以内にすること

シャワーを17分間出しっぱなしすると浴槽のお湯一杯分(200ℓ)相当します。
1日1分シャワーを出す時間を短縮するだけで年間12.78㎥の節約ができ、年間1,755円節約!

2.お湯の温度を下げること

一人暮らしの節約生活なら、短めのシャワーが一番のおすすめですが、
お風呂に入る場合は、浴槽のお湯は適温で張るようにすると節約になります。

3.料理は中火で調理する

鍋の底から、炎がはみ出していると、その分は無駄になっている。

4.調理時間を短くする

鍋に蓋をしたり、落し蓋を利用して熱を逃がさないようにする。

5.大きめの鍋で調理時間を短く

一人暮らしでも、大きい鍋で調理した方が、鍋底からの熱伝導率が向上して早く火が通る。

6.調理法を工夫

ガス代を節約する調理法は、炒める>蒸す>煮るです。
一人暮らしの節約料理は、炒め物がベストのようです。

7.揚げ物はやらない

揚げ物は、油の加熱に多くのガスを使います。
自炊の調理法は、炒めるか焼く方法が節約できます。

8.ペットボトルの水は冷蔵庫に入れない

ペットボトルを調理に使う場合は、冷蔵庫に入れず常温で保存した方が加熱時間を短縮できる

9.食器洗いは水で洗う

ガス代節約のために、洗い物は出来るだけ水で洗うようにします。
手が冷たいので、ゴム手袋を使って冷たさを和らげる工夫を。

10.付けおき洗い

洗い桶でため洗いを、最後にお湯ですすぎをすれば、使うお湯の量を減らせます。

11.料理は作り置きする

料理は多めに作って冷凍したり、作り置きしたほうがガス代が節約できます。
自炊上級者は、料理のリメイクでメニューに一工夫を。

12.中華鍋を利用する

中華鍋は全体的に均一に熱が広がるため、火のとおりが早くなり調理時間を短縮できます。
一人暮らしの自炊初心者は、軽いテフロン加工の中華鍋が良いでしょう。

13.料理の下ごしらえは電子レンジでする

お湯を沸かしてほうれん草などを茹でるよりも、電子レンジで加熱した方が時間もかからず、ガス代も節約できます。

まとめ

一人暮らしのガス代金の節約術について
まとめてみましたが、
お役に立てましたか?

ガスの種類の違いで
料金が大きく違うんですね。

住んでいる地域がプロパンガスだから、
ガス代が高くて当たり前と考えずに

毎日の生活の工夫で
ガス代を節約してみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする