一人暮らしの大学生の生活費は?家賃、水道光熱費、食費、交際費は?

大学生になって、
初めての一人暮らしに不安と期待をもって
生活を始める人も多いでしょう。
一人暮らしと言っても、
実際にどのくらいの費用がかかるのか不安に持っているでしょう。

みんなが月にどれくらいお金を使っているのか知りたくないですか?

ここでは、大学生活を始めるにあたっての
生活費や初期費用をまとめてみました。

実際に、大学入学と共に一人暮らしを始めた際に
かかった費用もまとめてありますので参考にしてください。

スポンサードリンク

一人暮らしを始めるのにかかる初期費用

一人暮らしを始めるのにかかる初期費用は、

部屋を借りるための費用

引越しに必要な費用

生活必需品の購入費用

に分けられます。

最低でも500000円、
一般的には700000円程度用意しておく必要があると言われています。

住む場所が、首都圏と地方都市では大きく金額も違ってきますので
一概には言えませんが、
一人暮らしを始めるための初期費用の詳細は
次の通りに分けられます。

部屋の契約費用

・敷金2ヶ月分
・礼金2ヶ月分
・仲介手数料1ヶ月分
・前払い家賃1ヶ月分
※合計で家賃6か月分は用意する必要がある

家賃の全国平均は、66000円

契約費用は、396000円 になります。

都心物件の家賃は、
地方都市の1.5倍以上になりますから、
地方都市の場合

家賃は、40000円~になります。

学生の場合、大学近郊のアパートは
敷金・礼金が無料の「ゼロシステム」のアパートがあります。

(新築アパートやマンションではそうもいきませんが…)

地方都市での大学で、
家賃35000円のアパートに入居した場合。

前払い家賃の35000円で入居可能です。
(大学生協の斡旋アパートの場合)

※ 地方都市の大学だったので、入居時の費用はこれで済みました。

入学した大学の情報を確認してみてください。

引越に必要な費用

・引越業者に依頼すれば30000~70000円程度
(荷物や距離によって違います)

・家族や友人に協力してもらえばレンタカー代程度

生活必需品の購入費用

・家具 ベット・チェスト・テ―ブルなど

・家電 冷蔵庫・炊飯器・オーブンレンジ・洗濯機・テレビなど

合計100000円程度
・生活雑貨 カーテン・寝具・調理器具・食器など

合計50000円程度

一人暮らしを始める前から
費用がかかる事がわかりますね。
大学生の場合、
これらの費用は親御さんの負担になりますから
大学に進学をされる予定のご家庭では
費用の準備が必要になります。

スポンサードリンク

家賃、水道光熱費、食費、交際費

では、大学生が生活する為に、
どのくらいの費用がかかるのかみていきましょう。

家賃

首都圏・関西・東海エリアの家賃の平均は65000円程

都心物件の家賃は、
地方都市の1.5倍以上になりますから、
地方都市の場合

家賃は、35000円~になります。

学生の場合、新築やマンションの類を選ばなければ
まだ、安いアパートを探すことができます。

しかし、セキュリティー面を考えて
女子学生の場合、あまり安いところはお勧めできません。

水道光熱費

電気代 3000~7000円

春・秋は比較的安く3000円~

夏・冬は5000円~
水道代 3000~4000円

ガス代

プロパン 3000~10000円

夏は3000~5000円
冬は7000~10000円

都市ガス 2000~5000円

夏は2000~3000円
冬は3000~5000円

水道光熱費の目安は10000円

食費

25000円程

生活は食費で差が出ると言われるくらい、
自炊か外食かで大きく変動します。

外食するとして、
1食800円の食事を、朝晩続けていれば、
1カ月の食費は50000円位になってしまいます。

スーパーを利用して食材を購入
自炊をすれば
食費は25000円程に抑えられます。

どうしても、自炊が出来ない場合は、
大学の食堂を利用するのも方法です。

1食、300円位から、
定食やボリュームのあるメニューが味わえます。

一人暮らしをきっかけに、
自炊を始めた人は、
スーパーのチラシを片手にまとめ買いをして
料理のレパートリーを増やしたり
節約術を取り入れてみてはどうでしょう。

通信費

携帯電話 7000円
インターネット 5000円

日用品

2000円

洗剤、トイレットペーパーなど、

こまごましたもの

交際費

10000円以内

学生でも、1回の飲み代は3000円位かかってしまいます。
出費がかさむ月は、
交際費も減ることになります。
合計 120000円~

この場合ですと、月に120000円ほどで生活できる計算になります。

しかし、この中には、洋服代や娯楽費、
美容費や病院に掛かった場合の医療費は含まれていません。

まとめ

一人暮らしを始めると、
親御さんからの仕送りが、
おこずかいという感覚になる時があると思います。

学生であれば、携帯電話の料金が親御さんから引き落とされたり
必要経費のいくつかを助けてもらう場合があるかもしれません。

しかし、家賃や水道光熱費など大半の経費は
仕送りの中から、自身で支払っていかなければいけないものになります。

後々困らないように、
一人暮らしで毎月かかる経費を計算しておきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする