一人暮らしの学生の部屋の広さは?間取りは?周辺環境は?

学生の部屋選び

一人暮らしを始める学生が
一番初めにしなければいけない事は
住む部屋を探すことです。

学生の部屋選びのポイントは
どこにあるのか知ったうえで部屋探しをすることは大切です。

ここでは、

学生が一人暮らしをする際に選んでいる部屋の広さや
部屋選びのこだわりのポイントについてまとめてみました。

スポンサードリンク

学生が一人暮らしをする際に選んでいる部屋の広さ

学生の一人暮らしの間取りは、
1Kとワンルームです。

学生向けの物件のほとんどが
ワンルームと1Kということもありますが
家賃もこの広さが借りやすい
手ごろな家賃というのが大きな要因のようです。

大学生協が出してある『学生アパートパンフレット』の物件も
1Kがほとんどです。

廊下に流しやコンロが設置してあるような1Kタイプと
独立してキッチンがあるタイプがありますが、
廊下に流しやコンロが設置してあるような1Kが安くて多くあります。
しかし、これは都市部での話で、
地方によっては、1DKの物件が多い場合もあります。

部屋の広さは?

部屋の広さは15㎡~20㎡以下が主流です。

シングルベッドやテレビ、チェスト、テーブル
といった必要最低限の家具なら十分置ける広さになります。

この部屋にソファーを置くと、
かなり狭く感じられます。

部屋の広さが25㎡以上になると広々と感じられます。

1Kのメインの部屋の広さは6畳前後を目安にしてください。

これより狭い部屋では、
椅子もテーブルを置くと狭い感じがします。

やはり、1Kを目安に部屋の広さを決めるといいでしょう。

1畳って何m2?

部屋の間取りを見ると、
6畳とか20㎡とか、統一した表示ではないですよね?

少しわかりにくいですね。

マンションの洋室などの計算では、
1.8m×0.9mの1.62㎡で計算されています。

壁芯からの計算ですから部屋内はもう少し小さくなります。
和室の場合違ってきます。

最近のマンションではある程度の範囲内で
6畳や4.5畳を作っているのでバラバラです。

畳のサイズも
本間、関西間、江戸間等があり、
実際に測ってみないとわからないことが多いようです。

江戸間(関東間、五八間)— 1畳 約 88 × 176 cm 1.55㎡
中京間(名古屋)   — 1畳 約 91 × 182 cm 1.66㎡
京間 (本間間、関西)— 1畳 約 95 × 191 cm 1.82㎡

1坪=3.3㎡

実際の大きさは何種類かあるのですが、
普通1坪=2畳で計算します。

ですから、2畳=3.3㎡となります。

1番通常の畳は180X90を基準にしていますが、
土地や不動産では2畳=1坪です。

部屋選びのこだわりのポイント

1.学校から近い・駅から近い

やはり学校へ近いことが重視されます。

学校から近い物件、
徒歩や自転車で行ける距離にある物件や、
学校の最寄り駅に近い物件を選ぶ大学生が大半を占めています。
やはり通学時間は短いほうが楽ですし、
徒歩でも自転車でも10分くらいが無理が無くて良さそうです。

駅から近いと家賃も高い傾向にありますが
駅から近い・学校から近い物件が人気のようです。

スポンサードリンク

実際にも、自転車や徒歩圏内に住んでいる学生が過半数を超えています。

通学時間も15分以内が半数を超えているそうです。

通勤ラッシュは社会人になったら避けられない道なので、
学生のうちだけでも、ラッシュに巻きもまれたくないということなのでしょうか。

2.お風呂とトイレが別になっている

女子学生は、
トイレとお風呂が別々というのが選ぶポイントの一つのようです。

ユニットバスは、お風呂とトイレ、洗面台が1つの部屋にまとまったシステムです。
シャワーは出来るけど、湯船に入るのはやや難なんですよね。

ユニットバスの浴槽にお湯を張って入る、
シャンプーをして、
体を洗って、
またお湯に浸かってがなかなかできないのがユニットバスの難点です。

女子学生はここが大きなポイントになるようです。

一人暮らしの部屋に多く、
狭いスペースにまとまっているので
その分お部屋が広く取れます。

お風呂タイムを楽しみたい女子はお風呂はお風呂、
と独立した物件がおススメです。

一方シャワーだけで良い、
という男子はこだわらない部分でもあります。

3.収納スペースがある

収納スペースは物件選びの重要なポイントになります。

比較的古いアパートは、
押し入れがあるものが多く、
押し入れの天袋まで収納することができれば、
シーズンオフの物を片づけることができるので
部屋がスッキリ片付きます。

和室の押し入れは、一間あるので、
一人暮らしの荷物を収納するのに十分と言えます。

逆に、洋室タイプの部屋は、
収納スペースが十分あるか確認しましょう。

収納スペースが少ないとか、
ない場合は、もので部屋が溢れかえってしまうことになりかねないので
注意が必要です。

4.スーパーやコンビニ、ドラッグストアが近い
近くにスーパーやコンビニ、
ドラックスストアがあるのは強い味方です。

一人暮らしでは、食品や日用品など
何でも自分で買いに行かなければいけません。

近くに学生向けのスーパーがあると心強いですよね。

物件を選ぶ時は、近くにスーパーがあるか
コンビニやドラックスストアはあるか
チェックしましょう。

5.周辺の環境はどうか?

駅から家までの道や
家の周りの環境はどうなのか?

昼は賑やかで
夜は人通りが少ない静かな通りで、
昼と夜の雰囲気が違ったりするのは
治安の面で不安になったりしますよね。

女の子が夜間、一人で歩いても危険がないかどうか?

道路の近くで車の往来が激しくないか?

線路脇で電車の音が気にならないか?

など、実際に住んでみないとわからないことも多いかと思いますが、
自分でシュミレーションしてみるのもいいと思います。

6.家賃

家賃を払うのは、親御さんですから
よい物件でも、高すぎるのは考えものです。

きれいな部屋、広い部屋を求めれば
キリがありません。

しかし、安かろう悪かろうでは
数年間の学生生活の間に、
再び引越しをする羽目になるかもしれません。

住む場所で相場も変わってきます。

同じ学生でも、
首都圏と地方都市では、
家賃の相場は1.5倍の開きがあります。

親御さんと相談のうえ部屋を決めましょう。

まとめ

選ぶ基準は、

学校への近さ

スーパー・コンビニへの近さ

自転車か徒歩で通学15分以内の距離

間取りは、1Kかワンルーム

長い学生生活です、部屋選びは慎重にです。

素敵なお部屋を見つけて、
充実した学生生活になりますように!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする