花粉症で肌荒れに!花粉症皮膚炎の原因と予防法、対処法!

鼻水がずるずる、目から涙…
ティッシュが手放せない…

春になって喜びたいところですが、
花粉症の人にとっては
辛い季節がやってきます。
外出時にはマスク、メガネで重装備、
春のおしゃれは遠くなるばかり、
という人も多いはず。

この時期、鼻水、くしゃみ、目のかゆみや
微熱が続いたり、肌がカサカサに乾燥していまう
といった症状にも悩まされます。

くしゃみや鼻水でもイライラするのに
髪の毛が肌に触れただけで

痒くなって我慢できないことありませんか?

このかゆみや乾燥の原因は花粉症なんです。

ここでは、

・花粉症による肌のトラブルの原因

・花粉症皮膚炎の予防法

・花粉症皮膚炎の対処法

についてまとめていました。

花粉症による肌のトラブルの原因

花粉症の時期になると、
顔の皮膚が敏感になり、
かゆみ・かさつき・湿疹・赤くなるなどの
症状が現れる場合があります。

花粉症の時期になると、
今まで使っていた化粧品で赤くなったり
痒みが出たり、赤くなったりする人もいます。

顔の特定の箇所だけ痒くなる人もいます。

この症状は、
花粉症皮膚炎」と言われています。

花粉症皮膚炎とは
花粉症は、目や鼻についた花粉を
身体が排除しようとして起こるアレルギー現象です。

花粉が肌につくと、
付いた肌の部分にアレルギー反応が起こり
痒み、カサカサ、赤くなる、などの症状が起こります。

また、鼻水を何度もかむことによって
鼻の部分の肌が弱くなってきます。

このように、花粉が付いたり、
鼻のかみ過ぎによる摩擦で起こるかぶれで
接触性皮膚炎」に属しますが
最近では、「花粉症皮膚炎」と呼ばれています。

皮膚が薄い、目の周りに症状が表れることが多く
ひどくなると頬や口の周りに表れることもあります。

花粉症皮膚炎の人は、
鼻水や目のかゆみなどの症状が
元々ある人に表れるのですが、
まれに、皮膚だけに症状が出る人もいるようです。

アレルギー体質ではないのに
花粉の時期だけアレルギー反応が出るというのも大きな特徴です。

花粉症の時期に肌トラブルまで起きるので
テンションは下がりっぱなしですが
花粉症皮膚炎の予防をしっかりして
花粉の時期を乗り越えていきましょう。

花粉症皮膚炎の予防法

花粉に出来るだけ触れないようにする事が一番です。

マスク・メガネで肌を保護します。

そして、肌のトラブルを誘発する髪の毛を
花粉に触れないようにする工夫が大事です。

外出時には帽子を着用することをお勧めします。

かぶる時のポイントは
帽子の外に髪の毛を出さないようにかぶ髪の毛を入れる感じでかぶります。

帰宅後は玄関で花粉を払い
早目にシャワーを浴び、
その日使用した服は寝室に持ち込まないようにします。

花粉症皮膚炎の対処法

ファンデーションは油分が少ないもの

油分が多いと花粉がつきやすくなります。

ファンデーションは、
乾燥からお肌を守りつつ、
同時に花粉を付けないタイプがいいでしょう。

肌への負担が少ないルースパウダーか、
パウダーファンデーションがいいでしょう。

リキッドやクリームタイプのファンデーションは、
界面活性剤や防腐剤などの添加物が多く配合されているため、
皮膚炎を起こしている肌には不向きです。

オールインワンファンデーションはリキッドですが
オイルフリーのものが多く
美容成分配合で、乾燥も防いでくれます。

基礎化粧品は無添加・無香料のものを使う

今まで使っていた化粧品でも
花粉症の時期だけは、
肌が痒くなったり、赤くなったりすることがあります。

この時期だけ、無添加の化粧品に変えてみるのも
痒さやカサカサを緩和させる方法のひとつです。

帰宅後はすぐにメイクを落とす

帰宅後はすぐにメイクを落としましょう。

肌に花粉がついたままだと
ダメージが大きくなります。

ゴシゴシこすらず、
ミルクタイプのクレンジングでメイク落としをしましょう。

洗顔は優しく洗う

ゴシゴシ洗いは厳禁です。

石鹸やクレンジングフォームをしっかり泡立てて
泡洗顔をしましょう。

優しく、ぬるま湯で洗いましょう。

スクラブ入りの洗顔石鹸やはがすタイプのパックは
刺激が大きいので、
この時期は控えましょう。

洗顔後は保湿が重要

洗顔後、一番大切なのは保湿です。

刺激の少ない化粧水でしっかり保湿をしてください。
花粉症皮膚炎を起こしている肌は敏感になっているため、
たくさんの化粧品を併用することは避けましょう。

できるならば、
成分構成が単純なワセリンを薄く塗る程度が良いです。

乾燥を防ぐため、
クリームや乳液など油分の多い化粧品を使うのは
花粉を肌に付けるだけなのでこの時期は控えましょう。

意外と忘れがちなのが唇のケアです。

花粉の影響を受けてカサカサに乾燥したり、
皮がはけたり、腫れたりするという方も多いので、
リップベースやワセリンなどで唇をガードしましょう。

まとめ

花粉症が花粉症皮膚炎の要因となり、
花粉症皮膚炎が花粉症をひどくする。

この時期は冬以上に肌を乾燥させないように注意しましょう。
そうすれば、かゆみや赤み、肌荒れなどを抑え、
辛い花粉症の季節を乗り切れるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする