ひな祭りのひし形ちらし寿司!

3月3日は「ひな祭り」

子供の健やかな成長を願う大切なイベントですね。

家族や親戚を招いてお祝いするなら
豪華なちらし寿司を作ってお祝いしませんか?

スポンサードリンク

ひな祭りの時に、おうちで作るちらし寿司も、
最近はバラエティに富んでいて、
華やかにデコレーションして
見た目も楽しませてくれるものが多くなりました。

今年は、変わったちらし寿司にチャレンジしてみようと
思っているあなたに、

ひな祭りにふさわしく
菱餅に見立てた、ひし形ちらし寿司を紹介します。

基本のちらし寿司の具材でOKです。

ひな祭りのひし形ちらし寿司の形を作るには?

丸い寿司ケーキにする場合は、
市販のケーキ型を利用すると手軽にできるのですが、
ひし形のケーキ型はありません。

そこで、自分で作ってみることにしました。

材料は、牛乳パックです。

作り方は簡単です。

小さなひし形にする場合は、
牛乳パックをそのまま横に切りとるだけでOK。

大き目のひし形にしたい場合は、
牛乳パックを数個切り分け、
つなぎ合わせて大きなひし形を作ります。

型ができたら、
その中にすし飯と具材をつめていくだけです。

スポンサードリンク

ひな祭りのひし形ちらし寿司の子どもに喜ばれるポイント

子供の好きな食材で作る

ひな祭りの定番のちらし寿司は
子どもが大好きなメニューです。

この日は、子供に喜んでもらうのが大前提ですので

子どもの大好きな具材を中に入れてあげるか
デコレーションしてあげましょう。

基本の具材と喜ばれる具材

・卵
・きゅうり
・サーモン
・いくら
・エビ
・きぬさや
・ハム
・鮭フレーク
・レンコン
・のり
・まぐろの刺身
・コーン
・桜でんぶ
・とびっこ

見た目が楽しくなるようなデコレーション

見た目をワクワクするような
楽しいものにするだけで子供は喜んでくれます。

具材のカットの仕方や飾りつけ方を工夫して
子どもが、一瞬にして目をくぎ付けにされるような
楽しいちらし寿司を作ってあげましょう。

ひな祭りの為に、
コップやクロスもひな祭り仕様にしてみてもいいかもしれません。

子どもと一緒に作る

ちらし寿司は、
子供と一緒に作れる料理です。

すし飯に具材を入れて混ぜたり
一緒に飾りつけをしたり

親子でコミュニケーションの場を作れます。

自分もお手伝いで作ったとなれば
さらにおいしく食べてくれるはずです。

まとめ

彩もきれいなちらし寿司は、
食卓に華やかさを添えてくれます。

今年は、親子でひし形ちらし寿司を作ってみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする