二日酔いの原因と治し方!症状、解消法、効果のある食べ物

ついつい飲み過ぎてしまって…

飲み過ぎた翌日の朝、
頭痛と吐き気に襲われた二日酔いだと、
何も口に入れたくないですよね。

二日酔いでも、仕事がある時など
一刻も早く、症状を解消したいものです。

一口に二日酔いといっても
症状は様々です。

実は、二日酔いの症状は
原因を知ること
正しい対処をすることで
早く治すことが出来るんです。

ここでは、

・二日酔いの原因と症状

・二日酔いの症状別治し方

・二日酔いの予防になる食べ物

・二日酔いしにくいお酒

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

二日酔いの原因と症状一覧

ズキズキ頭痛

アルコールには血管を拡張する働きがあります。
しかし、アルコール以外に、
日本酒に多く含まれるアデノシンやアセトアルデヒド、
酢酸にも血管拡張作用があり、
これが長く続くと血管が炎症を起こし
二日酔いの症状であるズキズキとした頭痛の原因となります。

ズキズキ頭痛の治し方

血管を収縮させることが一番です。

血管収縮作用の代表はコーヒーなどカフェインです。
牛乳に含まれるセントロニンにも
血管を収縮する作用があるのでオススメです。

しかし、即効性ということでは十分とは言えません。

すぐに、ズキズキ頭痛を治したい場合は
頭痛薬の方がよいでしょう。

ズキズキ頭痛に効果
・コーヒー
・牛乳
・頭痛薬

脱水が原因の二日酔い

主な症状~頭痛、だるさ、吐き気、食欲不振

二日酔いで最も多いのが
この脱水を原因とする各種症状です。

脱水症状は頭痛、
だるさなどの身体疲労、吐き気、
食欲不振などの様々な症状を引き起こします。

アルコールには利尿作用があるため、
飲酒により摂取した水分以上の水分が失われます。

例えば、ビール500mlを飲むと1L近く水分が失われます
これは、アルコール度数が高くなればなるほど
水分が失われる割合が高くなります。

脱水症状が原因の二日酔いの治し方

脱水タイプの二日酔いに有効なのが
スポーツドリンクです。

排尿で失われたナトリウムやカリウムの補給をして、
人体に近い浸透圧により吸収が早いので効果的です。

二日酔いには、味噌汁がいいと昔から言われているように
お味噌汁も水分補給と失われた栄養補給に優れています。

アルコールの分解を早める
しじみや魚介類を入れたお味噌汁が良いでしょう。

脱水症状に効果
・スポーツドリンク
・味噌汁
・お茶

低血糖症が原因の二日酔い

主な症状~頭痛、だるさ、筋肉痛

アルコールは全て肝臓で処理されます。

アルコールを分解している間、
肝臓はアルコールの分解を優先させ、
他の働きを休ませてしまいます。

肝臓は糖分を貯蔵ししているのですが
貯蔵量が多くても、8時間程度しかない為
アルコールの分解だけに肝臓が使われると
糖分が不足してしまいます。

特に、グリコーゲンの不足が原因で
二日酔いが起こります。

このため、
頭痛やだるさ、筋肉痛といった二日酔いが起こります。

低血糖症が原因の二日酔いの治し方

糖分を素早く補給、吸収するにはショ糖よりも果糖の方が優れています。

果実のフレッシュジュースは低血糖の治療には非常に優れています。

ただし、酸性のりんごジュースは避け
オレンジジュースやレモンを絞ったものが良いでしょう。

食品ではコーンフレークなど炭水化物を多く含むものが効果的です。

低血糖症に効果
・オレンジジュース
・スポーツドリンク
・コーンフレーク
・柿

スポンサードリンク

アセトアルデヒドが原因の二日酔い

主な症状~頭痛、だるさ、吐き気、疲労

二日酔いの原因は
脱水症状とアセトアルデヒドが最も多いとされています。

アセトアルデヒドは
肝臓によるアルコールの分解過程で生じる物質です。

特に日本人は
アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性や分泌が弱いため
アセトアルデヒドが体内に残り二日酔いになることが多いです。

アセトアルデヒドが原因の二日酔いの治し方

アセトアルデヒドの解毒には
シジミやヒマワリの種、ゴマなどがよいとされています。

アセトアルデヒドに効果
・シジミ
・ヒマワリの種
・ゴマ

胃の塩酸分泌が原因の二日酔い

主な症状~吐き気、食欲不振、下痢

アルコールは胃酸の分泌を促し、
胃酸過多の状態を引き起こします。

この胃酸過多による塩酸は
吐き気や食欲不振、
下痢といった二日酔いの症状を引き起こします。

胃の塩酸過多が原因の二日酔いの治し方

古くから船酔いの民間療法として効果があり、
現在でも多く利用されているのがしょうがと梅干しです。

しょうがは擦ってしょうが汁にしたり、
スープに入れて食べるといいでしょう。

・しょうが
・大根おろし
・梅干し

酸素不足が原因の二日酔い

主な症状~頭痛、疲労、だるさ

以外に思うかもしれませんが、
酸素欠乏も二日酔いの頭痛と
体のだるさの原因となることがあります。

メタノールが原因の二日酔い

主な症状~頭痛、だるさ、吐き気、体の痛み

ウィスキー、テキーラ、ブランデーなどを飲むと
いつもとは異なる二日酔いになることがあります。

いつもの二日酔いと違っていたら
メタノールが原因かもしれません。

二日酔いの予防になる食べ物

・柿
果物の中でも果糖を多く含んでいるので
肝臓の代謝機能を高めてくれる

干し柿でも生の柿でも効果あり

・ニンニク
アルコール分解に必要なビタミンBを含む

・梅干し
クエン酸効果で疲労回復に効果

・牛乳
脂肪分が胃壁に膜を作ってアルコールの吸収を緩和する

・チーズ
牛乳同様に、胃壁に膜を作る

・ウコン
クルクミンは、アルコールの分解を促進

・納豆

・枝豆

・豆腐

・鶏肉

・大根

・アサリ

これらの食べ物は二日酔いの原因となる
アセトアルデヒドの分解を促進して
アルコールの処理能力を高めてくれます。

これらのものを食べながら、
ゆっくり飲むのが二日酔い予防になります。

二日酔いしにくいお酒

二日酔いをする人としない人とは
体質も違っていますので、
一概には言われませんが、

二日酔いしやすいお酒と
しにくいお酒を知っておくとよいでしょう。

二日酔いしにくいお酒~焼酎・ウォッカ・ジン・白ワインなどの色のついていないお酒です。

二日酔いしやすいお酒~ブランデー・赤ワインなど色のついているお酒です。

純粋なエタノールは二日酔いしにくいようです。

逆に、赤ワインなどポリフェノールの方が二日酔いしやすようです。

まとめ

お酒は楽しく飲むのが一番です。

お酒を飲む際は、
度数の強いお酒から弱いお酒へと
順番に飲んだ方が二日酔いになりにくいですし
ゆっくり飲むことが大切です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする