喪中と忌中の違いは?期間の違い、忌引き日数、控えること

「忌中」と「喪中」という言葉は、
似ているようで意味は異なります。

それぞれどのように過ごすものでしょうか。
ここでは、

・喪中・忌中の違い

・喪に服す期間について

・忌引きの日数について

・喪中・忌中の期間やってはいけない事

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

忌中・喪中の意味

忌中・喪中とは、
大切なご家族など近親者が亡くなったときに、
残された遺族は葬儀が
終わってから一定の期間、
身を慎んで喪に服すものです。

この「喪に服す」の意味ですが、

亡くなった人の近親者が、
一定期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むようにする

という意味になります。

忌中と喪中の違いとは

葬儀が終わり、
残された遺族が喪に服す期間のことを服喪期間と言いますが、
この服喪期間は大きく2つ「忌中」と「喪中」に分けられます。
忌中とは
仕事などの外出を控え殺生をせず、
神社にも参拝してはいけないとされている期間です。

この期間を過ぎると忌明けとなります。

日本では古くから死を恐れ、
これを穢れであるとする考え方があり、
死者の出た家から
穢れを他の家や祝いの場に持ち込んではいけないという理由からです。

これはもともと、
神道に由来する考え方といわれていますが、
今では多くの人に広まっている考え方です。

現在では四十九日法要までの間とすることが一般的です。
喪中とは
故人の死を偲び、
冥福を祈る期間であるとされています。

かつてはこの期間は、
遺族は喪服を着て慎ましく過ごしていたといわれています。

儒教に由来する考え方といわれていますが、
やはりこちらも今では多くの人に
広まっている考え方といってよいでしょう。

現在では一周忌までの間とすることが一般的です。

喪に服す期間について

現在では喪中や忌中の期間の目安として、

明治時代に定められた「太政官布告」という法律が使われています。

これによると以下のように定められています。
父母
(忌日数) 50日   (服喪日数)13ヶ月

義父母
(忌日数) 30日   (服喪日数) 150日


(忌日数) 50日   (服喪日数) 13ヶ月


(忌日数) 20日   (服喪日数) 90日

嫡子(息子)
(忌日数) 20日   (服喪日数) 90日

その他の子(娘)
(忌日数) 10日   (服喪日数) 90日

養子
(忌日数) 10日   (服喪日数) 30日

兄弟・姉妹
(忌日数) 20日   (服喪日数) 90日

祖父母(父方)
(忌日数) 30日   (服喪日数) 150日

祖父母(母方)
(忌日数) 30日   (服喪日数) 90日

おじ・おば
(忌日数) 20日   (服喪日数) 90日

スポンサードリンク

夫の父母
(忌日数) 30日   (服喪日数) 150日

妻の父母
(忌日数) なし   (服喪日数) なし

曽祖父母
(忌日数) 20日   (服喪日数) 90日

忌引きの日数について

忌中は、遺族は身を慎み、
外出を控えなければならず、
その間は忌引きをして仕事や学校などを休む必要が出てきます。

忌引きで休みを取る日数にも目安があります。

それは官公庁服務規程の中で定められている忌引き期間です。

【配偶者】

10日間

【血族】
父母
7日間

子供
5日間

祖父母
3日間

兄弟・姉妹
3日間


1日間

おじ・おば
1日間

【姻族】
配偶者の父母
3日間

配偶者の祖父母
1日間

配偶者の兄弟・姉妹
1日間
忌引きは家族などの近親者が亡くなった翌日から計算します。

忌中・喪中で控えないといけないこと

喪中の結婚や入籍は控えましょう。

また、
結婚式など、お祝いの場への出席も控えなければいけません。
忌明け(四十九日)していれば、
出席しても良いと考えられているようです。

神社へのお参りは控える

神式では親等ごとに忌明けのランクがあり、
最長で五十日です。

この忌中の間は神社の祭りなども控えます。

正月飾り

喪中ということは、
近親者が亡くなっているため、
無事に1年を迎えることができなかったということになります。

ですから、これを祝うための門松やしめ縄、
鏡餅などの正月飾りは控えるようにします。

おせち料理

おせち料理もお祝いの料理となるので、
四十九日前の忌中の間は控えたほうがよいでしょう。

おせち料理であっても、
普通の料理として食べるなら大丈夫です。

お年玉

子供たちにあげるお年玉についてですが、
これも歳神様に由来するものですので、
控えたほうがよいでしょう。

しかし、普通のおこずかいとしてあげるには問題がないので、
子ども達には、そのようにしてあげたほうがいいでしょう。

年賀状

喪中の間は
年賀状を送ることも控えたほうがよいでしょう。

1年以内の間に近親者が亡くなった場合は、
喪中・年賀欠礼状(喪中はがき)を出して年賀状の交換を辞退するのが一般的です。

まとめ

「忌中」の間は控えることが有りますが
昔は、外出もままななかったくらい
しきたりを重んじていた家もあったようです。

「喪中」は年末年始の挨拶を控えなければいけませんから
年賀失礼状の準備も必要になってきます。
地域の慣習や
親戚などのお付き合いなどを考慮して
家族で対応しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする