お彼岸の意味は?いつ?お墓参りとお供え物

お彼岸には、お墓参りをする人は多いと思います。
では、お彼岸にはどのような意味があるのでしょう。

お彼岸には墓参りをするものと
漠然と思っているだけの人もいるのではないでしょうか。

また、お彼岸の頃になると、
「暑さ寒さも彼岸まで」と聞く機会がありますが

どのような意味があるのでしょう。

ここでは、
お彼岸のいろいろをまとめてみました。

スポンサードリンク

春や秋のお彼岸いつ?期間は?

お彼岸は、3月と9月の年2回あり、
春の彼岸を「彼岸」「春彼岸」と呼ぶのに対し、
秋の彼岸を「のちの彼岸」「秋彼岸」といわれています。

春分の日、
秋分の日を中日として、
その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。

2016年のお彼岸

【 春彼岸 】

3月17日:彼岸入り

3月20日:彼岸の中日(=春分の日。祝日)

3月23日:彼岸明け

【 秋彼岸 】

9月19日:彼岸入り

9月22日:彼岸の中日(=秋分の日。祝日)

9月25日:彼岸明け

お彼岸は、「春分の日」「秋分の日」を中日として、
前後7日間の事をいいます

お彼岸は、家族でお墓参りというのがよろしいかと思います。
中日にお墓参りをされる人が一番多いと言われています。
お寺で行われる、
彼岸会・お彼岸法要に参加して
先祖供養をするのもよいでしょう。

春分の日・秋分の日の意味


春分の日は「自然を讃え、生物を慈しむ」とあり、
秋分の日には「先祖を敬い、亡くなった人を忍ぶ」とあります。

お彼岸にお墓参りをする文化には、
「生かされていることへの感謝」
「ご先祖様への感謝」をする節目

日本独自の価値観がそこに見られます。

なぜお彼岸にお墓参りをするの?


太陽が真西に沈むとき、
彼岸と此岸が最も通じやすくなると考えました。

春分と秋分は太陽が真東から昇って真西に沈み、
昼と夜の長さがほぼ同じになる日ですが、
お彼岸にお墓参りに行く風習は、
この太陽に関係しています。
仏教では、
生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、
その反対側の私たちがいる迷いや
煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。
そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、
太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、
彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、
先祖供養をするようになりました。

なぜ「暑さ寒さも彼岸まで」というの?


春分と秋分に昼と夜の長さがほぼ同じになり、
春分以降は昼が長く、
秋分以降は秋の夜長に向かいます。
春分は春(立春~立夏の前日)の折り返し地点で
春分の日以降、昼が長くなって寒さが和らぎ暖かくなる

秋分は秋(立秋~立冬の前日)の折り返し地点で
秋分の日以降、昼が短くなって暑さが和らぎ涼しくなる

スポンサードリンク

しかし、昼と夜の長さが同じだからといって、
春分と秋分の気候が同じになるわけではありません。

暑さの名残で秋分のほうが10度以上も気温が高いのですが、
厳しい残暑や寒さも目処がつくため、
「暑さ寒さも彼岸まで」というようになりました。

お彼岸はぼたもち?おはぎ?


春は「牡丹餅」、

牡丹餅

秋は「御萩」

おはぎ

春彼岸と秋彼岸にあわせて、このように変わります。

呼び名

春に咲く牡丹の花にちなみ、春は「ぼたもち」といい、
「牡丹餅」と書きます。

牡丹
秋は萩の花にちなんで「おはぎ」といい、
「御萩」と書きます。

萩

形の違い

牡丹は大きくて丸い花、萩は小さくてやや細長い花。

「ぼたもち」は大きめで丸い形に、
「おはぎ」は小ぶりで俵の形に作ります。

あんの違い

材料となる小豆は秋に収穫されます。
とれたての小豆が使える秋は、
皮ごと使った粒あんにします。

冬を越した春は、かたくなった皮を取って
こしあんにして使っていました。
「ぼたもち」はこしあん、
「おはぎ」は粒あんを使って作ります。
現在は、こうした違いにこだわらないものが多くなりましたが、
本来は春と秋で区別していたわけです。

おもちは五穀豊穣、
小豆は魔除けと、昔から言われていたもので、
日本の行事に欠かせないものです。

また、今と違って昔は甘いものが貴重だったため、
ぼたもちといえばご馳走で、
大切なお客様、お祝い、寄り合いなどでふるまわれ、
法要の際にも必ずお供えしていました。

お彼岸にぼたもちが定着したのもそのためといわれています。

まとめ

お彼岸には、家族そろってお墓参りに行って

「生かされていることへの感謝」

「ご先祖様への感謝」の気持ちを込めてお参りしてきましょう。

スポンサードリンク