プチギフトの意味、由来とは?アイテムと相場、添えるメッセージは?

結婚式・披露宴で新郎・新婦がお客様をお見送りの際に配る「プチギフト」!今は、贈るのが当たり前のようになっています。お菓子や小物など、新郎・新婦がアイデアを凝らして準備したものも多いようです。
この「プチギフト」の由来や贈り物のアイテムや相場をまとめてみました。

プチギフトの意味、由来とは?

プチギフトは、結婚式・披露宴に来てもらったお客様一人一人に、感謝の気持ちを込めて手渡しをする小さなプレゼントです。

プチギフトの由来は、箸には、幸せお橋(橋)渡し」紅茶には「幸茶(幸せのお茶)」扇子には「末広がり」スプーンには「幸せをすくい取る」
クッキーにはフルーツやナッツを加えて「収穫・繁栄・豊潤」などの由来があります。

そして、定番となっているのが「ドラジェ」です。「ドラジェ」とは、アーモンドにチョコがコーティングしてあるお菓子のことです。
「幸せ」「子孫繁栄」「健康」「富」「長寿」を意味する5粒を包んで贈るのが一般的になっています。

プチギフトのアイテムと相場は?

結婚式のプチギフトの相場は、¥200~¥500となっています。

スポンサードリンク

別に、引き出物が用意されていますから、ほんの気持ち程度ということになります。
¥300前後がプチアイテムお相場と考えればいいでしょう。

プチギフトは、引き出物と違い、一般的には自分たちの両親以外、全員に配ります。ですから、披露宴に来られるお客様の人数分、準備が必要になります。

プチギフトに添えるメッセージとは?

プチギフトにメッセージを添えるなら、プチギフト自体が小さいものになるでしょうから、たくさんの文字はメッセージとして入れるのは難しくなります。感謝を込めて短いメッセージにしましょう。

・本日は、ありがとうございました。
・お忙しいところ、ありがとうございました。
・とても良い結婚式になりました

などのメッセージで感謝の気持ちを伝えましょう。

まとめ

プチギフトは、披露宴に来ていただいたお客様、全員に喜ばれることが大切です。子供からご年配の方まで万人受けするものを選びましょう。その際に、感謝の気持ちを込めてメッセージを添えてあげましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする