今年の年賀はがきは来年のはがきと交換できるの?手数料は?交換できる期間は?

毎年書いている年賀状、あなたは書き損じたはがきを捨てたりしていませんか?
1文字間違っただけで、はがきを捨ててしまう人って意外に多いんです。
そして、毎年余ってしまう年賀はがきも、ただ、捨ててしまうのはもったいないですよ。そんなもったいない年賀はがきの再利用の方法を教えます。

未使用や書き損じの年賀はがきは来年の年賀はがきに交換できるの?

残念ですが、今年用の年賀はがきから来年用の年賀はがきへの交換はできません。

今年の年賀はがきは郵便商品と交換することができます。

・通常郵便切手 (お祝い・お悔やみ用を含む)
・通常郵便はがき
・通常往復はがき
・くじのついていない郵便はがき
・郵便往復はがき
・簡易書簡(ミニレター)
・特定封筒

が、それにあたります。

年賀はがきを交換するには手数料はどのくらいかかるの?

年賀はがきを交換するには、はがき1枚につき5円かかります。
交換手数料5円で、はがきや切手に交換できます。

例えば

未使用の年賀はがき(52円)は、未使用の年賀はがき + 手数料5円=52円切手に交換可能ということです。

住所を1文字間違えただけの書き損じのはがきや、裏面だけ印刷されたはがきは未使用の物、ポストに投函前、郵送していないものなら、手数料を払えば交換できます。

今年の年賀はがき交換はいつまで?

年賀はがき等の無料交換については、今年の年賀はがきの販売期間だけになります。

ただし、身内の不幸があって、急に年賀はがきを使用出来なくなった場合、お年玉付き年賀はがき・寄付金付きお年玉付き年賀郵便切手については、無料で通常切手や通常はがきと交換できます。

まとめ

今まで書き損じや未使用のまま眠っていた年賀はがきが、手数料はかかりますが、切手やはがきに交換できるのはラッキーな気分になりますよね。手数料さえ、もったいないなら、年賀はがきを懸賞用として使用するのが一番です。
年賀状以外、はがきや切手は使う機会がないなら、買った値段よりはずーっと安くなりますが金券ショップで換金するのが一番です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする