インフルエンザの初期症状、潜伏期間は?感染経路は?

風邪のように発熱やのどの痛みの症状が出るインフルエンザ。

幼児や高齢者がかかると
重症化する可能性もあるので
インフルエンザの流行期には注意が必要です。

インフルエンザの症状でよくあるのが、
風邪と区別がつきにくいということです。

風邪と症状が似ているため、
インフルエンザかな?

と、迷ってしまうこともあります。

ここでは、

・インフルエンザの初期症状

・インフルエンザの潜伏期間

・インフルエンザの感染経路

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

インフルエンザの初期症状

インフルエンザは次のような症状が特徴です。

・38℃を越える高熱がある
・寒気・震え
・倦怠感
・関節痛・筋肉痛
・頭痛
・喉の痛み
・咳(起こらない場合もある)
・鼻水
・くしゃみ
・悪寒
・吐き気
・下痢
・呼吸困難

これだけでは、
風邪と同じような症状なので
インフルエンザとは判断が難しい場合があります。

インフルエンザと判断できる
最重要ポイントは次の3つです。

1. 38℃以上の高熱・悪寒

風邪の場合、だんだん熱が高くなりますが、
インフルエンザの場合“急に”38度を超える高熱が出ます。

2. 急な発症(前触れもなく発症)

風邪の時よりも急に全身の症状、
熱、痛み、だるさ、筋肉痛が現れます。

3. インフルエンザの流行期・周囲で流行っている

この症状にプラスアルファ、
以下の症状があればインフルエンザを疑います。

・頭痛
・関節痛
・筋肉痛
・食欲不振
・全身倦怠感、疲労感
・ふらつき

遅れて、
・のどの痛み
・咳
・鼻水
・くしゃみ

などの症状が現れる場合があります。

これらは、あくまでも症状の参考になるものです。

インフルエンザでも、高熱が出ない症例も報告されています。

スポンサードリンク

疑わしい時は、医師の診察・検査を受けるのが大切です。

インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザは、
潜伏期間でも感染します。

症状が出ていなくても
他の人に感染させている恐れがあるということです。

インフルエンザの潜伏期間は

一般的には、1日~3日

長い場合は、5日~7日程度

と言われていますので、

仮に、あなたが、インフルエンザに感染した友人が
インフルエンザを発症する前、1週間の間に接触していたなら、
あなたも感染している可能性があるということなのです。

体内に侵入したウイルスは、
気道や肺に付着して20分ほどで細胞内に到達。

その後、ウイルスの増殖はかなり速く、
侵入した1つのウイルスが8時間後には100個、
16時間後には1万個、
24時間後には100万個にまで増えていきます。

この速さが、
インフルエンザの流行を生んでいると言われています。

インフルエンザの感染経路

インフルエンザは、
どのような経路で感染していくのでしょうか?

・咳・唾などの飛沫感染
・空気感染
・接触感染

飛沫感染が強力な感染経路なので
感染しない対策として

マスクをしましょう。

マスクをしているからと言って安心はできません。

空気感染や接触感染などの可能性もあるので注意が必要です。

インフルエンザに感染した家族がいる場合は
接触感染によって感染する場合があるので

ドアノブもアルコールで拭くなどして
二次感染を防ぎましょう。

まとめ

インフルエンザに感染しないように
普段から予防するように心がけましょう。

具体的には、

・うがい
・手洗い
・マスク
・乾燥を防ぐ
・予防接種
・換気
・免疫力を高める

などです。

高齢者・幼児・乳児・受験生がいる家庭では
家族全員でインフルエンザにかんせしないように気をつけましょう。

スポンサードリンク