一人暮らしの暖房器具の選び方。購入前の注意点とは?

一人暮らしを始める人は、
これから住む部屋の広さや
住む地域によって、暖房器具を選ぶことが大事です。

部屋には、既に、エアコンが付いている部屋が多いですが、
住む地域によっては、

冬には、暖房器具を準備する必要な地域もあります。

ここでは、

・一人暮らしの暖房器具の選び方

・暖房器具を購入する前に注意すること

についてまとめてみました。

一人暮らしの暖房器具の選び方

暖房器具の代表と言えばエアコンです。

既に、部屋に取り付けられているという
アパートやマンションも多くあります。

夏も冬もエアコンだけで十分、快適に過ごせる部屋もありますが、

冬にエアコンだけじゃ寒くてダメ!

エアコンは電気代が高くなるのでダメ!

というときは、

暖房器具をエアコン以外のものに代えることをオススメします。

エアコン以外の暖房器具に代えたほうがいいという目安は、

・エアコンを使った期間と使っていない期間の電気代が極端に違う場合

・部屋にいる時間が短いのに、電気代が高い場合。

このような場合は、他の暖房器具と併用して、
部屋を効率よく暖め、
電気代を抑える為の工夫が必要です。

どんな暖房器具があるの?

暖房器具には、部屋全体を温めるものと
部分的に暖めるものがあります。

部屋全体を暖める暖房器具

・エアコン

・石油ファンヒーター

・ガスファンヒーター

・オイルヒーター

部屋の一部や身体の一部を暖める暖房器具

・ハロゲンヒーター

・カーボンヒーター

・セラミックヒーター

・パネルヒーター

・こたつ

・ホットカーペット

それぞれの特徴

・エアコン

※ 最新式のエアコンは省エネですが、旧式のエアコンは消費電力が大きく電気代の負担が大きくなる場合がある。エアコンを使用した場合の電気代は、月7000円~になる。

※ 乾燥しやすい

※ 夏・冬使える

※ 最初から部屋に設置されている場合は、購入しなくてもいいので経済的には嬉しい。

※ 頭は暖かいが、足元が冷える。

・石油ファンヒーター

※ すぐに暖まる

※ 石油の価格の変動が大きい。

※ 賃貸住宅で使用禁止のアパート・マンションがある。

・ガスファンヒーター

※ すぐに暖まる

※ 賃貸住宅で使用禁止の所がある。

※ 専用のガス栓がないと設置できない

・オイルヒーター

※ 音が静か

※ 空気がきれい

※ 寒冷地では暖かさが足りない

※ 電気代が高くなる場合がある

暖房器具購入の前に注意したいこと

・灯油やガスを使うなら、契約書をチェック

暖房器具を使うときにタコ足配線はとっても危険。
絶対にやめましょう!

賃貸住宅の場合、
契約上灯油やガスの使用が禁止されていることがあります。

まずは契約書をよく確認しましょう。

・契約アンペア数をチェック

熱を発する暖房器具は、
電化製品の中でも消費電力が大きいものが多いので、
電気容量が足りるかを確認しましょう。

自分の部屋の契約アンペア数を知るためには、
毎月電力会社から届く検針票を確認します。

アンペア数を変更したい場合は、
電力会社に連絡をしますが、
建物の設備の状況によっては、
上げられない場合もあります。

大家さん、もしくは不動産会社に相談してみましょう。
ただし、契約アンペア数を上げれば、基本料金も上がります。

・コンセントの位置をチェック

一人暮らしの部屋では、
コンセントの数が少ないこともあります。

消費電力が高い暖房器具のような家電を、
延長コードで無理やり伸ばしたり、
タコ足配線でつなぐのは危険です。

使いたい場所にコンセントがあるか、
確認をしてから購入しましょう。

まとめ

暖房を購入する前には、

「部屋全体を暖めたいのか」

「部屋や身体の一部だけ暖まればいいのか」を確認しましょう。

必要な場所に適切な暖房を備えれば、
節約につながったり、
暮らしの快適さがアップするでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする