妊婦はお葬式に出てもいいの?マナーは?妊婦にまつわる言い伝えとは?

妊娠中、どうしても葬儀に参列しなければいけない場面に遭遇することがあります。また、妊婦さんにまつわる言い伝えやメ迷信も聞くことがあります。ここでは、妊婦が葬式に参列する場合のマナー・注意すべき点をご紹介します。

妊婦は葬式に出てもいいの?

妊婦さんが葬儀に参列することは問題がないことです。しかし、妊婦さんは普段より体調に十分に注意が必要になります。つわりがあったり、お腹がはる時は葬儀への参列を見送ったほうがよいでしょう。無理に参列することによって、体に負担をかけるばかりか周りの人へも迷惑や心配をかけてしまわぬよう注意しましょう。かかりつけの産婦人科の先生に相談して判断してもいいでしょう。

妊婦が葬式に出るときのマナー

お腹が目立たない時期であれば、普通の喪服を着てもかまいませんが、お腹が大きい妊婦さんは、無理に喪服を着用しなくても、黒の落ち着いた洋服であれば大丈夫です。なるべく、お腹の締め付けのないゆったりとした洋服を着用しましょう。マタニティ用の喪服も販売されていますし、レンタルできるところもあるので利用してみてもいいかもしれません。
遠方の葬儀に参列する場合は、あらかじめかかりつけの産婦人科医に相談し、移動の際も無理のないスケジュールを組みましょう。母子手帳と保険証も忘れずに携帯してください。

スポンサードリンク

妊婦にまつわる言い伝え

妊婦にまつわる言い伝えで、妊婦が葬儀に出席すると黒いあざ・火事を見ると赤いあざの赤ちゃんが産まれるというのがあります。また、妊婦が葬儀に出席すると悪い霊が入ってしまうという言い伝えがあります。いずれも迷信ですが、年配者の多い地域では、言い伝えを教訓としているところも多いので、妊娠中に葬儀に参列しなければいけない場合は、鏡をお腹に入れて参列するという習わしとなっています。昔から、鏡には強い魔力があると信じられていました。鏡面を外側にしてお腹に入れておけば、赤ちゃんを連れて行こうとする霊を跳ね返せると考えられていたようです。 昔は、さらしの腹帯に挟み込んでいましたが、今は、鏡面を外側にしてポケットに入れておく妊婦さんが多いです。鏡をお腹に入れておけば、自分も周りの人も精神的に安心できるというものです。

まとめ

葬儀の際は、座りっぱなし、立ちっぱなしというのもよくあることですが、妊婦さんはお腹の赤ちゃんのことを第一に考えて、無理をせずに、体調が悪くなったら、別室で休憩させてもらうなどしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする