受験のホテル選びのポイント!実録!アクセス・部屋・食事

受験ホテル

多くの大学は受験するには
宿泊がつきものです。

地方から都市部の大学
都市部から地方の大学など、

受験シーズン、
大学の近くのホテルや旅館は
受験生でいっぱいになります。

受験だけでも不安になってくるのに
宿泊が伴う受験は更に不安を募らせてしまいがちです。

ここでは、
受験の為のホテルや旅館を選ぶ際に

気をつけなければいけない
ポイントについてまとめてみました。

スポンサードリンク

予約をする

受験校が決まったら
一番にしなければ行けないのが

新幹線・飛行機などの交通機関の予約

宿泊するホテル・旅館などの予約です。

受験シーズンは、
あっという間に予約で埋まってしまう場合もありますから

受験校が決定したら一番に
宿泊先・交通機関の予約をしましょう。

宿泊先は、

・自分でネットで選ぶ
・旅行代理店の受験プランを利用
・大学のリストアップホテルを利用

など、相談してみるといいでしょう。

実際に宿泊を伴った受験を経験済みですが、

地方の国立大学の場合、
願書に、大学周辺のホテル情報が入っていましたので
利用しました。

痛感したのは、
速さが勝負だということです。

あっという間に、
大学に近いホテルから
予約でいっぱいになっていきました。

交通機関の予約も早目にしましょう。

観光地などが近い場合、
観光客で新幹線や飛行機が満席の場合もあります。

また、季節柄
悪天候で交通機関が乱れる場合も
予想しておかなければいけません。

このような場合も考えると
受験日の2日前に到着するのが理想です。

宿泊施設選びのポイント

1.受験会場に近い宿泊施設

出来れば、受験会場まで徒歩でいけるところが理想ですが、
あまり乗り換えがなく、
電車やバスだけで受験会場に移動できる宿泊施設を選びましょう。

当日の、天候や交通機関のトラブル
朝のラッシュや乗り換えの混雑はストレスになりますから

なるべく、近くの宿泊施設を予約しましょう。
近くの宿泊施設が予約でいっぱいになってしまっていた場合は

乗り換えが少なく、受験会場に行けるルートから
探すことをオススメします。

ホテルによっては、
受験会場まで直行のバスを出してくれるので

フロントに言っておけば、
当日はスムーズに受験会場に入れます。

2.落ち着ける宿泊施設かどうか。

HPやパンフレットで周辺の環境をチェックしましょう。

リラックスして時間を過ごせる場所なのか
繁華街が近くにあって
にぎやかな場所にあるのかでも

受験生にとっては重要なポイントになります。

繁華街に近い立地条件の宿泊施設は
受験生にとって迷惑そのものです。

直前まで、勉強したい人、
睡眠をとりたい人は、

予め、HPや口コミ情報などで確認してから
予約をしましょう。

3.部屋が受験生仕様になっているかどうか?

ビジネスホテルの場合、
部屋に机やスタンドがない場合がありますので

宿泊施設に確認してから予約しましょう。

受験シーズンになると
部屋にスタンドと机を準備してくれる宿泊施設もありますから
問い合わせてくださいね。

スポンサードリンク

利用したホテルでは、
受験後までホテルで荷物を
預かってくれるサービスをしていたので

受験会場に大きな荷物を
もっていかずに済みました。

利用しませんでしたが
モーニングコールのサービスもありました。

部屋についていた目覚まし時計の
アラームで十分でした。

4.部屋の乾燥対策はどうか?

受験生にとって風邪は大敵です。

ホテルは空気が乾燥していることが多く
朝起きたら、のどが痛いといったことも考えられます。

部屋に加湿器を備え付けている宿泊施設もありますし
加湿器を貸してくれる所もありますから、

遠慮しないで聞いてみましょう。

加湿器がない場合は、

濡らしておいたタオルを軽く縛って
部屋にかけておくだけでも
乾燥から粘膜を守ってくれます。

4.食事付きか食事なしを選べるか?

ホテルによっては食事付きがありますので、
外出したくない人は
利用してみてもいいかもしれません。

経験からですが、
ホテルの食事なしのプランを選びました

理由は、
地方の国立大学の受験だったのでが

ホテルの宿泊者は
同じ大学を受験する人ばかりだったので

食事中に一緒になると
チラチラ見てしまって落ち着かないと思ったからです。

朝食付きのプランも、
同じ理由からやめましたが、

ホテル近くのコンビニで
軽めの朝食を準備しました。

受験中の食事についてですが

夜は、自分の食欲と体調に合わせて、
近くで外食もしくはテイクアウト。

朝食は、軽めに食べたかったので
近くのコンビニで調達。

受験日の昼食は、予約でしたがホテルでお弁当を作って
持たせてくれるところもあり。

実際は、要予約の大学の食堂で作った

「合格弁当」を予約して食べました。

お昼休みに、食堂に行って
係員に、お弁当と温かいお茶を渡された時はホッとしました。

合格弁当のご利益はありましたよ♪

受験生がしておくべきポイント

下見

受験会場は、必ず下見しておきましょう。

ポイントは、当日と同じルート・同じ交通機関ですることです。

下見しておくと、
朝のラッシュ状況も確認できます。

初めての場所なら、
当日、道に迷ったり、電車の時刻・バス時間、

運賃、目的地までの所要時間を確認することで
不安材料がなくなります。

当日は、迷子になって試験時間に遅刻することのないように
念入りにチェックしておきましょう。

その他のチェック事項

・受験票で、受験日・受験場所の確認

・昼食や飲み物の用意
(自販機の売り切れやコンビニが近くにない場合)

・小銭の準備

・会場の寒さ対策
(脱ぎ着しやすい服装で)

・休憩時間にチョコや飴を食べて脳の栄養補給

・トイレの場所の確認

・時間に余裕をもって行動する

まとめ

受験のホテル・宿泊施設の選び方を
まとめてきましたが、

ただでさえ緊張する受験です。

この上、慣れない宿泊でストレスにならないように
リラックスできるホテルを選びたいものです。

経験からですが、

受験会場から近くて
宿泊費の平均的な部屋から予約が入っていきます。

極端に安いホテルや高いホテルは敬遠される傾向にあります。

次に、少し離れた平均的な価格のホテル

近くの高いホテル

遠い平均的なホテル

という順に、予約が入っていきました。

すべてがこのように予約が入るとは限りませんが、
宿泊施設を探す際の参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする