バレンタイン職場の義理チョコどうする?予算は?メッセージは?

バレンタインデーが近づくと
毎年、職場での義理チョコはどうするか?
悩んでしまいますよね。

チョコをあげる?それとも、あげない?

予算はどのくらい?

職場の誰まであげる?

職場の義理チョコをどうするかで
頭の痛い思いをしている女性も多いのではないでしょうか?

ここでは、

・義理チョコの予算は?
・義理チョコの職場での上手な渡し方
・義理チョコに添えるメッセージは?

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

義理チョコの予算は?

一般的な、職場での義理チョコ事情は
職場の同僚や上司には

8割以上の女性が
義理チョコを渡しているデータがあります。

そして、最近多くなった
友チョコならぬ
職場の女性同士でチョコの交換も
増えています。

本命の彼へのチョコやプレゼント

自分へのご褒美のチョコも
購入予定だという方は

義理チョコには
あまり予算を割きたくないのが
現状のようです。

では、一般的な義理チョコの相場は
どのくらいなのでしょう?

※ 500円から1000円  40%

※ 100円から500円未満   40%

500円が相場というところになります

逆に、男性社員に
ホワイトデーのお返しで
気を使わせたくない場合は

義理チョコの単価を
下げるというのもあります。

義理チョコの職場での上手な渡し方

感謝

義理チョコを勘違いして
受け取ってしまう男性もいますので

義理チョコを渡す時は
次の事に注意しましょう。

注1. 二人きりの時に渡してはいけません。

   自分に気があると勘違いされてしまう可能性大です!
   他に女性がいる職場なら、みんなで渡しましょう。

注2. メッセージカードに注意しましょう。

   男性が勘違いするような、ハートのメッセージカードや
   勘違いするようなメッセージを添えてはいけません。
   明るく、さわやかに渡しましょう。

注3. 義理チョコを同じものにする

   自分だけ、他の人とチョコが違ったりするだけで
   自分は特別かも…なんて勘違いされてしまう可能性もあります。
   同じチョコがなかったら、似たようなチョコ、同じ価格で統一しましょう。

スポンサードリンク

注4. 安くても、小さくても、気持ちですから堂々と渡してOK!

   
  ホワイトデーのお返しに気遣いのないように、安いチョコにしました…
  くらいの気持ちで渡しましょう。職場の潤滑油ですよ。

チョコを渡す時に注意する事

職場で義理チョコを渡す時に
注意しなければならないことがいくつかあります。

1. 健康上、チョコレートを食べられない人

2. 甘いものが食べられない人

3. 既婚者で、チョコを持ち帰れない人

このような場合、
義理チョコを渡す場合、

「奥様にどうぞ」と渡してください。

メッセージカードに言葉を添えてあげるのもいいでしょう。

チョコレートがNGなら、
クッキーやおせんべい
マカロン…etc

渡す前にリサーチしてみてください。

義理チョコに添えるメッセージは?

職場の義理チョコに添えるメッセージは
日頃の感謝の気持ちを伝えましょう

たとえ、本音ではなくても
感謝の言葉をもらうと嬉しいものです。

メッセージは、第三者が見ても
誤解されないものにしましょう。

特に、既婚者に渡す場合は
奥様に誤解されないように
注意しましょう。

メッセージカードは、
ハートや可愛いカードはNGです。

シンプルなメッセージカードを
選びます。

封筒には入れずに、
すぐに読めるカードにしましょう。

メッセージの例文

メッセージ例文
・いつも御世話になっています。
これからも、ご指導をよろしくお願いします。
ささやかですが、感謝の気持ちです。

・いつもご指導ありがとうございます。
感謝しています。
これからもよろしくお願いします。

・いつもありがとうございます。
ささやかですが感謝の気持ちです。

・いつもお気使いありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

・いつも遅くまでお疲れ様です

・お体を大事にしてください

・私も見習って頑張ります

少し堅苦しい言い回しですが
誤解されないで気持ちを伝えるのには
事務的な言い回しがいいでしょう。

まとめ

バレンタインが近づくと
面倒だったり、

お金がかかったりと、
職場での義理チョコは
悩んでしまうものです。

しかし、義理チョコが
職場の潤滑油になったり

コミュニケーションがとれて
仕事に良い影響を与える場合もありますから

悪いことばかりではないはずです。

義理チョコと面倒に思わず
高価なものではなくても

心の込めたメッセージカードを添えて
日頃の感謝の気持ちを伝える日にしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする