妊娠中の頭痛の原因は?対処方法は?

妊娠中に頭痛に悩まされる妊婦さんは少なくありません。妊娠中ともなれば、むやみに薬を飲む訳にもいきません。妊娠中の頭痛の原因と対処方法についてまとめてみました。

妊娠中の頭痛

妊娠中の頭痛は、妊娠初期の段階で、頭部の右側・左側・左右両方がズキズキとする痛みに悩まされることが多いようです。

疲れから起こる頭痛・睡眠不足・風邪・ホルモンバランスの変化・偏頭痛・肩こり・眼底疲労・栄養不足・貧血・つわり等理由はさまざまです。

中でも「偏頭痛」という頭痛は、頭部の右側・左側の一部・もしくは、両側がズキズキとする痛みです。

女性に多いと言われる頭痛で、ホルモンの変化によって、妊娠初期に偏頭痛に悩まされる方が多いようです。

妊娠前から偏頭痛に悩まされていたという方で、妊娠後そのような頭痛がなくなったという方も中にはいます。ですが逆に、妊娠前は頭痛を経験したことがあまりないのに妊娠後、頭痛が起こる場合もあります

妊娠中の頭痛の原因とは?

妊娠中の頭痛の原因はいろいろあるようですが、妊娠によるホルモンの変化によるものと言われています。
また、妊娠による貧血・つわりも関係している場合があります。
その他、仕事をされている妊婦さんは、疲れ・肩こり・眼底疲労・睡眠不足などが頭痛の原因となっている場合が少なくありません。

スポンサードリンク

妊娠中の頭痛の対処方法とは?

つわりや身体の変化で普段よりも免疫力が落ちているので、疲れたと思ったら、横になって休んでください。
その際は、部屋を暗くすると、脳の神経を休めるのにより効果があります。

また、脳が酸素不足を起こすと、脳の血管が拡張して頭痛が起きるので、ゆっくりと深呼吸をしてください。

質の良い睡眠は頭痛を引き起こす頻度を下げてくれますから、規則正しい生活と毎日7~8時間の睡眠を心がけましょう。

頭痛は、肩こりからくる場合も多いので、ゆったりとお風呂に入った後、リラックスした状態で、無理のない程度のマッサージも効果があります。

妊娠中はカフェインはNGとされていますが、カフェインには血管を収縮させる効果があるので、1杯のコーヒー程度であれば楽しんでもよいかと思います。
ただし、個人の健康状態やカフェインの摂取に抵抗があるようでしたら控えたほうがよいでしょう。

まとめ

妊婦さんは、頭痛だけではなく身体が敏感にデリケートになています。妊娠中は無理をせずにゆったりと過ごしてください。
お腹の赤ちゃんと健康で過ごせる生活をおくってください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする