寒中見舞い喪中の場合は?出す時期はいつまで?文例は?

年賀状を準備する時期になって

急に不幸があって、年賀状を出すのを控えなければいけない事があります。

本来ならば、喪中のはがきで、

新年のあいさつを遠慮することを伝えなければ

ならないのですが、

それも間に合わない場合は

寒中見舞い」を送ります。

寒中見舞いは、

寒さの厳しい時期に一般的な季節のあいさつとして使われますが、

こちらが、喪中の為、

年賀状を出せなかった場合の代わりのあいさつ状として使われます。

ここでは、

・喪中の場合の寒中見舞い

・寒中見舞いを出す時期

・寒中見舞いの例文

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

喪中の場合の寒中見舞い

寒中見舞いは、一般的にどのような時に使われるのかというと

※ 年賀状をもらったが、
松の内(1月7日)までに年賀状を出せなかった

※ 相手が、喪中の場合の年賀状の代わり

※ 相手が喪中と知らないで、
年賀状を出してしまった時お詫びとお悔やみ

などがあります。

その他、

急な不幸で、喪中のはがきを出せなかったが

年賀状を頂いた方への、

年賀状を出せなかったお詫びとあいさつ状としても使われます。

毎年、年賀状のやり取りをしている方たちの中には、

どうして、今年は年賀状が来ないんだろう。

と思われる方もいらしゃるということも考えられます。

このような場合、

寒中見舞いで、

近況報告と年賀状を送れなかった理由を報告してもいいでしょう。

寒中見舞いで、相手の近況がわかれば

受け取った方も、安心するでしょう。

寒中見舞いを出す時期

寒中見舞いは、

二十四節気の「小寒」と「大寒」の間の期間をいいます。

スポンサードリンク

この「寒中」に出すのが寒中見舞いです。

小寒は、1月5日からですから、

1月5日以降に出すことは可能ですが

1月5日は、まだ年賀状のやり取りが行われていますから

1月8日以降に出すのが良いでしょう

1月7日の松の内を過ぎた

1月8日から、立春の前日の2月3日までが

寒中見舞いを出す一般的な時期と言えます。

喪中時における寒中見舞いの注意点とは?

喪中である場合の寒中見舞いは

少し注意しなければいけないことがあります。

・落ち着いたデザインにする

・お正月に関係するイラストや写真は使わない

・「拝啓」「敬具」などの頭語や結語は使わない

・年賀状ではなく「お年始状」を使用する

寒中見舞いの例文

例文1
『寒中お見舞い申し上げます』

 昨年十二月に○○(続柄)が永眠いたしましたため 
 新年のご挨拶を申し上げるべきところ 
 喪中につきご遠慮させていただきました

寒さはこれからが本番です 
どうぞお体に気をつけてお過ごしください

平成○○年一月

例文2
『寒中お見舞い申し上げます』

 昨年十二月に○○(続柄)が永眠いたしましたため 
 新年のご挨拶を申し上げるべきところ 
 喪中につきご遠慮させていただきました

時節柄一層ご自愛のほどお祈り申し上げます

平成○○年一月

このように、

喪中はがきを出していなかった相手の場合は、

その事に対するお詫びの一文を書いて置きましょう。

まとめ

普段は、出したり、頂いたりすることは少ない寒中見舞いですが

このように、急に不幸があった場合は

相手に失礼のないように

また、近況報告も兼ねて

寒中見舞いを出すことをお忘れなく。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする