落花生をまく節分の豆まき!愛犬に食べさせるのはNG!

2月3日の節分に、豆まきは定番だ!

豆をまく習慣が根付いているご家庭では、

豆まきは、1年に回の恒例行事になっていることでしょう。

ところで、
豆まきに落花生を使う事があるのをご存知ですか?

北海道や東北、信越地方では、
節分に落花生をまくのが
風習として定着しているんです。

ここでは、

・豆まきに落花生を使う風習について

・豆まきの正しいやり方

・愛犬に落花生を食べさせるのはNG

について、まとめてみました。

スポンサードリンク

豆まきに落花生を使う風習について

北海道や東北地方、信越地方では、
節分の豆まきを落花生で!
と、言うのが当たり前になっています。

他に、鹿児島や宮崎県でも落花生を使う方が多いようです。

伝統的な大豆が落花生に変化したのは、
昭和30年代、北海道が始まりで、

・雪の中でも落花生なら拾いやすい

・食べ物が粗末にならない

・大豆は夏の豆に対して落花生は秋冬の豆

・カロリーが高いので寒い地域で好まれる

などの理由で、

落花生が、雪の多い東北、信越地方に
広まっていったようです。

落花生豆まき

今では、北海道、東北、信越地方の多くの方が
節分に落花生を撒く
が、定着した考えとなってきています。

ここまで、
節分に落花生が定着したのかというと

落花生は、殻を割って食べなければいけないので
小さい子供は、簡単に口に入れられないので安心。

掃除が楽だから。

という、理由も、
落花生が用いられるようになった要因のようです。

落花生が、節分で広く用いられるようになったとは言え
アレルギーを引き起こしやすい食べ物なので

小さいお子さんのいる家庭や、
アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

スポンサードリンク

豆まきの正しいやり方

北海道、東北、信越地方では当たり前の落花生による豆まき。

実は、我が家でも
落花生での豆まきが当たり前でした。

では、落花生での豆まきのやり方を確認していきましょう。

※ 用意するのは殻付きの落花生

※ 一升枡に、落花生を入れ、縁起物のスルメと一緒に家の神棚にお供えします。

※ 一家の長が、神様に手を合わせてから豆をまきます。
  落花生は殻付きのままで撒きます

※ 玄関(窓)を開けて「鬼は外」と外へ向かって撒きます。

※ 玄関(窓)を閉めて、「福は内」と室内に巻きます。
  奥の部屋から順番に撒いて行って、最後は玄関まで撒いて家中の鬼を追い出します。

※ 豆まきが済んだら、 撒いた落花生を拾い集めて食べます。

福豆を食べることで邪気を祓い、
病に勝つ力もついて福を呼ぶとされています。

1年、無事に過ごせるように、
自分の年より1個多く豆を食べます

落花生は、1つの殻に2個入っていますから
落花生を割って、
中から豆を取り出して、数えて食べていました。

愛犬に落花生を食べさせるのはNG

家族の無事を願って豆まきをしますが、

愛犬に

豆を与えるのはやめた方がよいです

家の犬も豆が大好きなのですが、

かわいさ余って、ある節分に

落花生を割って与えてしまったことがあったんです。

その後のウ○チを見てビックリでした。

ウ○チの中に、消化されていないピーナッツがいっぱいあったんです。

調べてみたところ、
豆類は消化不良をおこし下痢をしたり、

大量に与えると腸の中で詰まったりする恐れがあるということでした。

知っていれば、絶対しなかったことでしたが、

大事に至らなくてよかったと思っています。

まとめ

節分は、その年、
無事に過ごせるように願う大事な行事です。

地方によっては、落花生で豆まきをする習慣もありますが
願う気持ちは同じです。

ここでは、落花生の豆まきをまとめてきましたが、
食べ物を無駄にしないですし、掃除も簡単です。

気になる人は、試してみてはいかかですか?

私は、長い間、落花生で豆まきをしていますが

年の数だけ、豆を食べると、吹き出物が出るようになったのが悩みです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする