2016恵方巻の方角と基本ルール、恵方巻の仕掛け人は?

節分

2月3日は節分

節分は、立春の前日で、1年の始まりを立春(2月4日)としたため、節分は重要な節目とされていました。

古くは、大晦日と同じように考えられていたため、この日に巻きずしを食べると、幸運がめぐってくると言い伝えられています

節分に豆まきは常識になっていますが、恵方巻に関しては、最近になって、恵方巻を行うようになったという方も多いはず。

どうして節分に、巻きずしを食べるの?恵方巻って何?と、疑問や知らないことも多い行事ではないでしょうか?

ここでは、恵方巻の食べ方や2016年の方角などをまとめてみました。

スポンサードリンク

恵方巻2016方角

恵方(えほう)とは十干(じっかん)により、その年の幸運を招く方角のことを指します。

歳徳神(としとくしん)のつかさどる方角とされています。

恵方は毎年変わり、2016年は南南東の方角になります。

恵方巻の仕掛け人は?

1989年に広島のセブンイレブンが恵方巻きの販売を開始下のが始まりと言われています。

その翌年から販売エリアが広がり、1995年には関西以西の地区に恵方巻が広がり、1998年には全国エリアで販売するようになったとされています。

恵方巻きは元々関西地方のみで行われていた風習でしたが、数年の間に全国に広がって、今では節分の風物詩となっています。

スポンサードリンク

関西では、「丸かじり」の事を「丸かぶり」

関東での「のり巻き」の事が、関西では「巻きずし」と呼ぶことから、

全国区になっても、この辺りの言い回しで関東と関西の違いが出てくるのも、恵方巻ならでは、ということでしょう。

節分に巻きずしを食べるようになったのか?

縁起を担いで、海苔を「巻く」ということから「福を巻き込む」、「切らずに食べる」ことから「縁を切らない」という意味が込められているという説が有力です。

また、巻ずしの形が黒くて太いことから、鬼の金棒にみたて豆をまくのと同じように、鬼の金棒を食べて鬼退治をする意味もあるようです。

また、この時期にちょうどお新香(漬物)が漬かることから、お新香を巻いた海苔巻きを食べて縁起を担いだとも言われています。

恵方巻の食べ方

恵方巻きを食べる際には、決められたルールや食べ方があります。

・太巻きを1人1本用意します。包丁で切らずに、そのまま1本を食べます。

・恵方を向いて食べます。その年の恵方(歳徳神のいる方向)を向いて食べましょう。

・恵方を向いて、無言でお願い事をしながら、巻ずしを丸かぶりしましょう!

途中で話してしまったり、海苔巻きから口を離してしまうと願いごとが叶わないと言われています。

まとめ

節分に豆まきで鬼退治をして、恵方巻を食べて、幸福を呼び込む。

是非、家族みんなで丸かぶりして、おおいに福を呼び込みましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする