引越しでベッドを処分する方法!手間とお金をかけない処分のコツ

引越しの際、使わなくなったベッドを処分しようと思ってはいるものの、ベッドの処分方法がわからないとお悩みではありませんか?

不用になった家具で、処分に困るものと言えば、場所も取り、重く、解体するのにも困難なベッド。

ベッドは、引越しの家具や電化製品の中でも、大きいものの1つですから、引越しで処分すると決めたら、早目の行動が必要です。

ベッドの処分には、大まかに3つの方法があります。

引越しでベッドを処分する方法

1.住んでいる市町村の自治体クリーンセンターに回収依頼する(搬入する)

2.リサイクルショップに依頼する

3.不用品回収業者に依頼する

市町村の自治体クリーンセンターに回収依頼

引越しまで、時間がある場合

市町村のクリーンセンターに粗大ごみとして、回収依頼をする方法が安く処分できる方法になります。

ベッド処分費は市町村によっても様々です。

ベッドの大きさによっても処分費が変わってきます。

シングル、セミダブル、ダブルによって ¥1000~2000くらいが目安となります。

これは、あくまでもベッドの枠の処分費で、マットレスも別に料金がかかります。

マットレスの処分費の目安は、¥500~となっています。

このように、比較的安く処分できるメリットの半面、回収依頼をお願いする場合、場所、日時、時間などの予約をしっかりしておかなければいけない事、自分で、回収場所まで搬入しければいけないデメリットがあります。

ベットはそれ自体が大きいものですから、ご自分でが準備出来、運べる場合は、事前に受付時間、曜日等を確認し、搬入すれば、各自治体により異なりますが安く処分できる方法になります。

リサイクルショップに依頼する

ベッドが新しいものや、比較的、綺麗に使っていたもので、他人が見ても程度の良いもの、売り物になると判断された場合はお金がもらえる可能性がありますので、リサイクルショップを利用する価値大です。

デメリットとしては、売り物にならないものだと、逆に回収してもらうのに、お金がかかってしまう場合があります。

古い物や、痛み、損傷の激しいベッドは売り物にはならないと判断され、お店によって異なるとは思いますが、自治体(クリーンセンター)で処分するよりも、お金がかかってしまう場合があるので、注意が必要です。

出張見積りしてくれるリサイクルショップに査定をお願いしてみるといいですよ。

インターネットで調べても、いくつかショップを探せたので、ベッドの処分費を確認してみることもできます。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、お金を払って処分してもらうのが前提なので、今までの中で一番処分費が高い場合があるかもしれません。

回収業者によって金額がまちまちだと思いますので、見積もりを出してもらう方が確実だと思います。

ベッドや冷蔵庫などは、業者にとっても、大きい・重い・パーツが多いので厄介なもののようです。

その分、処分費も高いところが多く、ベッドの処分費が¥7000~のところもありました。

いずれも、不用品回収業者は高いと考えておいた方がようようです。

業者によると、ベットはマットレスがないと少し安いようですし、木製のベッドより、解体が簡単なパイプベッドの方が安いようです。

まとめ

ベッドだから安く片付ける事が出来るだろう、なんて思ったら大きな間違いなんですね。

一番いいのは市町村のクリーンセンターに出す方法ですが、もし部屋をキズ付けてしまったら結局敷金から引かれてしまって大損をすることになってしまいます。

ベッドを処分する際には、引越しまでの日数や、料金、便利さなどを考慮して処分方法を検討してみてください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする