じゃがいもの毒って?安全に食べる方法と保存方法

1年中、家庭料理に欠かせない食材と言えば 「じゃがいも」です。

ほくほくのじゃがいもは、ビタミンCやカリウム、マグネシウムなど栄養もたっぷり、いろいろなレシピで食べたいですよね。

掘りたての新じゃがも、そのままにしておくと芽が出てきてしまいます。

その、じゃがいもの芽には 「」があるのをご存知ですよね。

じゃがいも芽

毎年、じゃがいもの芽で食中毒が出ているんですよ。

安全に食べるためにも、じゃがいもの選び方、芽の取り方、保存方法を知っておきましょう。

ここでは

・じゃがいもの芽の毒について

・じゃがいもを安全に食べる方法

・じゃがいもの保存方法

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

じゃがいもの芽の毒について

収穫したじゃがいもは、日光に当てたままにしておくと、緑色に変色してしまいます。

これは、皮層部に葉緑素が生成され、緑化がおこる為で、この時に苦みのあるソラニンも生じるというわけです。

ソラニンは、神経毒の一種です。

じゃがいもが古くなるとソラニンが増えてきます。チャコニン(カコニンとも呼ばれています)

このソラニンという物質は、加熱しても毒素が消えないので、ソラニンを含んでいる 芽・緑になった部分は取り除かなければいけません。

ソラニン・チャコニンとは?

天然毒素の一種で、ジャガイモの芽や緑色になった部分に多く含まれます。

ソラニンやチャコニン(カコニンとも呼ばれています)を多く含むジャガイモを食べると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。

じゃがいもを安全に食べる方法

緑色になったじゃがいもは食べないようにしましょう。

じゃがいもを栽培している農家さんも、緑色に変色したじゃがいもを捨てるそうです。

スポンサードリンク

買っておいたじゃがいもに芽が出てしまったり、緑色の部分があった場合、皮を厚めにむき、芽や緑色の部分だけでなく、そのまわりの部分も多めに取り除きます。

ポイント

じゃがいもを安全に食べるポイント
・じゃがいもの芽を根元を含めて完全に取り除く(多少皮より内側の部分も含めて多めに除く)

・じゃがいもの皮をむく。特に、緑色になっているじゃがいもは、皮を深くむく(皮より内側の部分も含めて緑色になっている部分は全て除く)

じゃがいもの保存方法

じゃがいもは、暗くて涼しい場所に保管しましょう。冷蔵庫で保存する必要はありません。

常温保存

じゃがいもは、泥のついたまま冷暗所で保存しましょう。

水気があると腐りやすいので、紙袋や新聞紙にくるむか、段ボールごと風通しのよい場所に置くと良いです

段ボールに新聞紙を敷いて、じゃがいもを並べて入れておく方法がおススメです。

じゃがいもは長持ちするので、夏でも1週間は保存可能。5℃以下の冷暗所であれば1~2ヶ月は持ちます。

更に、じゃがいもの芽の成長を遅らせる成分がある 「リンゴ」を1個段ボールや保存の袋に入れておくと長持ちします。

冷蔵保存

まず新聞紙でくるんで、さらにビニール袋に入れて、冷蔵保存(なるべく野菜室で)。

1~2ヶ月は持ちます。

冷凍保温

ジャガイモはそのままでは冷凍保存に向いていません

食感が大きく変わって美味しくありません。

茹でて、マッシュポテト状態であれば冷凍可能です。

ポテトサラダやコロッケの具として使えます。

じゃがいもの保存方法ポイント
・ 日光に当てない

・ 5度以上の温度にしない(5度以下且つ凍らない温度)

・ 凍らせない

・ 乾燥させない

・ 結露を放置しない

・ リンゴ1個入れて保存

まとめ

家庭料理に欠かせないじゃがいもですが、間違った扱い方や、調理方法で食中毒を引き起こしてしまうことになりかねません。

スーパーで買う際や、大量に頂いた時など、保存方法や扱い方の注意点を知っておくことで、おいしく安全に食べることが出来ますね。

スポンサードリンク