引越しの時の不用品の処分は?ソファ、ベッド、家具、家電、PC

引越しを機会に、新しい家具や電化製品に買い替える人は多く、今まで使用していた家具や大型の電化製品の処分に頭を悩ませる人も多いものです。

ここでは

・家具の不用品処分の方法

・家電製品の不用品処分の方法

・パソコン処分方法

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

家具の不用品処分の方法

 
☆リサイクルショップを利用する

不用品がまだ十分使用できる場合は、リサイクルショップを利用する事が出来ます。

大型家具やある程度まとまった量がある場合は、電話一本でリサイクル業者が自宅まで引き取りに来てくれるので利用しない手はありません。

☆ 家具屋の引き取り処分サービスを利用する

新しい別途を購入した場合、古いベットを引き取り処分してもらうサービスを利用することが出来ます。

お店によって、無料で引き取ってくれたり、手数料がかかったりする場合があるオデ、家具を購入したお店で確認してください。

☆ 引越し業者へ依頼

家具を処分するタイミングは引越しの時が一番多いので、引越し業者に処分を頼んでみましょう。

引越しの見積もりと同時に、処分家具の見積もりもしてくれますので便利です。

☆ 自治体に依頼して家具を処分する

安くておすすめなのが、自治体の粗大ごみとして家具を処分する方法です。

電話で自治体に問い合わせをして粗大ごみの収集を依頼します。

その際に、収集日、受付番号、金額を確認することが出来ます。

自治体によっては、スーパーやコンビニなどでごみ処理券を購入して必要事項を記入、処分する粗大ごみに貼り付けて指定された日時、場所に運んでいくという流れのようです。

指定の場所に自治体が回収に来てくれます。

☆ 不用品回収業者に依頼して家具を処分する

処分したい家具が大型の場合、自宅まで家具を取りに来てくれる民間の不用品回収業者に依頼する方法もあります。

自治体の処分代と比べると少し料金が高くなることもありますが、希望の回収日に来てもらえるので便利です。

家電製品の不用品処分の方法

☆ リサイクルショップを利用する

家電製品もまだ使用できるものについてはリサイクルショップで家具と同様に引き取ってくれます。

電化製品お数が多い場合は、リサイクル業者に家に来てもらい、その場で見積もりをして、現金と引き換えで持って行ってくれるので非常に楽です。

☆ 電気屋さんで引き取ってもらう

家具同様、冷蔵庫などを購入して古い冷蔵庫を処分したい場合など、新しく購入した店舗に相談すれば古い家電は引き取ってくれる事がほとんどです。

スポンサードリンク

エアコンやテレビ、冷蔵庫と洗濯機の処分には引き取り料金と家電リサイクル料金を支払う必要があります。

新しく家電製品を購入する方は是非、家電店に引き取りの相談をしてみましょう。

☆ 引越し業者に引き取ってもらう

特に新しい家電を購入する予定がなく古い家電製品を処分したい場合は、引越しに使用する予定の業者に相談すれば対応してもらえる事があります。(大手の引越し業者であれば、ほぼ対応してもらえます。)

処分の際にかかる引き取り料金と家電リサイクル料金は発生するので、引越しの見積もり時に相談してみてください。

不用品の処分は引越しの時が一番しやすいので、引越しの見積もりを取る際は、必ず相談してください。

大手の引越し業者なら、不用品の処分をしてくれて、引越しの条件まで良くなる場合があります。(交渉次第で♪)

パソコン処分方法

使用しなくなったパソコンは、平成15年(2003年)10月から施行された「資源有効利用促進法」により、メーカーの自主回収・リサイクルが義務付けられているので、勝手に自治体などに粗大ごみとして出せないので注意が必要です。

パソコンの処分方法は、まず、パソコンの本体の裏面や底面などに付いている、「PCリサイクルマーク」を確認します。

☆PCリサイクルマークが付いている場合

メーカーが無償で回収・リサイクルしてくれます。

メーカーの回収問合せ窓口に連絡をして、回収を申し込みます。

すると、エコゆうパック伝票が送られてくるので、梱包したパソコンに伝票を貼り郵送するだけ。

あとはメーカーがリサイクルしてくれます。

この回収は、パソコン本体、ディスプレイ、キーボード、マウスも回収対象になります。

しかし、プリンターや周辺機器、CD-ROMは対象外になるので気をつけてください。

☆ PCリサイクルマークが付いていなかった場合

平成15年(2003年)9月以前に発売されたパソコンには、「PCリサイクルマーク」が付いていないので、メーカーに回収際資源化料金を支払って回収してもらいます

この、回収際資源化料金は、メーカーによって多少異なるので、サイトで確認するか問い合わせてみましょう。

・デスクトップパソコン本体、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、液晶ディスプレイ一体型パソコン各3,000円

・ブラウン管ディスプレイ、ブラウン管ディスプレイ一体型パソコン各4,000円

がおおよその目安に鳴ります。

まとめ

引越しの不用品の処分は、大型のものが多くあり、思った以上に大変な事がおります。

新しいものを購入したら、同じ店で古いものを処分してもらったり、引越し業者に処分してもらったりと、予め、処分方法を決めておいて、スムーズに引越しが出来るようにしておきたいものです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする