引越しのあいさつのタイミングは?誰に?何を持っていけばいい?

引越しあいさつ

引越しの時、近隣へのあいさつはどうしたらいいのか考えてしまいますよね。

最近では、マンションやアパートなど隣に誰が住んでいるかわからない。って事も多くなってきましたが、

「あいさつはやめておこう」とすぐに結論づけるのは、ちょっと待って!

長年続いてきた習慣にはそれなりの理由があるはず。

引越しのあいさつをしておくことで、地域の情報が得られたり、顔を合わせたときに気持ちよくあいさつを交わすことができたりとメリットが多いものです。

ここでは、

・引越しのあいさつのタイミングはいつ?

・引越しのあいさつは誰にすればいいの?

・引越しのあいさつの際に何を持っていけばいいの?

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

引越しのあいさつのタイミング

引越しをする際には、旧住所と新住所での引越しのあいさつが必要になります

旧住所

引越しの業者が来て荷物を出す2日前~前日に「荷出し作業でご迷惑をおかけします」または「長い間お世話になりましたが、明日引っ越すことになりました。作業中ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。」というおことわりと、ごあいさつをします。

その際に、挨拶品はなくても問題はありませんが、特に仲良くお付き合いしていた方には、前もって、引越しをする旨のあいさつと、高価でなくても友人として感謝の気持ちを込めた贈り物をするのもいいと思います。

転居先

引越し作業が完了後なるべく早く、できれば当日に行いましょう。

スポンサードリンク

新しい住民が引っ越してきたとなれば「どんな人が来たんだろう?」と気になってしまうものです。

なるべく早く、あいさつは済ませたいものです。

引越しのあいさつは誰にすればいいの?

日本には昔から親しく付き合うご近所を示す「向こう三軒両隣」という言葉があります。

この言葉通り、一軒家では、向かい三軒と両隣。

マンションなどの集合住宅なら、両隣と上下階、そして大家さんや管理人さんを加えればいいでしょう。

社宅に入る場合は会社での付き合いも考えて、可能なら全住人に挨拶をしたいところです。

引越しのあいさつの際に何を持っていけばいいの?

引越し先でのあいさつには、あいさつ品(挨拶品)を持ってあいさつに行くのが望ましいでしょう。

とは言っても高価な物である必要はなく、タオルや石けん、洗剤、ラップなど邪魔にならない日用品や日持ちのするお菓子など、500~1,000円程度のものでも構いません。

ただし、生ものやかさばるものはやめておきましょう。

あいさつに行った際に、必ず在宅しているとは限りません。

不在の場合は、挨拶状を添えてポストに入れておくといいです。

引越しあいさつのし

名前を覚えてもらうために、のし紙を付けて挨拶品を準備するといいでしょう。

まとめ

引越しのあいさつと言っても、そんなに難しいことはありません。

引越しのあいさつをしておくことで、地域の情報が得られたり、顔を合わせたときに気持ちよくあいさつを交わすことができたりとメリットが多いものです。

引越しのあいさつをすることで、楽しく安全な新生活のためにいい人間関係を築きましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする