お正月太りを防ぐ、おせち料理のカロリー一覧

おせち料理は和食だし、カロリーが少ないように感じますが、以外に高カロリーのお料理が多いんです。

おせち料理のカロリーを知ってお正月太りで後悔しないように、上手に楽しみましょう。

今回は、

・おせち料理の由来

・おせち料理のカロリー一覧

・太らないおせち料理の食べ方

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

おせち料理の由来

おせちはもともと「正月三が日は家事を休む・水仕事を避ける」などの目的から、料理が日保ちするよう、砂糖・塩・酢などが多く使われている点が特徴のお料理です。

和食ということでヘルシーに見えますが、意外とカロリーが高い料理も多いのです。

おせち料理のカロリー一覧

・栗きんとん

高カロリーな「栗きんとん」は2粒を食べただけで、なんと約170kcal!

・伊達巻

伊達巻は小2切れで約80kcal!食べすぎは要注意です!

・黒豆

黒豆の重さと同じ量の砂糖を使っている「黒豆」。

黒豆は小鉢1杯(20g)で約80kcal!

・煮しめ

素材は低カロリーだが、味付けがカロリーを上げる「煮しめ」!

煮しめは100gで約70kcal!見た目カロリーが低そうな素材なので、ついつい食べがちですが、味付けが日持ちするために濃いめの味付けなのでカロリーは高めです。

スポンサードリンク

・お雑煮

お餅2個のお雑煮は1杯約300kcal!これに他のおせちを食べたら、かなりの総カロリーになります

・紅白かまぼこ

紅白かまぼこは1切れ20gで、20kcal!これなら安心です。

・数の子

数の子は1切れ約16kcal!魚卵なのに低カロリーなんです

・酢の物

酢の物は総じてカロリーが低いですね。たとえば紅白なますなどは1人分約33kcalです。

太らないおせち料理の食べ方

せっかくのおせち料理ですから、楽しんで食べたいですよね。

食べる順番を工夫することで、お正月太りを防げるんです。

序盤のコツ まずは野菜と酢の物から食べる

中盤のコツ 甘いもの以外の好きなものを食べる

終盤のコツ 甘いものはデザートのつもりで少量で満足できるように

おもちを食べるときも終盤に食べるようにする

まとめ

黒豆=まめに暮らせる」「昆布巻き=よろこぶ」など)があり、日本人の知恵が詰まったおせち。

でも食べ過ぎにご注意をしなければ、すぐにお正月太りになってしまいます。

普段平地を歩いて消化するカロリーが20分歩いて80㎉消化すると換算すると、

お正月におせち料理やお雑煮を食べて寝ていれば、お正月太りになるのもわかりますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする