年末年始に太る理由、年末年始太りを防ぐコツ

パーティー

12月が近づくと、行事やイベントで集まる機会が多くなります。

こんな時期の悩みといえば、年末年始太り・クリスマス太り・お正月太り・忘年会太りです。

どうしても、食事の量やお酒の量が増えてしまう機会が多いですよね。

ここでは

・年末年始太りになってしまう理由

・年末年始太りを防ぐコツ

についてまとめてみました。

年末年始太りになってしまう理由

毎年、年末年始は集まる機会が多くなって、気をつけているつもりでも体重の増加は避けて通れなくなります。

テレビ番組でモニターさんの協力の元、年末年始にどのくらい体重が増加するか調査をしたところ、多い人で5㎏、平均で2㎏の体重が増えていたそうです。

年末年始に体重が増える原因

・甘いものを食べる機会が増える

  年末にクリスマスがあるので、ケーキを食べることが多くなります。クリスマスだけではありません。お歳暮で頂いたお菓子やアイスクリ―ムなど、スイーツを食べる機が多くなるのが体重増加の要因になります

・忘年会・新年会など大人数で食事やお酒を飲む機会が増える

  忘年会・新年会も回数が多ければ、ついつい食べ過ぎる回数も増えます。みんなで食べて飲めば、カロリーオーバーも気が付かな
いでいることがあります。

・年末年始の食事は高カロリーのものが多い

  クリスマスのケーキやパーティーでの肉料理、ピザ、スナック菓子、お正月のお雑煮、おせち料理など糖質が多い料理が特徴です。これにお酒が加われば、あっという間にカロリーオーバーになってしまいます。おせち料理も、和食ですが、糖質が多い料理が多いので注意です。

スポンサードリンク

・食事時間が不規則

  深夜まで飲んでいたり、午後からイベントで食べ続けていたり、長時間の集まりは、食べ過ぎの原因です。

年末年始太りを防ぐコツ

では、どうしたら食べ過ぎを防ぐことができるのでしょうか?

太らないために意識したい習慣を身に着ければ過食による体重増加は防げます。

・ケーキは1日1個にする

・野菜を必ず食べる

野菜にはビタミンやミネラルが含まれています。また食物繊維も豊富です。ビタミンは、脂質や糖質をエネルギーに変えてくれますし、食物繊維は体脂肪を作りにくくしてくれる働きがあります。イベントや忘年会などの集まりの時は、野菜を必ず食べるようにしましょう。

・ダイエットは明日からは✖

今日は食べ過ぎてもOK。ダイエットは明日から。この習慣を続けると、身体が体脂肪を溜めやすくなってしまいます。食べ過ぎたり絶食の繰り返しはやめましょう。

・お酒の飲み過ぎに注意

お酒は思っている以上に高カロリーです。飲み物だからだといって安心してはいけません。

・和食だかといって安心しない

和食はローカロリーだと勘違いしていませんか?
和食といえども、おもちを使ったお雑煮や天ぷら、練り物を使ったおでんなど、和食でも食べ過ぎればカロリーオーバーです。

・運動を習慣にする

普段から歩くなどの有酸素運動を習慣付ける。ショッピングでデパートを2時間ブラブラしているだけで200㎉位消費できます。

まとめ

普段はカロリーの細かな数字にこだわったりするのに、
イベントやお酒の機会ごととなると急に太っ腹になってしまう方もいるかもしれません。
ダイエットはあしたから、ということで翌日から節制を、といっても、
食べすぎをリカバーするのは結構大変です。
それを機に挫折してしまい、食べ続けて太ってしまう、ということは避けたいものです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする