風邪でのどや鼻が辛い時に効く食べ物とは?甘いものは注意が必要!

風邪で仕事が休めない時は辛いものです。

今回は

・風邪でのどや鼻が辛い時に効く食べ物とは?

・鼻水、鼻詰まりの症状に効く食べ物とは?

・風邪の時に甘い食べ物を摂取するときの注意点

についてまとめてみました。

風邪でのどが辛い時に効く食べ物とは?

まず、のどの炎症はどうして起こるのでしょうか?

炎症は、体の中でウイルスを倒すため、白血球がウイルスのある所へ集まってきます。これが炎症症状です。

のどが腫れて痛くなるのもこれが原因です。

風邪でのど炎症を起こすのを押されるのに効果的な食べ物は、

カテキンビタミンが豊富に取れる果物です。

果物は特に、暖かいところで採れる南国のフルーツがお勧めです。

南国フルーツ

南国系フルーツといえば、「パイナップル」「マンゴー」「バナナ」「アセロラ」「アサイー」などが代表格になります。

暖かいところの果物は、熱を取る、冷ます作用があるので、炎症を起こしたのどの腫れを取るのに効果があります。

特に、パイナップルは気管支炎の緩和に効果的です。

缶詰でいいので、風邪で辛い時、食欲がなくても比較的口にできる物なので食べてみることをお勧めします。

もう1つ効果が期待できるカテキンは緑茶に入っていることで有名ですから、コンビニやスーパーで簡単に手に入るものですし、ご自宅に常備されているという方も多いと思います。

日頃から緑茶を飲んでいる人は、風邪予防をしていることになります。

風邪をひいてしまってからは、出来るだけカテキンの含有量の多いものを選ぶといいでしょう。

その際は、胃腸に負担をかけないように冷やさないで飲むようにしてください。

鼻水、鼻詰まりの症状に効く食べ物とは?

風邪の症状と言えば、鼻水、鼻詰まりなどです。

抑える方法は、ビタミンCの大量摂取が効果的です。

抗ヒスタミン効果というもので風邪症状を抑えてくれますよ。

さらにビタミンCには抗酸化作用があり、風邪が治った頃にあるだるい倦怠感も緩和してくれます。

ビタミンCを取るなら、CCレモンやアセロラジュース、レモン○○個分のビタミンCを含んだ清涼飲料水がいいでしょう。

風邪の時に甘い食べ物を摂取するときの注意点

風邪の時は胃腸が弱っていることから、消化に悪い甘い食べ物はあまりお勧めできません。

甘い食べ物は、糖分を多く含んでいることから、消化しにくく、胃に長く停滞してより弱った胃腸に負担をかける結果になってしまいます。

さらに、甘い物を食べると血糖値というものが上昇しますが、その後インスリンというホルモンの影響で、急激に減少します。

血糖値が減少し、低血糖となると脳のエネルギー源となるブドウ糖も減少します。
そうすると脳にエネルギーが供給されず、誤作動を起こして疲労感を感じてしまうんです。

風邪を引くと胃腸が弱る

甘い物(糖分)は胃に長く停滞して負担となる

血糖値が上がり過ぎると、その後、急激に下がり低血糖になる

ビタミンB群不足になり、疲労感が出てくる

このような悪循環を生んでしまいます。

風邪をひいているとき、どうしても甘いものが食べたくなったら、
消化の良いものを取ってください。

甘いけど消化いいものとは、

カステラ、ゼリー、ビスケットなどです。

ゼリー

赤ちゃん用のおやつも、甘いけど消化がいいものが多いです。

飲み物ですと、アクエリアスやポカリスエットがいいですね。

少しずつ飲むことをお勧めします。

そして、消化の良い甘いもの№1はブドウ糖です。

受験生も甘いものが食べたくなったら、
脳に必要な糖分を効率よく摂取できるという理由からブドウ糖を食べるほどですから、
身体に負担にならない点は一番だと思います。

ビタミンCも含み疲労回復にも効果的な、はちみつレモンもいいです。

レモンスライスにはちみつを加え、お湯で割って飲めば疲労した体に栄養を補給することができます。

まとめ

風邪をひいて休めない時は本当に辛いものです。

こんな時でも、炎症を緩和させる食べ物や飲み物は近くのコンビニやスーパーで手に入る物もたくさんあります。

これらを上手に利用して、早く風邪の炎症や不快な症状を取り除きたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする