お歳暮の由来とは?贈る時期と金額、人気の傾向とは?

季節を感じる物のひとつにお歳暮があります。
お歳暮の時期になると、年の瀬だと感じる人も多いのではないでしょうか。

お歳暮2

ここでは

・お歳暮の由来
・お歳暮を贈る時期と金額
・最近のお歳暮の人気の傾向

の内容でまとめてみました。

お歳暮の由来

元々は、お正月に先祖の霊を迎え御霊祭りのお供え物や贈り物をした古くからの習わしが起源とされています。

嫁いだり、分家した人が親元にお正月に集まる際にお供え物を持ち寄ったのが始まりと言われており、

「お歳暮」というの習慣は、日本独自のものです。

元々、お歳暮として贈られた品物は、年越しに必要な物を贈っていたことから、
塩鮭、数の子、するめなどの食品を贈る習わしが一般的だったようです。

新年の準備の品ということから、
正式には「事始めの日」という新年お祝いの準備を始める12月13日から20日までに贈られたそうです。

現在は、お歳暮も、日頃、お世話になっている方への年末のあいさつに贈答するという意味合いに変わりつつあります。

お歳暮を贈る時期

季節のあいさつなので、贈るタイミングがずれたものにならないようにしなければなりません。

最近では、年末を避け、11月下旬から贈る人が多くなっています。

関東と関西では贈る期間も違いがあって

関東  12月初旬から12月31日

関西  12月13日から12月31日 までとされています。

押し迫った年末の忙しい時期ですと、贈る方も贈られる方も慌ただしい気持ちになりますから、

20日くらいまでに贈るのが良いでしょう。

お歳暮の予算

お歳暮の予算は、お中元の2~3割増しが目安となっています。

お歳暮

金額にすると3000円~5000円の商品が売れ筋のようです。

金額の差は、お世話になっている度合いによって違ってくるようです。

最近のお歳暮の人気の傾向

お歳暮の人気商品と言えば、
ビール、ハム・ソーセージなどの加工品、お菓子が不動の人気を保っているようですが、

人気商品は重なりやすいということもあり、
最近では選べるギフトカタログが注目を浴びています。

贈りたいものは、お菓子・ビール・ハムなどの加工品などですが、
実際にもらう方としては、商品券やお菓子、加工品が人気になっています。

もらって嬉しかった商品券はここ数年№1です。

まとめ

お中元を贈った相手にはお歳暮も贈るのが一般的です。
しかし、お中元かお歳暮のどちらかしか贈らないということならお歳暮を贈るのがいいです。

お歳暮は日本人だけが大切にしてきた習慣です。
一年の締めくくりと、お付き合いに感謝して、相手の喜ぶものを贈りたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする