傘寿(さんじゅ)の意味や由来は?年齢は?傘寿のお祝いに喜ばれるプレゼントは!

傘寿祝い

日本の歳祝いとして最も知られているのは、還暦ですが、還暦や古希などと同じように、長寿のお祝いのひとつに傘寿があります。

ここでは、傘寿(さんじゅ)についてまとめてみました。

傘寿(さんじゅ)の意味と由来

傘寿は、「さんじゅ」と読みます。

還暦ほど浸透しているとは言い難いですが、長寿をお祝いする伝統行事のひとつで、80歳を迎えた年にお祝いするのが傘寿となっています。

傘寿のお祝いの由来は、傘という字の略字を縦書きにすると八十に見えるからという説や、傘が広がる様子を末広がりに例えたなどの説が言われています。

日本人の平均寿命が伸びているので、還暦や古希、喜寿よりも、長寿のお祝いという感じを強く持つかもしれませんね。

傘寿のお祝い年齢は?

傘寿(さんじゅ)のお祝いは、数え年で80歳を迎える年に行います。

数え年で80歳ですから、誕生日を基準として数える満年齢では、79歳ということになります

傘寿のお祝いをするのは、79歳ということになります。

傘寿のお祝いの喜ばれるプレゼントは?

傘寿のお祝いには、古希や喜寿と同様に紫色のちゃんちゃんこや座布団を用意してお祝いをするのが一般的です。

古希や喜寿と同じように、気品のある色として尊重され、位の高い人を表す紫色が傘寿の色とされています。

敬意や尊敬を示す色で長寿をお祝いするということですね。

傘寿のお祝いは紫色を基調としたプレゼントにするとよいでしょう。

 

傘寿のまとめ

傘寿についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

長寿国となった日本人ですが、傘寿の歳祝いともなると感慨深いものとなります。

傘寿のお祝いは、子供たちやお孫さんたちにお祝いしてもらうのは、何よりも嬉しいことですし、心に残る傘寿のお祝いになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする