古希祝い意味や由来!年齢は?喜ばれる古希祝のプレゼントは?

古希祝い

「古希(こき)」は、還暦と同じように、年齢をお祝いする習慣です。

還暦ほど、知名度は高くありませんが、古希という言葉は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、日本のお祝いの習慣の「古希」についてまとめてみました。

古希の意味や由来は?

古希は数え年で70才を迎える年のことをさします

元々は「古稀」と書き、中国唐代の詩人・社甫の曲江詩の中の「人生七十古來稀」の一節によるものと言われています。

人生七十古來稀とは、人生を70才まで生きることは稀なことであるという意味があります。

昔は、人生50年と考えられていたので、還暦の60歳を迎えれば長寿と言われ、更に、70歳を迎えるということは、非常に稀(まれ)だという意味で、古希がお祝いされるようになったとされています。

古希のお祝い年齢は何歳?

還暦が数えで61歳(満60歳)なのに対し、古希は数え年で70歳(満69歳)となります。

数え年とは、生まれた年を1歳として、以後、元日に1歳づつ年を取ると考える年齢の表し方です。

ですから、古希は69歳ということになります。

「古希」は、以前は「古稀」という稀(まれ)という文字を使っていましたが、現在は、「古希」の文字が多く使用されています。

平均寿命が伸び、70歳を迎えられることが稀ではなくなったことや、稀が常用漢字にはないため「希」に変わっていったとされています。

古希のお祝いで喜ばれるプレゼントは?

古希のお祝いは、還暦のお祝いと同じように、家族や親戚が集まったり、同窓会が開かれたりしてお祝いをします。

古希にも色があって、古希の色は「紫」です。

紫は昔から、位が高い人が身に着ける印象がありますが、古希も長寿への敬意の現れとして紫色の物を贈ってお祝いするようになったようです。

ですから、古希のお祝いのプレゼントを贈る場合は、紫色の物を贈ると良いでしょう。

紫色は、癒しの力があるとされているので、身に着けるものや持ち歩く物に紫色が使われているものなら最適な古希のプレゼントになるのではないでしょうか。

《紫》古希祝い 紫色ちゃんちゃんこセット 京越卸屋

 

古希祝い 紫色ちゃんちゃんこセットは、ちゃんちゃんこ・頭巾・扇子・化粧箱のフルセットです。

お値段以上の品質で、お客様の満足度も高いちゃんちゃんこセットです。
正絹のちゃんちゃんこを揃えなくても、一度きりの写真撮影には十分です。

古希祝い 紫色ちゃんちゃんこセット口コミ 

☆ お安いのでおもちゃみたいな物かな??
と思っていたのですが、1回のお祝いには十分です。

☆ 古希のお祝いで購入しました。なくてもいいかな?と思ってましたが、買ってよかったです!包装も綺麗でしたし、記念写真が素敵に撮れました。

金粉入り名前入り芋焼酎  お酒工房

 

ボトルの中で金箔が舞うちょっとリッチな名入れの芋焼酎です。

金箔が入ったお祝いにぴったりの名入れのお酒は、古希のお祝いに喜ばれているギフトです

ご家族のお祝いの席に用意したいプレゼントです。

名前入り日本酒 幻の酒

 

おめでたい席だからこそ、百薬の長と言われるお酒をお祝いメッセージや名前を入れてプレゼントしてみてはいかがですか。

人気の名入れのお酒の中でも日本酒が古希のお祝いとしてはオススメです。

名前ちりばめ詩(ネームポエム) ゆうひ堂

 

額に入れられた名前ちりばめ詩は、その人だけのオリジナルな詩を詠んでいただけます。

世界に一つだけのポエムで感動をプレゼントしましょう。

評価も高い、絶対に喜ばれる人気のプレゼントです。

名前ちりばめ詩(ネームポエム)口コミ

本当にすごい!

リピーターです。以前は実母に、今回は義母に贈りました。名前をちりばめて感動する詩をこんなにも的確に、まるで本人に逢ったことがあるかのように表現できるゆうひ堂さんに感心します。また機会がありましたらお願いしたいと思います。 

古希祝いのまとめ

古希といっても、70歳はまだまだ元気な年代です。

これからも元気で過ごせるように、家族でお祝いしてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする