食パンの袋をとめるアレ「バック・クロ―ジャー」の販売や製造・価格や活用法とは!

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%ad%e2%80%95%e3%82%b8%e3%83%a3%e2%80%955

朝食は、パン食という方も多いかと思います。

朝に食パンを食べるという方は、
食パンの袋を閉じている「プラスチックの留め具」を必ず目にしていると思います。

あの、プラスチック製の留め具には名前がついていまして、

『バッグ・クロージャー(bag closure)』

といいます。

ここでは、よく見かけるプラスチック製の留め具
『バッグ・クロージャー(bag closure)』についてまとめてみました。

スポンサードリンク

正式名称は?

正式名称は「バッグ・クロージャー」と言います。

「食パンの袋を留めるやつ」なんて呼んでいる方も多いのではないでしょうか?

あまり正式な名前は知られていないイメージなので、
始めて知ったという方もいるかもしれません。

バック・クロ―ジャー の発案について

バック・クロージャーが生まれたのは1952年のアメリカです。

フロイド・パクストンさんが、リンゴ農家の方から
「リンゴを袋詰めした後、詰めた袋のクチを簡単に閉じることはできないものか?」
と、相談されたのが始まりだったそうです。

その相談を受けたフロイド・パクストンさんは、
ナイフとプラスチックの破片を使って試行錯誤の末、
バッグ・クロージャーの原型を生み出したとされています。

バック・クロ―ジャ―は便利で、農家の人たちに大変喜ばれました。

その後、バック・クロ―ジャ―を大量に作るために会社を創立しました。

「クイック・ロック社」の誕生となったわけです。

バック・クロ―ジャーは日本で製造されているの?

今では、毎日のように見ている、
バック・クロ―ジャーですが、
日本でも「クイック・ロック」社の日本法人、
「クイック・ロック・ジャパン」がバッグ・クロージャーの独占製造をしてします。

独占製造だけあって、1日の製造個数が1500万個、
年間にするとおよそ30億個も製造されているそうです。

すごい数量で驚きです。

日本では、7色が製造販売されていますが、
主な取引先は大手製パンのメーカーさんです。

朝食はパンという方は、バック・クロ―ジャ―を毎日のように見ていると思いますが、
パンの製造メーカーによって色分けされているんです。

よく見かける、白・ブルー・グリーンが使用されている色のベスト3のようです。

製パンメーカーには、
1本のロールにバック・クロ―ジャ―が4000個がつながった状態で納品されます。

そこから、製パン工場が賞味期限などの印刷を施して袋を閉じる用途に使用されています。

パンの袋に賞味期限が印刷されている場合は、
何も印刷されていないバック・クロ―ジャ―で袋を止めてある場合があります。

最近は、パンだけではなく、
ところてんや卵豆腐といった食品や、
袋詰めされているお菓子の包装にも使われていますね。

スポンサードリンク

バック・クロ―ジャ―の価格は?

大人気アニメ『おそ松さん』のキャラクターを使用した、
バッグ・クロージャーセットが販売されて注目されましたね。

価格は、1セット300円前後です。

大手通販サイトで販売されていました。

その他、オークションサイトでも、
無地のバック・クロ―ジャ―が300円前後で取引されています。

バック・クロ―ジャ―の便利な活用方法

バック・クロ―ジャ―を何かに利用できないかとためている方もいると思います。

私もそのひとりですが…

そんなバック・クロ―ジャ―の便利な活用方法を紹介します。

①キッチン回り

・輪ゴムの整理

・一度開封した袋を再度止める (輪ゴムより簡単)

・ごぼうの皮むき

・キッチン回りのこまごました小物の仕分けや整理

② 配線が多いパソコン・家電周りのケーブルの整理

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%ad%e2%80%95%e3%82%b8%e3%83%a3%e2%80%952

③ テープやクラフトテープの先端の印

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%ad%e2%80%95%e3%82%b8%e3%83%a3%e2%80%953
④写真立て

⑤メモ立て

⑥手芸用の糸を纏める

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%ad%e2%80%95%e3%82%b8%e3%83%a3%e2%80%954

⑦プレゼントの梱包

まとめ

通称 食パンの袋をとめるアレ「バック・クロ―ジャー」ですが、

なかなか優秀なグッズだということがわかります。

これからは、パンをとめるだけではなく、
いろいろな使い道の可能性も広がってきますね。

是非、自分なりのバック・クロ―ジャーの新たな発見をしてみてください。

スポンサードリンク