お年玉の相場はいくら?赤ちゃん、幼児、小学生ではいくらあげるの?

お年玉4

お正月、親戚の集まりに子供にお年玉をあげることがあると思いますが、
赤ちゃんや幼稚園に通っている子供、小学生にはいくらくらいお年玉をあげたらいいのか悩む場合があります。

今回は、お年玉の相場についてまとめてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃんにお年玉は必要?

そもそも、お年玉は物心がつく3歳くらいからあげるようですが、それまでは、お菓子やおもちゃなど、お年玉の代わりになるものをあげるというのが一般的です。

赤ちゃんにお年玉は必要か?というのは疑問ですが、赤ちゃんであっても、子供にはお年玉をあげる場合には、お年玉のポチ袋に500円~1000円ほど入れてあげるのがいいでしょう。

幼稚園のお年玉の相場はいくら?

幼稚園に通うようになると、お金の価値も理解できるようになっていますのでお年玉をもらうのを楽しみにしているものです。

しかし、お年玉の相場となると、赤ちゃん同様、500円~1000円というのが相場となります。

スポンサードリンク

幼稚園に通う子供には、おもちゃの方が嬉しかったりしますから、お年玉の代わりにおもちゃという選択もあるでしょう。

小学生のお年玉の相場は?

小学生ともなれば、お正月の一番の楽しみがお年玉を貰うことになります。
あなたも、小学生の頃、いくらもらえるのか予想したりしませんでしたか?

学年が上がるにしたがって、お年玉の金額が上がっていくのが相場のようです。

小学1~2年生 1000円
小学3~4年生 1000~2000円
小学5~6年生 2000~3000円

このくらいが相場のようです。

自分の子供にお年玉をあげる場合は、親戚の子供にあげるより1000~2000円ほど多い金額が相場になります。

おじいちゃん、おばあちゃんが孫にお年玉をあげる場合の相場は、3000~5000円ほど多い金額が相場のようです。

お年玉の相場のアンケート

お年玉2

参考程度にしてください。

まとめ

お年玉の金額は、年齢によって一般的な金額がありますが、あくまでも相場として目安であって、絶対にこの金額というわけではありません。

自分の場合も、小学生の甥っ子には5000円をお年玉としてあげています。
親戚が少ないため、甥っ子は、お年玉を祖父母を含め数人からもらうだけなので、
一人当たりの単価が高くなってしまっているのが現状です。

これも、甥っ子が、他の子よりお年玉が少ないのはかわいそうという気持ちからこの金額なのですが、お年玉はあくまでも、あげる人の気持ちが大切だということをお忘れなく。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする