甘酒の飲み方簡単アレンジと甘酒アレンレシピ

甘酒は、「飲む点滴」と言われるほど、美容と健康に良い飲物として知られています。

寒い季節や夏バテ防止にでそのまま飲むイメージの甘酒ですが、
温めたり冷やして飲むだけでは、どうしても飽きてしまうという人も多いのではないでしょうか。

実は、甘酒は、アレンジ次第で味のバリエーションをグッと広げることができるんです。

飲むだけではなく、お料理にも使える甘酒。

ここでは、甘酒の飲み方のアレンジ方法やお料理にも使えるアレンジレシピについてまとめてみました。

スポンサードリンク

甘酒の飲み方アレンジレシピ

甘酒は美味しんだけど、毎日飲むと飽きてきちゃって…

という方は甘酒にちょい足しでアレンジしてみましょう。

ステップ①

☆ 甘酒+生姜

いつもの甘酒にすりおろした生姜を加えるだけで、血行の促進や体温の上昇、
代謝の促進、むくみや便秘の解消にも効果を発揮してくれます。

☆ 甘酒+牛乳

甘酒は苦手という方は、甘酒と牛乳を1:1で割ってみましょう。

飲みやすくなりますよ。

就寝前に、温めて飲むとリラックス出来てぐっすり眠れます。

☆ 甘酒+無調整豆乳

甘酒に無調整の豆乳をプラスするだけで、ビタミンB群やビタミンE、イソフラボンなどの栄養を摂取出来ます。

コレステロールが心配な方も、無調整豆乳なら大丈夫です。

☆ 甘酒+カルピス

お好きなカルピス味と甘酒を混ざれば、健康ドリンクの出来上がりです。

冬はお湯で割って味の調整を、夏は氷をたっぷりと入れてお楽しみください。

ステップ②

飲みやすいスムージーレシピ

<作り方>
スムージーの作り方はすべて共通で、
すべての材料をミキサーにかけ、グラスに注ぎます。

材料の果物は、冷凍させたものでもOKです。

甘酒に果物をプラスするだけで、とても飲みやすくなります。

☆ パイナップル×キウイ×ゴーヤの甘酒スムージー (1人分)
甘酒スムージーキウイ

・甘酒  100ml

・パイナップル 50g

・キウイ 2分の1個

・ゴーヤ 15g

☆ バナナ×豆乳×甘酒スムージー  (1人分)

甘酒スムージーバナナ

・ 甘酒  100ml

・ 豆乳  100ml

・ バナナ 2分の1本

☆ トマト×バナナ×ヨーグルト×甘酒スムージー (1人分)

・ バナナ(冷凍)  1本

・ ミニトマト  3個

・ 甘酒     100ml

・ ヨーグルト  50g

☆ トマトジュース×メロン×甘酒スムージー (1人分)

・ 甘酒     100ml

・トマトジュース 50ml

・メロン(赤肉) 50g

果物は、バナナの他に、リンゴや桃、キウイなどお好みに合わせて作ってみてください。

スポンサードリンク

甘酒の料理とスイーツレシピ

ステップ③ お料理レシピ

☆ 鶏肉の甘酒漬け (2人分)

甘酒レシピ鶏肉

・鶏もも肉  1枚

・塩     適量

・甘酒    適量

①鶏もも肉に塩をふります。

②10分後、水分を拭き取り甘酒をまぶしたら、ラップで包んで一晩冷蔵庫で寝かせます。

③軽く甘酒をとり除き、フライパンやオーブンで焼きます。

塩麹のように、甘酒を使うことによって、お肉が柔らかくなります。

お弁当にもぴったりです。

鶏肉の他、豚肉でも大丈夫です。

☆ 鮭の甘酒漬け (2人分)

・鮭  2切れ

・塩  適量

・甘酒 適量

①鮭に塩を少々ふりかけたら、甘酒につけて一晩冷蔵庫で寝かせます。

②甘酒をかるく落として焼きます。

甘酒は、お肉料理だけでなくお魚料理にも使えます。

お魚の身がしっとり仕上がります。

ステップ④ スイーツレシピ

☆ 甘酒の米粉パンケーキ(2人分)

甘酒パンケーキ

・米粉       100g

・ベーキングパウダー 4g

・卵       1個

・甘酒      50g

・はちみつ    5g

・サラダ油   大さじ1

・牛乳     80g

①最初に薄力粉とベーキングパウダーを、次に他の材料も加え、粉気がなくなるまで混ぜる。

②冷蔵庫で10分休ませた後、熱したフライパンに油を引き、生地を流し込む。

③弱火で1分30秒ずつ両面を焼く。

普通のパンケーキと同じように材料を混ぜて焼くだけの簡単レシピです。

甘酒に甘みがあるので砂糖は不要です。

☆ 小豆の甘酒アイス(製氷皿2皿分)

・ゆであずき 200g

・甘酒 200g

①甘酒はミキサーで撹拌します。

②1とゆで小豆をよく混ぜて、製氷皿に入れていって、冷凍庫で冷やし固めたら完成です。

混ぜて冷やすだけの簡単さです。

お子さんのおやつにもどうぞ!

☆ 甘酒プリン

・粉ゼラチ  5g

・甘酒   250g

・牛乳   150g 

・砂糖   適量

①水に入れて柔らかくした粉ゼラチン、牛乳、好みに合わせて砂糖をお鍋に入れて温めます。

②そこに甘酒を入れてよく混ぜます。

③ボウルに移した後、氷水につけてとろみがつくまで混ぜたら、容器に移して冷蔵庫で冷やします。

甘酒の甘さ次第では、砂糖を入れなくても甘く美味しく仕上がります。

☆ 甘酒クッキー

・甘酒   大さじ2

・小麦粉  100g

・塩     3g

・なたね油 大さじ3

①小麦粉と塩をふるい、なたね油と甘酒と混ぜます。

②棒状に成形したらラップで包み、固まるまで冷蔵庫に入れておきます。

③冷蔵庫から出したら好きな厚さにカットし、170℃にしたオーブンで焼いて完成です。

まとめ

甘酒はそのまま飲むだけではなく、
アレンジ次第でバリエーションは無限に広がりる万能食品です。

是非、健康や美容効果も注目されている甘酒を、
生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

甘酒の健康効果はこちらに詳しく載せていますので、ご覧ください。

夏を乗り切る甘酒の美容と健康効果とは?カロリーは?どのくらい飲んだらいいの?
甘酒と聞くと、冬の飲物と思ってしまいますが、 実は、甘酒は、江戸時代から「夏の栄養ドリンク」として親しまれてきた飲み物なん...

自分で甘酒を作ってみたい方は、こちらに詳しくレシピを載せています。

麹を使った甘酒の作り方!コツや注意点は?賞味期限や保存は?
甘酒は、飲む点滴とも言われ、 健康志向の高まりから注目されている飲み物です。 甘酒は、古くは、各家庭で手作りされ...
スポンサードリンク