残暑見舞いの基本と書き方のポイント!例文も紹介

残暑お見舞いとは、季節の挨拶状のひとつです。

暦(こよみ)の上では「秋」になっているのに、
厳しい暑さが残る時期に、相手の健康を気遣ったり、
自分の近況を報告する挨拶状として出されます。

残暑見舞いは、立秋(8月7日)から8月末頃までに出すのがマナーとされています。

ここでは、残暑見舞いの基本の書き方や参考になる例文をまとめてみました。

スポンサードリンク

残暑見舞の基本の書き方

残暑見舞いは難しく感じるかもしれませんが、
文章の構成となる基本のかき方がわかると意外と簡単に書けるものです。

残暑見舞いの基本の構成はこのようになっています。

残暑見舞基本構成

① 季節の挨拶

「残暑お見舞い申し上げます」

② 時候の挨拶

「残暑厳しき折」

「厳しい暑さ続きの毎日ですが」

「立秋とは名ばかりで、連日の厳しい暑さが続きますが」

「朝夕涼味を覚える頃」

③ 相手の安否を尋ねる言葉

「ご家族の皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。」

「皆様方のご健勝をお祈り申し上げます。」

④ 自分の近況報告

「私の方はおかげさまで元気に過ごしています。」

「おかげさまで私共は、相変わらず元気に暮らしております。」

「私も暑さに負けず毎日仕事に励んでいます。」

「 当方もおかげ様で平穏無事に暮らしております。」

⑤ 結びの挨拶(相手の健康を気遣う文面)

「夏の疲れが出やすい頃と申しますが、夏バテなどなさいませぬようご自愛ください。」

「体調など崩さないようご自愛下さい。」

「 残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。」

「この暑さもまだ続く気配、くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。」

⑥ 文末 年号

「平成◯◯年8月 晩夏」

「平成◯◯年8月 立秋」

「平成◯◯年8月 葉月」

⑦ 差出人の氏名、住所、郵便番号、(電話番号)

スポンサードリンク

残暑見舞いの例文

知人に出す残暑見舞い例文

1.残暑お見舞い申し上げます

夏の疲れが出る頃ですが、お元気でお過ごしでしょうか。
夏休み、久しぶりに家族で田舎でのんびりと過ごしてきました。
秋風を感じる頃はまだ少し先になりそうですが、○○様もどうかご自愛下さい。
平成○○年8月 晩夏

2.残暑お見舞い申し上げます

残暑なお厳しき折から、お健やかにお過ごしでしょうか。
その節は大変お世話になりました。楽しい思い出ができ、家族ともども感謝しております。
暑さはまだしばらく続きそうです。どうかくれぐれもご自愛下さい。
平成○○年8月 晩夏

3.残暑お見舞い申し上げます

立秋とは名ばかりの暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで、私どももつつがなく過ごしております。
夏の疲れが出やすい頃ですのでどうぞご自愛のうえお過ごし下さい。
平成○○年8月 晩夏

4.残暑お見舞い申し上げます

朝夕には秋風が感じられるようになってまいりました。ご家族の皆様お健やかにお過ごしでしょうか。
夏休み、久しぶりに家族で田舎でのんびりと過ごしてきました。
夏の疲れがでるのもこれからと申します。くれぐれも風邪など召しませぬよう御自愛ください。
平成○○年8月 晩夏

5.残暑お見舞い申し上げます

立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いております。
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
おかげさまで私どもはつつがなく暮らしております。
夏の疲れが出やすい頃と申しますが
夏バテなどなさいませぬようご自愛ください。
平成○○年8月 立秋

6.残暑お見舞い申し上げます

厳しい暑さ続きの毎日ですが、皆さんおそろいで
賑やかにお過ごしのことと存じます。
こちらも家族一同元気に暮らしておりますのでご安心ください。
日中の堪え難い暑さも今しばらくかと思っております。
健康には十分にご留意ください。
涼風が立つ頃、ご一緒にお食事などいかがですか。

平成○○年 葉月

お中元のお礼を兼ねての例文

残暑お見舞い申し上げます。

毎日暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?
このたびはご丁寧なお心づかいをいただき、本当にありがとうございました。
普段はなかなか口にすることができない高級フルーツに家族全員大喜びです。
奥様にもくれぐれも宜しくお伝えください。

まだしばらくは厳しい暑さが続きますが体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

平成○○年8月 晩夏

先生・恩師に送る暑中見舞いの例文

1.残暑お見舞い申し上げます

朝夕涼味を覚える頃、先生におかれましては
ますますご健勝のことと拝察いたしております。
当方もおかげ様で平穏無事に暮らしております。
暑中の激務のお疲れが出やすい時期ではございますが、
何卒ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。

平成○○年8月 立秋

2.残暑お見舞い申し上げます。
立秋とは名ばかりで、連日の厳しい暑さが続きますが、
先生におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

最近はよく故郷の海と山を懐かしく思い出します。
しばらく帰っていないので、今年こそは休暇を利用して帰省するつもりです。
先生ともゆっくりお会いできればと思っております。
その節はまたご連絡いたしますので、よろしくお願いいたします。

まだしばらくは暑さも続くようですが、
お体大切にお過ごし下さいますようお祈りしております。

平成○○年8月 盛夏

ビジネスで使える暑中見舞いの例文

1.残暑お見舞い申し上げます

残暑厳しき折、貴社ますますご隆盛のことと大慶に存じます。
平素は格別のご厚諠を賜り厚く御礼申し上げます。
今後とも、変わらぬ支援ご厚情を賜りますよう
宜しくお願い申し上げます。

末筆ながら貴社の更なるご発展ご繁栄を
心よりお祈り申し上げます。

平成○○年8月 晩夏

2.残暑お見舞い申し上げます。

まだまだ残暑厳しき折ですが、
貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
毎々格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。

日頃の感謝のしるしとしまして心ばかりの品を別送いたしました。
お気に召していただければ幸いです。
今後とも一層のご愛顧を賜わりたく謹んでお願い申し上げます。

平成○○年8月 晩夏

まとめ

残暑見舞いの基本のかき方と例文をまとめてみました。

残暑見舞いは、例文を参考に、自分なりの新しい文章を加えて書くのがいいでしょう。

その際に、オリジナル色が強すぎて、季節の挨拶や時候の文章を省略しないように気をつけてください。

また、暑中見舞いや残暑見舞いについてはこの他にも役立つ記事を書いているので、
是非ご覧ください。

関連記事

暑中お見舞いと残暑お見舞いを出す時期は?出す相手は?喪中の場合は?

暑中お見舞いの書き方と例文!知人には?ビジネスで使える例文とは?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする