フライパンにくっつかないそうめんチャンプルーの作り方!あることを守るだけ!

そうめんチャンプルー2

沖縄料理の人気レシピの「そーめんチャンプルー」

夏にぴったりのそうめんチャンプルーの魅力は、
簡単に美味しく作れることです。

そして、何よりもアレンジがしやすいことが人気の秘密です。

夏の定番のそうめん。

各ご家庭のオリジナルのそうめんチャンプルーを作る方も多いでしょう。

我が家も、そうめんチャンプルーが大好きで作るのですが、
作る度に、麺がフライパンにくっついてしまったり、
麺が切れ切れになったり、ベターっとくっついたり…

いつも大満足の出来栄えにならないのが悩みの種でした。

ここでは、

そうめんチャンプルーがフライパンにつかないで、
劇的に美味しく作る方法をまとめてみました。

スポンサードリンク

簡単美味!そうめんチャンプルーの作り方とカロリー

そうめんチャンプルーの作り方

材料(2人分)

・そうめん 3束 (150g)

・豚バラ 80g

・ニンジン 3分の1本

・にら 4分の1束

・卵 1~2個(割りほぐしておく)

・塩コショウ 適量

・顆粒だし 適量~小さじ0.5~1杯

・トッピング(かつお節、紅生姜)

※具は何でもOK!
豚バラ以外なら、ツナやスパムでもおいしいです。
野菜は、もやし、玉ねぎ、ゴーヤなど

作り方

① そうめんを茹でる 表示の時間より30秒短く

② ざるにあげて水で洗う

③ 水を切る

④ 水切りしたそうめんをボウルなどに移しゴマ油を回し入れる(小さじ1)
  ツナを具材に使う場合は、ツナ缶の油を使用すると良い

⑤ 箸で、油がいきわたるようによく混ぜる

⑥ ラップをして1時間以上おく

⑦ フライパンに油をひいて熱し、そうめんを入れる

⑧ そうめんをほぐす要領で炒める

⑨ そうめんをフライパンの片側に寄せて、空いたスペースで具材を炒める

⑩ 全体が炒められたら、塩コショウと顆粒だしで味を調えます

⑪ 卵を入れて、全体を混ぜ合わせます

⑫ 皿に盛りつけて、かつお節や紅生姜をトッピング

そうめんチャンプルーのカロリー

エネルギーおよそ500kcal

スポンサードリンク

そうめんチャンプルーがくっつかないで上手にできるのは、あることを守るだけ!

今まで、そうめんチャンプルーを作る時に色々な情報を参考に作ってみました。

ところが、ベターっとなってしまっていました。

参考にした情報

・ゆで時間を短めに、硬めにゆでる

・しっかり洗ってぬめりをとる

・水切りを十分にする

・手早く炒める

・麺に油を絡める

・安いそうめんは使わない

これらの情報に従って、そうめんチャンプルーを作ってみましたが、
麺がフライパンにくっついてしまう状況は相変わらずでした。

どうしたものかと考えていたある日、
そうめんチャンプルーがフライパンにつかないで、
上手にできた日があったんです。

いつものそうめんチャンプルーと何が違ったかというと、
前日に残ったそうめんを使っただけでした。

そうめんは、固まって、ひっついているように見えますが、
フライパンで炒めると、サラサラとほぐれます。

そうめんに油を絡ませてから1時間以上おくようにしたら、
フライパンにつかないで上手に作れるようになりました。

そうなんです!

そうめんに油が絡ませたら、
馴染むまでの時間が重要だったんです。

それからは、

そうめんに油を絡ませたら、
必ず1時間以上おいてからそうめんチャンプルーを作るようにしています。

今まで、プチプチと切れたり、ベタベタしたり、
フライパンにくっついたりしていたのが嘘のように解消したんです。

まとめ

そうめんチャンプルーがフライパンにくっつかないで上手に作れる方法は、
たったこれだけなの?

って、言われるくらいの簡単なコツでしたね。

おさらいをすると、

・そうめんに油を絡ませてから1時間以上おく

更に、テフロン加工のフラパンを使うことです。

色々なバリエーションで楽しめるそうめんチャンプルーで、
オリジナルレシピを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク