暑さ対策で窓の場合は?窓にできる工夫とは?

窓

夏の暑さは、外出はもとより、
家の中で、エアコンをかけても涼しさを感じないほどです。

エアコンのつけっぱなしは、体にもよくないですから、
窓への対策で、涼しく過ごせる工夫をしてみましょう。

ここでは、厚さ対策で窓へできる工夫やアイテムをまとめてみました。

スポンサードリンク

暑さ対策に効果的な窓の開け方

家の中の風通しを良くするといいです。

具体的には、対角にある2カ所の窓を開けて、風の通りをよくすること

部屋に、窓が一つしかない場合は、
窓と部屋のドアを開けておくと空気の流れができます。

ポイントは、風を入れる側を大きく開けて、空気を出す側を細めに開ること。


風の通りが勢いが良くなり、より涼しさを感じることができます。

二階建て以上の家の場合は、
上の階ほど、屋根の熱で空気温度が上昇します。

上の階の窓をあけ、
下の部屋からの空気を通すようにするといいですよ。

暑さ対策に効果的なアイテム

◇断熱シート

断熱シートとは、太陽光線を反射する窓用フィルムで、
太陽光線を反射することで、温度上昇を抑制する効果があります。

特徴としては、簡単に貼れ、貼り直しができることです。

貼ることで、太陽光線を45%以上カットし、

大幅に部屋の中の温度を下げることができます。

シーを貼っても、窓の開閉もできて便利ですし、
日中は、暗いと感じることはありません。

日常生活に都合の悪いことはないですから、
暑さ対策に利用してみるのもいいかもしれません。

◇ すだれ

日本で昔から使われているすだれ。

最近は、ホームセンターではもちろん、
100円ショップでも売っていますね。

窓の外側にすだれを設置することで、
日差しを8割程度まで遮ることができ
風を通してくれるので涼しく感じます。

すだれを室内に設置している方がいますが、
窓の外に設置した方が、
室内温度を5℃ほど下げられます。

設置のポイントですが、ベランダで使う場合は、
窓から15センチ程度離して吊り下げるのがポイントです。

風の通りが格段に良くなります。

スポンサードリンク

西日のあたる窓に設置すれば、効果がよくわかります。

◇緑のカーテン

ベランダにゴーヤなどをプランターで栽培して出来上がる
緑のカーテン。

日陰を作るだけではなく、
外から、家の中が見えなくなるのでいいですよね。

お子さんがいるご家庭では、
観察日記をつければ、夏休みの宿題が1つクリアできるかも…。

緑のカーテンは、ゴーヤにとどまらず、
キュウリや朝顔などのつるのある植物でも可能です。

お子さんと一緒に植物のお世話をして、
涼しく生活できるものいいですね。

◇遮光カーテン

日光を完全にシャットアウトしてくれる遮光カーテン。

断熱効果は抜群です。

ところが、欠点もあって…

遮光カーテンを閉めると部屋が真っ暗になってしまうことです。

日中、家にいる場合は、不便を感じるかもしれません。

遮光カーテンは、外出する時に閉めておくと、
日光で部屋の中の温度を上昇するのを抑えてくれます。

◇遮光レースカーテン

遮光カーテンのレース版です。

ミラーレスカーテンとも呼ばれ、
明るさをか持ちながら遮光できます。

遮光カーテンより効果は感じられなくなりますが、
カーテンをしても明るいので、
日中、家の中にいるときでも明るいので使えますね。

◇シェード

シェードは洋風のすだれのような見た目でおしゃれで。、

ベランダに余裕があって、
おしゃれにこだわりのある人は、シェードがオススメです。

シェードも外側からの日光を遮るので涼しく感じられます。

◇遮熱スプレー

シュシュッと簡単にスプレーするだけなのが遮熱スプレーです。

断熱フィルムのように貼る手間がなく、
窓にスプレーするだけですから手間いらずです。

スプレーする前に、窓をきれいに拭き掃除をしてから使用してください。

部屋側からガラスにスプレーし、
最後に乾いた布で全体に広げるだけですからとっても簡単です。

効果は、1カ月くらい続きますから、
やってみる価値ありますよ。

まとめ

夏の熱い外気が入ってくる窓に工夫をすることで、
冷房の効率もアップしますから、
窓の暑さ対策も忘れずにして、少しでも快適な夏を過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする