七夕の飾りの意味は?短冊の色別の意味は?処分はどうすればいいの?

7月7日は『七夕』です。

お子さんがいる家庭では、七夕飾りを作ったり、飾りつけをしたりして楽しんでいるでしょう。

七夕には、短冊に願いを書いて飾ると願い事が叶うと言われています。

織姫と彦星にあやかって、短冊に願い事を書くなんてワクワクしますよね。

七夕の短冊や飾りには意味があることを知っていますか?

それぞれに素敵な意味と願いが込められているんですよ。

ここでは、七夕の飾りや短冊の意味や処分の仕方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

七夕の飾りの意味は?

七夕の飾りを折り紙で作るという方も多いですが、

七夕の飾りに欠かせない飾りの意味や願いはというと

☆ 巾着 ≪お金がたまるように≫
 
巾着

☆吹き流し ≪長生きできますように≫

吹き流し

☆網飾り ≪豊年豊作≫

網飾り

☆紙衣 ≪着るものに困りませんように≫

紙衣

☆折り鶴 ≪家族が元気で長生きしますように≫

折り鶴

☆屑籠 ≪清潔と節約を心がけられますように≫

屑籠

七夕の飾りにもそれぞれに意味があったんですね。

幸せを願って、七夕飾りを飾りたいですね。

短冊の色別の意味は?

短冊

お子さんの七夕飾りには、青やピンク、黄緑とか色々な色を使いますが、

実は、短冊に使用される色には決められた色があるんです。

七夕の短冊に使用される色彩は赤、緑、黄、白、黒5色なんです。

色に応じて、おのおの次のように使い分けられています。

☆ 赤 ≪健康・長寿 ≫

赤の短冊はご両親や先祖様への感謝の想いを表します。

他にも赤には、前向きや決断という意味合いも込められていますので、

ご両親がいつまでも健康で長生きしてほしいという願いを込め、また、日々の生活ではアクティブに生き生きとしていてほしいとという気持ちが込められています。

☆ 緑・青 ≪コミュニケーション能力≫

緑の短冊は、自分自身の人間力を上昇させたいときに使う色です。

自身のコミュニケーション能力を高めたい時や、周りの人から信頼を得たい場合の願い事には、緑の短冊で願い事を書くのがピッタリです。

☆ 黄 ≪人間関係・お金 ≫

黄色の短冊は信用を表します。

人間関係の向上を願う時は、黄色の短冊に願い事を書くと良いとされています。

風水でも知られているように、黄色は金運を指します。

商売繁盛や仕事での成功、お金に関する願い事は黄色の短冊でしましょう。

☆ 白 ≪決まりを守る≫

白の短冊は、自分の生活習慣を見直したい事や直したい癖がある時に使うといいでしょう。

☆黒・紫 ≪学力向上・資格取得≫

黒または紫の短冊は、学力の向上や資格取得の際の願い事の時に使うといいでしょう。

受験や特技を伸ばしたいときに願いを書いてみましょう。

最近は、黒より紫を使う場合が多いようです。

スポンサードリンク

七夕飾りの処分はどうすればいいの?

七夕飾り

七夕の飾りは、もともとは「七夕送り」といって、
7日の夜に飾りを下げ、川や海に流して神様に持って行ってもらう。 
というものだったようです。

しかし、環境問題もあって、
七夕の飾りを海や川に流すのは難しいことです。

七夕飾りを燃やす風習の地域もあるようですが、
それ以外のところは、
地域の分別方法に従って処分しているようです。

せっかく作ったの七夕飾りですから、
写真を撮って保存しているいるお母さんも多いですよ。

写真に残しておけば、思い出にもなりますから。

それでも、願い事を書いた短冊を捨てるのは心が痛む!

と言った場合は、短冊を神社でお焚き上げで燃やしてもらうことも可能です。

近くの神社に問い合わせてみてください。

お子さんの思い出として写真に納め、
アルバムなどに保存しておけば、
七夕の思いでもいつでも振り返ることができます。

その際に、七夕の飾りと短冊を一緒に保存しておけば、
お子さんが成長した時に、

「○○の五歳の七夕は、こんなお願い事をしていたんだね。」

と、振り返ることができますよ。

まとめ

七夕の飾りには、それぞれ大切な意味があること。

七夕の短冊には、色ごとに願う意味が違うこと。

七夕の飾りは、七日の夜に流したり燃やしたりして処分すること。

日本に古くから伝わる七夕の飾りに関する風習を大切にしていきたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする