敏感肌や肌に負担をかけたくない人の日焼け止めの選び方と使い方!

日焼け止め

毎日の生活の中で、知らないうちに日焼けしてしまっていた!
ってことありませんか?

洗濯物を干したり、ゴミ出しに行ったり、庭の水やり…

普段の何気ない生活パターンが、うっかり日焼けの原因です。

日焼けは、シミやシワの原因と言われ、肌には大敵です。

日焼けを防ぐために、日焼け止めを塗るのは、今や常識の時代です。

しかし、元々、肌が敏感な人は、

「日焼けはしたくないけど、日焼け止めは肌に悪いんじゃない?」

「日焼け止めを塗ると、肌が痒くなっちゃう」といった日焼け止めに関する悩みも多いのです。

ここでは、肌に負担をかけない、
日焼け止めの選び方や使用方法についてまとめてみました。

紫外線と日焼け止めの基礎知識

紫外線の種類

紫外線には大きく分けて「UV-A」「UV-B」があります。

◎「UV-A」は、生活紫外線ともいわれ、シミやシワの原因となります。

洗濯物干し、ゴミ出し、通勤、犬の散歩など、
普段の生活で浴びている紫外線のことを指します。

「UV-A」を浴びると、肌の乾燥、肌のメラニンの生成を導いて、シワやシミになっていきます。

◎「UV-B」は大量に紫外線を浴びることによって引き起こすトラブルの原因となります。

海、ゴルフ、キャンプ、テニスなどのレジャーで急激に大量に浴びてしまう紫外線のことを指します。

「UV-B」を浴びると、皮膚のやけどや水ぶくれが出来てしまったりと、膚に大きなダメージを与えます。

その結果、蓄積してシミになったり、皮膚がんの原因になったりします。

SPF値とは?

SPFとは、「UV-B」を防ぐ値です。

日焼け止めに表示されている「SPF30」「SPF50」という値は、

「日焼け止めを1平方cmあたり2mg塗った場合、どれだけ日焼けを遅らせることができるかという目安の数値なのです。

この値は「SPF1=20分」として換算されています。

つまり「SPF30」の日焼け止めを使用すると、

※ 20分×30=600分 日焼け止めの効果が期待できます。

という意味で表示されています。

ただし、この時間はあくまで目安として考えてください。

水に入ったり、大量に汗をかいたりした場合は、
効果が期待できる時間はもっと短くなります。

PAとは?

PAとは「UV-A」を防ぐ値です。

「PA」の後に付いている「+」の数が多いほど、
生活紫外線の「UV-A」を防ぐ効果が高いとされています。

日焼け止めの肌への影響

日焼け止めを使用している人は、

・1年中使っている

・紫外線の強い夏の間だけ使っている

と、二極に分かれます。

1年中、紫外線は降り注いでいるのですから、
日焼け止めを使いたいのですが、
日焼け止めを1年を通して使う場合、
紫外線カット剤が肌の負担となります。

敏感肌の人は、肌荒れやかゆみなどの症状が表れる場合があります。

でも、敏感肌の人は、日焼けによるトラブルを起こしやすいですから、
全く日焼け止めを塗らないわけにもいかないのが現状です。

敏感肌の人は、日焼け止めの肌への負担を考えて、
最小限の使用を心がけたいものです。

敏感肌の人の日焼け止めの使用例

・海や山などレジャーに出かける時

「SPF・PA」の数値の高い日焼け止めを使用する。

数値が高いほど、肌への負担が大きいので、
集中的に紫外線を浴びるときだけ塗るようにする。

・1日中外にいる時

日常生活での紫外線は、「SPF20・PA+」程度のファンデーションで対応できます。

この程度の、パウダーファンデーションなら、紫外線カット剤が少ないので、
肌への負担は軽くなります。

こまめにファンデーションを塗りなおすことで、日常の日焼け対策に十分と言えます。

パウダーファンデーションに含まれている成分、
「酸化チタン」「タルク」は紫外線を防御する役割があります。

日焼け止めの使用目安と使用感
日常生活では「SPF10~20。PA+~++」
屋外に出る機会が多い方は「SPF15~30。PA++」
海水浴などレジャーやスポーツでは「SPF40~50。PA+++」

ローションタイプ:伸びがよくスムーズ、さらっとした使用感

クリームタイプ:保湿度が高く、しっとりとした使用感

日焼け止めを塗るタイミング

洗顔⇒化粧水⇒美容液⇒乳液⇒化粧下地クリーム(保湿系)⇒日焼け止め化粧品

日焼け止めを選ぶ基準

敏感肌や肌に負担をかけたくない人は、
アルコールフリー、無鉱物油、紫外線吸収剤不使用、パラベンフリーなどの記載がある日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めも、SPFの高いもの、PA+の多いものに走りがちですが、
「SPF」に限れば、数値が高いほど紫外線を防げるわけではないのです。

1SPF=20分間、紫外線を防ぎますよ!

という時間的なものですので、自分のライフスタイルだったら、
どのくらいの日焼け止めが必要になってくるのかがわかりますね。

日常生活での日焼け止めなら、
帽子・日傘・手・UVカット仕様の衣類を併用することによって、
効果的に紫外線をカットしましょう。

敏感肌にオススメ日焼け止め

人気ナンバー1

何年も使っている日焼け止めで、かゆみや湿疹は全くなく、
レジャーでもしっかりお肌を守ってくれます。

まとめ

一言で「日焼け止め」と言っても、効果や使い心地は違ってきます。

敏感肌や肌に負担をかけたくない人は、
日焼け止めの使い分けや紫外線を防ぐ防止や日傘を上手に利用して日焼けを防いでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする