香典の相場は?地域での違いやNGマナーは?袋のかき方・包み方・渡し方

葬儀=香典

というイメージが強いですが、
香典とは、
葬儀に参列した際に、
亡くなった方の霊前に供えるもので、
不祝儀袋に包んだ現金をさします。

元々は、線香やお花・抹香、香木を霊前に供えたのが、
香典という形で、
現金を包むように変化しています。

スポンサードリンク

葬儀の香典の相場とは?

香典の金額は、
地域や故人との関係によって違ってきますが、
参考にしてみてください。

【家族・親族】

・祖父母 10,000~30,000円
・実親(父、母) 50,000~100,000円
・義親(義父、義母)50,000~100,000円
・兄弟、姉妹 50,000円
・おじ、おば 10,000~20,000円
・その他の親族(いとこ、甥、姪など)3,000~20,000円

【職場関係】

・上司本人 5,000~10,000円
・上司の家族 3,000~10,000円
・同僚、部下本人 5,000~10,000円
・同僚、部下の家族 3,000~10,000円

【友人・知人関係】

・友人、知人 5,000~10,000円
・友人、知人の親 3,000~10,000円

【隣人・その他】

・学生時代の恩師 3,000~10,000円
・隣近所の人 3,000~10,000円
・仲人 10,000円

地域や関係での違いは?

一般的な香典の相場は上記のようになっていますが、

故人との関係の深さや住んでいる地域の習わしなどで、
香典として持参する金額が異なります。

例えば、

【亡くなった方が】親

【東京】【北関東】【中部】100,000円
【北海道】【東北】50,000円
【近畿】【中国】70,000円

【亡くなった方が】祖父母

【東京】20,000円
【北海道】【東北】20,000~30,000円
【中国】60,000円

【亡くなった方が】友人・知人

【東京】【南関東】5,000円
【北関東】7,000円
【近畿】6,000円
【北海道】【東北】3,000円

地域によっても、
香典の金額に差があります。

転勤などで移住してきた方の場合、
葬儀の習わしや香典の相場などを確認することが必要です。

香典のNGマナーとは?

香典として包む金額には絶対的な決まりはありません。

しかしながら、
香典についてのマナーを守って渡したいものです。

◎ 包む金額

「4と9を除いた奇数」が良いとされています。

「死」「苦」を連想させる、
「4」「9」の数字はお悔やみではNGです。

縁起ということを考えれば、
「割り切れる」数字は、
切れる=故人とこの世のつながりが切れる。

ということで、忌み嫌われているとされています。

近頃では、古いしきたりや縁起に対しては、
だいぶ考え方が柔らかくなってきて、
「2」万円を香典として、
包む場合が多く見受けられるようになってきました。

しかし、古いしきたりを重んじている地域やご家庭では、
不快に感じることもあるかもしれません。

偶数の金額を香典に包む場合は注意が必要です。

どうしても気になるようでしたら、
1万円・3万円・5万円・10万円・5千円など、
端数の出ないキリのいい金額を香典として包むのがいいでしょう。

◎ 包むお札

包むお札は、新札はNGとされています。

事前に準備していたようで失礼になるので、
お悔やみ事には、新札は使いません。

結婚式などのお祝い事に新札を使用することから、
不祝儀には使わないようにとも言われています。

しかし、あまりボロボロのお札も、
粗末に使われているようで失礼にあたります。

新札しかない場合は、
一度折り目を付けてから入れましょう。

◎ お札の向き

香典のお札の向きをバラバラに入れるのはNGです。

スポンサードリンク

お悔やみの不祝儀袋に入れるお札の向きは、
金額や住所を記載した裏面にお札の表面が来るように入れてください。

お札の顔が下向きになるように入れるのが一般的です。

お金の裏・表

1万円札・5千円札・千円札に印刷されている肖像画の面が表となります。

2千円札の場合は、守礼門の絵柄が印刷されている方が表面です。

袋のかき方・包み方・渡し方

香典袋の書き方

表書き

◎仏教の場合に使う香典の表書きは
「御霊前」「御香典」「御香料」

☆「御佛前」「御仏前」
一般的には四十九日の法要以後に使うので間違わないように注意しましょう。

◎キリスト教式の場合に使う香典の表書きは
「御霊前」「御花料」

◎神式の場合に使う香典の表書きは
「御霊前」「御玉串料」「御榊料」

どのような宗教でも使用できる表書きは

「御霊前」と覚えておきましょう。

先方の宗派がわからない時、
お通夜でも葬儀でも使用できます。

文字の濃さ

不祝儀袋の下段には、名前を記入します。

その際に、「薄墨」で記入します。

薄墨を使用する理由は、
涙で文字がにじんでいる気持ちからと言われています。

不祝儀用の「薄墨筆ペン」は、
文房具売り場に売っていますので準備しておきましょう。

香典袋の包み方

お悔やみの不祝儀袋に入れるお札の向きは、
金額や住所を記載した裏面にお札の表面が来るように入れてください。

お札の顔が下向きになるように入れるのが一般的です。

香典の袋の糊付けは、
お金を取り出す際に煩わしいからという配慮から避けるべきとされています。

水引きがついている不祝儀袋のお金の入れ方

お金を入れる際、水引きを外さずに中袋を取り出します。

水引を外してしまってからでは、
綺麗な不祝儀袋(香典袋)に折り目が付いたり傷が付いたりしてしまいます。

中包みを入れる時は、
必ずそのままの状態で、
上包みの裏の下部の部分を外して入れるようにして下さい。

弔事の際は、
不浄なものを上から下へ流してやると言う意味あいから、
「上部が下部を覆うように」畳んで水引で留めるようにします。

余談ですが、
慶事の場合は、
幸せが流されないようにするように、
下の紙で受け止めるように、下の折り返しが上になるように水引きを留めます。

香典の渡し方

香典
香典は、「袱紗(ふくさ)」に包んで葬儀に持参します。

受付で、

「このたびはご愁傷さまでございます」

「心からお悔やみ申し上げます」

と、言葉をかけてから、

袱紗から香典を取り出します。

表向きの名前を受付の方に向けて渡し、
会葬者名簿に記帳します。

受付が準備されていない場合や
お通夜で香典を渡す場合は、
祭壇に供えます。

スポンサードリンク