初盆の香典の相場は?お供え物は?表書きは?初盆のお供えのマナーとは?

初棚提灯

初盆(はつぼん)、または、新盆(にいぼん)は、
仏教では、
四十九日の法要を終えてから初めて迎えるお盆のことをいいます。

あの世へ行った魂が初めて帰ってくるということで、
例年のお盆よりも盛大に行われます。

初盆は、故人にとっては一度しかないものですから、
初盆のマナーを知って、
正しい対応をしたいものです。

ここでは、

初盆に行く際の香典や服装、
お供えのマナーについてまとめてみました。

スポンサードリンク

初盆の時期は?

初盆・新盆は、
四十九日法要が終わった後に迎える最初のお盆のことを指します。

時と場合によっては、
四十九日法要後すぐに初盆を迎えることもありますが、
四十九日の忌明け前にお盆を迎える場合、
新盆供養は、翌年に行うのが一般的とされています。

地域によっては、
初棚とも呼ばれていることもあります。

初盆の香典の相場は?

初盆の場合、例年のお盆とは異なり、

香典が必要になってきます。

この時、迷ってしまうのが、

香典として包む金額です。

初盆の相場
一般的に3,000円~10,000円とされています

近い親族や親しい友人・知人の場合は10,000円

それ以外の親戚・友人・知り合いの場合は5,000円

上記以外は3,000円

香典としては、上記の金額が一般的とされていますが、
初盆の法要後に親族での食事を催された場合は、
その分、金額を多めに包むようにします。

初盆に、香典とは別に、
お供えものを持っていく場合は、
香典を少なめに包むこともあります。

初盆の慣習は、
住んでいる地域によって様々ですから、
その地域の慣習に合わせた香典やお供えを持っていくようにします。

初盆はどのような物をお供えするの?

初盆の盆棚に飾るお供えは、
五供と言われています。

香・灯燭・花・浄水・飲食となっています。

香は線香、灯燭はろうそくを指し、
浄水は水、
花はお盆の時期に咲く花やもしくは故人が生前好きだった花、
飲食は、旬の果物や故人が好んで食べていた食べ物です。

お供え物の相場は5,000~10,000円程度がいいでしょう。

スポンサードリンク

初盆・新盆の表書きは?のしは?

新盆

初盆・新盆の表書きには、

「御仏前」
「御佛前」
「御供物料」
と書きます。

神式の場合
「御玉串料」
「御榊料」
と書きます。

どの宗派でも使える書き方は
「御供物料」
となっています。

果物やお菓子などを供える場合には、
「御供」
と書くのがよいでしょう。

宗教がわからない場合は、
どの宗教宗派でも使える「御供物料」にすると無難でしょう。

仏式の場合、
葬式や通夜では「御霊前」を使いましたが、

四十九日を過ぎると成仏したと考えるので、
「御仏前」「御佛前」となります。

筆の濃さは?

葬式と違い、
初盆は前からわかっていたことなので、
薄墨を使う必要はありません

お札は新札?

同じく、葬式と違い、
初盆は前からわかっていたことなので、
お札も新しいものでも大丈夫です

しかしながら、初盆でも新札を使うのはタブーとされている地域や、
考えをお持ちの方もいるかと思いますので、
軽く折り目を付けるなどして入れてもいいでしょう。

水引は双銀や藍銀、
関西では黄白を使うのが一般的なようです。

渡し方は?

香典の入ったのし袋は、
ふくさに包んで持っていくのが正式なマナーです。

初盆は、どのような服装で行けばいいの?

初盆の法要に参列する場合は、
喪服・礼服を着用するのが一般的です。

しかし、暑い時期ですので上着の着用にはこだわらない場合も増えています。

初盆のお返しは?

初盆の法要に参列した場合、
法要後の会食がお返しにあたります。

会食がない場合は、
お弁当やお酒を持ち帰ってもらう場合があります。

御供物を頂いた場合は、

御供物の1/3~半分程度の相場で、
洗剤・調味料・そうめん・お茶・タオルを
引き物として、品物をお返しにするようです。

その場合の表書きは、
「志」
「初盆志」
「新盆志」
とされています。

まとめ

初盆は、故人の霊を初めて迎え入れるお盆です。

そういった意味でも、
初盆はお盆の中でもとても重要な意味がある行事となっています。

迎える側は、
親族や親しい知人が集まったり、

僧侶に読経を上げて頂くための準備や初盆のお供えなど
早い時期から準備が必要です。

初盆の施主側はもちろんですが、
招かれた側もマナーを知って、
失礼のないように故人の冥福をお祈りしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする